複数から借入するよりも増額してみては

困った時に便利なキャッシングですが利用できる限度額は決まっているため、気がつくと限度額まで既に借入していてこれ以上利用できないなどという場合もあると思います。限度額以上にお金を借りたいと思った時は他の企業から新たに借入しようと考えてしまいがちですが、実はもっといい方法として既に利用している企業で増額申込みしてみることがあります。

一般的にキャッシングでは額が大きくなればなるほど利率は低くなります。また借入先が多ければ多いほど、毎月の支払い額は多くなってしまうものです。ですので他社から借りるよりも増額申込みして限度額を引き上げてもらったほうがいいということです。

増額申込みの際はまた新たに審査が必要になりますが、一番大切になってくるのは過去その会社で利用していて返済に遅れがなかったかどうかです。新たに別の期間で借りるよりも手続きも簡単ですのでおすすめです。

知っておきたい総量規制の言葉と意味

お金を借りるときまたはカードローンを作るときに総量規制の影響を受けるか対象外かという確認は大事なことです。そしてお金を借りたい時に総量規制の言葉と意味を知っておくことは大事なことです。

大手消費者金融で借りると総量規制の影響を受けます。これから借りる分は今まで借りている分も含めて年収の3分の1までしか借りれないという制度です。借りすぎないようにする制度ではありますが、これの影響を受けるところで借りようとすると借りれる額は必然的に決まります。

この総量規制の対象を受けないのが銀行のカードローンです。借入希望額に達するかは審査次第ではありますが、年収の3分の1を越えるお金を借りることも可能になります。しかも、金利も優遇される場合が高いです。

年収が、ある方や借入額を高くしたいかたは銀行のカードローンの審査を申し込んで見てください。

女性専用キャッシング、アイフルのSuLaLi(スラリ)

キャッシングの利用者の7割は男性と言われています。一般的に、女性の方が借金には慎重な傾向があり、また、自動契約機に入っていくのを見られたら恥ずかしい、という心理も働くようです。

大手消費者金融では、女性の利用者を増やしたいという思惑から、女性を対象としたレディースキャッシングを行っています。初めのキャッシング利用でおススメしたいのがアイフルのSuLaLi(スラリ)です。

SuLaLiの特徴は、女性のオペレーターが対応する専用ダイヤルがあること、全ての手続きをWEBで済ませられるので自動契約機に出向く必要がないこと、そして、借入限度額が10万円という低めに設定されていることです。キャッシングを利用しているうちに、どんどん借金が増えていくのが不安、という女性の心理に配慮されていて、借り過ぎを防止してくれるようになっています。

色んな部分をチェックしている消費者金融の審査

消費者金融からお金の融資を受けるには、審査を何としても通過しなくてはいけないです。審査は決して簡単ではなく、残念ながら消費者金融によって基準が異なっています。もしも審査を通過することができなかった場合、お金の融資を受けることができなくなるので要注意です。

具体的に公表されている訳ではありませんがまずは年収をチェックされることが多いです。更に雇用形態や職業なども確認していき、安定した収入を確保しているのか見極めています。更に消費者金融は、個人信用情報をチェックしていき、リスクの少ない人物なのか判断しています。このように色んな角度でチェックすることで、融資しても問題ない人物なのかチェックしているのが実態です。

キャッシングの利息を比べてサービスを選ぶ

お金を借りる先としては、銀行や信用金庫などの金融機関、消費者金融会社や信販会社などの金融会社があります。消費者金融会社や信販会社は、無人店舗や自動契約機コーナーを全国に数多く設置しており、Web申込みが主流になりつつ現在においてもキャッシングの申込みがし易い環境が整っています。キャッシングを選ぶ時には利息を比べてサービスを選ぶのが有効です。

消費者金融会社や信販会社毎に借入利率が異なりますので返済時の利息にも影響を与えます。お金を借りる場合には、この借入利率が出来るだけ低い会社を選んだ方が返済の負担が減って、ユーザーにとっては楽になります。限度額内で何度も借り入れするような使い方をするのであれば、毎回利息がかかってきますので、利息が安いサービス選びが重要です。

バイト代が足らずピンチな時にすぐに使えるカードローン

「今月バイトあんまり入ってなくて生活費ピンチなんだよね。」なんてことも時々ありますよね。プロミスやモビットなどの消費者金融では、勤務形態に関わらず安定した収入があればキャッシングすることができるので、生活費が足りないアルバイトの方や急な出費で困っているパートの主婦の方でも借りることは十分可能です。

しかも大手のカードローン会社の多くが初めて利用する時は30日間無利息で借り入れすることができるサービスをしているので、利息などの心配もなく借り入れすることができます。もし自分がカードローンを利用できるか不安な方は、各社ホームページに最小限の入力項目で仮の審査を行ってくれるところがあるのでまずはそれを利用してチェックしてみることをおすすめします。

想像していたよりずっと簡単だったアコムのキャッシング

仕事を始めて2年ほどです。そのころ年上の彼氏ができ、一緒に暮らし始めたときでした。お金の分担などは特にせず、わたしは食費を負担し、毎日の食事を用意していました。彼にもっと好かれたいと思い、高い服を買ったり化粧品を買ったりお金を使いすぎてしまいました。食費がどうしても足りなくなり、アコムに頼ることにしました。

自動契約機に入り、椅子が用意されていて、画面上で説明が始まります。外からはもちろん見えなくなっているので心配ありません。本人確認書類は保険証を用意していました。私は、とりあえず10万円申し込んだので、収入証明書などは必要ありませんでした。スムーズに契約は進み、備え付けの電話から電話がかかってきます。「50万円の融資が可能」とのことでした。契約書などにサインし、カードはその場ですぐに手に入れることができました。とても短い時間でおわり、悩む前にもっと早くキャッシングをすればよかったと思ったほどです。

消費者金融と銀行関連の借入は拮抗しているレベル

消費者金融と銀行などの借入の額というのは基本的に拮抗している状況であるといえます。

平成27年度の借入額の調査では消費者金融が貸し付けている残高はおおよそ6兆円であるのですが、

銀行のカードローンなどといった個人向けの貸付残高はおおよそ5兆円、信用金庫が同様の貸付を行っている分については6000億円弱といったところでありますので、

正h氏や金融が若干大目という感じになってはいますが、おおよそバランスよく取れているようになっているのであります。

バランスよく顧客の状況に応じて両者がバランスよく管理が出来ているというような状況であり、

用途や俗世などによってしっかりとしたお互いにすみわけが出来ているというわけなのです。

キャッシングの審査基準について

銀行や消費者金融等は、誰にでも現金を貸してくれるわけではありません。キャッシングをしたいと希望する人が、きちんと返済する能力があるかどうかを審査して見極めます。このためキャッシングをしたいと思っている人は、事前に審査に通過しなければお金を借りることができません。

しかし、キャッシング審査基準については、基本的なものはホームページなので公表されているものの細かい部分については公表がされていません。特に審査をしていく段階で問題になるのが、返済能力があるかないかと言うところです。主婦であっても、旦那に一定の収入があれば審査に通ります。一方で社会人であっても、過去に返済できなかったケース等があると審査に通らないことも多いです。

アコムでキャッシングをする時の注意点は?

消費者金融でキャッシングをする時の大手で有名だからとかテレビCMをたくさん流しているかなどを理由でアコムを選んでしまう人が多いです。アコムは申し込みをしてから最短1時間で借り入れする事が出来るメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアコムでキャッシングをする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が緩いと言われていますが、アコムは安定した収入を得ていて返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまいます。アコムでキャッシングをする時は月々に一定の収入を得ておく必要があります。またアコムは金利が高く設定されているので多額の借り入れや長期の返済はなるべく避ける必要があります。

消費者金融で人気が高いアコムとプロミス!キャッシングをする時はどちらがいい?

消費者金融ではアコムかプロミスのどちらかを利用した方がいいと言っている人が多いです。それでキャッシングをする時にアコムとプロミスの2択にする人が多いですが、実際にどちらにするか決める時に悩んでしまいます。そこでアコムとプロミスのどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムとプロミスではまず最高金利の設定が異なります。アコムは18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されています。出来るだけ金利の設定が低い業者でキャッシングをしたい時はプロミスがオススメです。また限度額の設定も異なっていてアコムは最大800万円まで、プロミスは最大500万円までとなっています。高額融資を受けたい時はアコムがオススメです。

主婦がプロミスでキャッシングをする時の注意点

プロミスは利用条件の中に雇用条件が問われていないので正社員だけでなくパートやアルバイトでも利用する事が出来ます。しかし主婦の場合は利用する事が出来ない可能性が高いので注意しなければいけません。そこで主婦がプロミスを利用してキャッシングをするのはどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

プロミスは総量規制の対象になっているので収入を得ていないと利用する事が出来ません。それで主婦でも収入を得ておく事が大切になってきます。専業主婦だと収入がない状態なのでパートなどをして収入を得ている状態で申し込む必要があります。また借入希望額を多くしてしまうと審査で落とされてしまう可能性が高いので少なくするようにしましょう。

消費者金融会社で即日融資を受けるには

消費者金融会社の融資サービスであるキャッシングを利用すれば、様々な用途で使えるお金を借りる事が出来ます。このキャッシングは、限度額までであれば、何度でも融資を受ける事ができ、返済時には利用する毎に利息が発生するといった仕組みになっています。

消費者金融会社で即日融資を受ける為には、消費者金融会社が営業している時間帯の早い時間に申込みをする必要があり、多くの消費者金融会社では平日14時頃までに申しこめば、対応するとしています。これは、審査の過程で在籍確認などを行う必要がありますので、その在籍確認が出来るのは申込者の勤務先の営業時間内と限られているからです。もし、平日14時に申込みが出来なければ、翌日に審査結果が通知されるのが一般的です。

質屋さんを選ぶのに失敗しない方法

質屋さんで質入れをしてお金を借入するときでも、やはりできれば腕のいい人のところで見てもらって、必要な金額を手に入れたいものです。

質屋さん選びで失敗しないようにするためには、やはり鑑定時に相手がどんな判断をしてくれるかにかかってきます。

例えば、鑑定の時間や場所というようなものも大事です。

鑑定というのはよっぽど価値がはっきりしているものでなければ時間がかかります。通常は10分15分はかかるものですが、

あまりに鑑定が早かったりするのはちょっと考えものです。 また、鑑定を御客の目の前でやってくれるところは

良い質屋である可能性は高いです。

後は、専門の鑑定士がしっかりと在中しているときを選びましょう。 経験のある人、情報共有がしっかりできているお店は

いいお店です。

返済遅延が多い人は要注意!3ヶ月経過しなくても延滞になることも!

個人信用情報においては、返済の遅延が3ヶ月以上になると延滞すなわち事故情報となります。そのため、3ヶ月以内であれば安心と考えてしまいますが、過去に延滞となった場合や遅延が頻繁に起こる方は、即延滞情報となる可能性があります。

個人信用情報機関の目的は、多重債務防止ということがあります。遅延を繰り返す場合、既に家計が破綻し多重債務の可能性があると見なすことも可能です。延滞情報とすることで、新たな借り入れを防止して借金が増やさないための対策です。

厳しい貸金業者では、1日でも滞納情報とすることもあります。そのため、一度返済遅延となった方は、連続して発生させないこと、その後1年間はより注意を払って利用するなど、返済管理が重要です。場合によっては、クレジットカードの利用にも影響が出てしまい、生活全体でのデメリットに繋がります。

1000円単位で借りられるカードローンがオススメ

10万円までのちょっとした金額のみを借りたい方は、1000円単位で借りられるカードローンがオススメです。大手消費者金額やメガバンクでは1000円からの借入が可能ですが、一部で銀行振込みでは1万円単位となることが注意点です。

なぜ1000円単位で借りられるカードローンがオススメかと言うと、例えば5000円しか必要ないのに1万円借りないとダメで、5000円も余分に借りてしまうことになるからです。このような数千円の積み重ねが、借り過ぎてしまったという非常事態に追い込まれることになりかねないのです。特にクレジットカードのキャッシングは新たに審査を受ける費用がなく便利ですが、1万円単位の借入が多くて借り過ぎに要注意です。

キャッシングを利用している人の銀行ローンの活用

消費者金融会社でお金を借りる場合、キャッシングという融資サービスを利用するのが一般的であり、国内にある消費者金融会社ではキャッシングで個人への融資に対応しています。キャッシングを利用する事で、様々な用途で融資されたお金を使っていく事が出来ますが、キャッシングは総量規制という仕組みの対象になっており、貸金業法の下で運用されている為、総限度額が年収の3分の1までに制限されています。

総量規制による限度額の制限を避ける方法としては、銀行ローンの併用があります。銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは関係無しに運営されており、その為、総量規制の対象外となっています。銀行ローンの使い勝手は、キャッシングと同様であり、借りたお金をユーザーが好きな使い方を行えます。

利息もキャッシングよりも低めに設定されているケースが多く、特にネット銀行は利息が低いですので、キャッシングとの併用に適しています。提携ATMはグループ銀行のATMやコンビニATMが使えますので、場合によってはキャッシングよりも数多くのATMで融資や返済が出来ます。

銀行ローンを使う事で、キャッシングだけでは賄いきれない事を賄っていくことが出来ますので、銀行ローンとキャッシングの併用は効果的です。

申込方法が複雑だけど利用者が多い?みずほ銀行カードローンの2つのメリット

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている事が利用条件になっています。また申込方法によって融資スピードが異なるなど複雑な部分もあるので初めてキャッシングをする時に分かりにくいという声も聞かれます。しかしみずほ銀行カードローンは借入条件が良いので利用者が多いです。そこでみずほ銀行の借入条件の良さを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が14%で銀行カードローンの中でも低金利

銀行カードローンは上限金利が14.5%で設定されているのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンは上限金利が14%で設定されています。それで借り入れした時に加算される利息が少なくなるのでお得にキャッシングをする事が出来ます。返済する時の安心感も出てくるので他の銀行カードローンより上限金利が低く設定されているのはメリットになります。

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大1000万円までとなっていて多額の借り入れをするのにすごく適しています。限度額が高く設定されている点をメリットに感じてみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人も多いです。

不景気で年収が減った!直ぐのカードローンは利用停止?一括返済を求められる?

銀行や消費者金融のカードローンは、必要に合わせて借り入れが出来るため、1枚持っているだけでも便利なサービスです。しかし、利用者にとっての不安は、収入により利用限度額が設定される分、景気悪化による収入減少により不利益が出来るのではないかと心配になります。例えば、カードローンの新規借り入れ停止、契約条件から外れて一括返済を求められることが心配です。

ですが、審査時には収入で返済能力が査定されるものの、リスクを考慮した利用限度額が設定されます。そして、残業代などで収入が高い人は、変動要素が大きいものの、安定した収入という点では基本給による査定となるため、即時利用停止のリスクは低くなっています。また、収入が減っただけで、一括返済を即時請求されるよりも、新規借り入れを停止し、借り入れ残高を選らすことが優先されます。もし、一括での返済を請求しても、対応できないとなると債務整理手続きが行われ、金融機関側が債権を回収できないというリスクの方が高くなってしまいます。

年収が減ったとしても、金融事故を起こさない限り、大きなデメリットを受けるケースは低くなっています。先ずは、返済に充てられる現金をしっかりと確保し、返済遅延や滞納を防げば不安に考える必要はありません。

学生向けのキャッシング利用注意点

学生でもキャッシングが可能な仕組みはありますが、様々な条件や利用注意点を意識する事が必要になります。

学生で金融業者を選ぶ際には年齢は一つの鍵を握っており、例えば成人以上になっていればバイト収入が安定していると、学生だけが使えるカードではなく一般社会人向けの審査に挑む事も可能です。

成人に満たっていない場合は、学生専用のキャッシングを扱う業者があり、利用する際には学生証の提出が必須となります。

さらに融資枠の上限も小さくて、借入過ぎを配慮されていますから、大きな借金が出来ないようになっており、それでも学生は収入が少ない傾向で返済が滞るリスクには注意が必要です。

社会人なら返せる金額でも学生では大きな金額になりえますし、学業をサポートするキャッシングになりますから、本業を疎かにして借金返済に悩む状態になるのは避けたいものです。

だからこそ制限枠の範疇で借入を行い、返済の計画を綿密に立てて使い過ぎないようするのがポイントになります。

借金をすれば金利に沿った利息が発生しますから、それを含めて完済に至るまでに必要な日数や返済総額を計算し、その上でキャッシング利用すれば問題は無いです。

学業、サークル活動等をサポートしてくれるキャッシングは、安全かつ計画的に使えば良いでしょう。

ATMでの返済が困難な端数について

キャッシングしたお金は、銀行振り込みや口座からの引き落としで返済することになります。また、キャッシング専用カードがある場合には、それを使ってATMから返済することも可能となっています。

しかしATMの中には、小銭を入れることができないものもあります。キャッシングでは返済時に利息を支払うことになるのですが、その利息は多くの場合は細かな数字となります。

たとえば1万円を3日間借りた時の利息は、金利が18%の場合で約15円です。1万円札ならATMに入れることができますが、15円については小銭対応しているATMでなければ入れることができません。つまり、借り入れしたお金の返済はできても、利息の支払いはできないということです。

このような場合には、利息のみを銀行振り込みとすることもできますが、実は支払いを保留にすることもできます。というのも消費者金融の多くが、ATMでは返済できない端数分を、無利息残高として取り扱っているからです。

無利息残高とは、文字通り利息が発生しない残高です。基本的には支払わなければならないお金ですが、利息が発生しないので、額が増えることはありません。そのため急いで支払う必要がなく、保留できるわけです。

小銭対応をしているATMに行った時、あるいは次回のキャッシングの利息との合計がまとまった額になった時などに、改めて支払うことができるのです。

住宅ローンの借り換えのタイミング

現在、マイナス金利政策の影響もあって、住宅ローンの金利は低いままとなっています。そのため、借り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

現在、変動金利で借りているような場合は、このまま未来永劫低金利が続くとは限りませんし、ローン金利が上昇するというメディアも存在しますから、固定金利タイプへ借り換えを検討するタイミングかもしれません。
ただ、同時点では、固定金利は変動金利よりも高くなっってしまいますから、返済総額は上がってしまう可能性がありますから、よく検討することが大事です。

また、会社の業績が悪く、ボーナスが大幅にカットされたり、収入が減ってしまった場合も、仮換えのタイミングといえます。

金融機関によっては、返済年数を延ばしたり、毎月の返済額を抑えることも可能となりますから、一度銀行に相談してみるとよいでしょう。
一方、子供独立して支出が減ったような場合にも、借り換えのタイミングといえます。

ゆとりができて繰り上げ返済を検討するような場合は、繰り上げ返済時の手数料が少ない住宅ローンを選ぶとよいでしょう。
住宅ローンの借り換えには、手数料や登記料などがかかりますから、きちんとタイミングを選ばないと、かえって損をしてしまうこともありますから、いくつかの住宅ローンを検討してみるようにしましょう。

即日キャッシングの注意点とコツについて

とても便利ものとしてお金が必要な時にすぐに借りる事が出来るキャッシングですが、生活しているうえでは今すぐお金が必要と言う事が起こりうると言えます。お見舞いや結婚式など社会人として生活しているとイレギュラーは起こりますが、キャッシングを上手に利用すれば、急な状況にスマートに対応できるのでお勧めと言えます。

キャッシングを利用する場合には、最短30分で審査で、融資できるような即日融資可能なキャッシング会社もあります。おすすめなのが。どの消費者金融もネット申込みが可能で審査が早い特徴がありますが、キャッシングとして絶対にその日のうちに借りたい場合は、少しコツが必要です。即日融資を求める場合は、基本的に平日の昼間であれば、多くのキャッシングやカードローンでも出来る可能性があります。

審査時間は申込者によって異なると言えますが、ネット申込みを行い14時までに審査が終わる事が条件ですが、銀行振込で借りる事が可能になります。確実に借りたいと思う人は、昼間に申し込むのが良いですが、大手消費者金融業者であれば土日や夜間で在籍確認が難しくても即日融資が受けられる可能性があるので、利用してみる事がおすすめと言えます。

モビットを利用する2つのメリット

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスと比較するとサービス面で劣ってしまう部分があります。アコムやプロミスは初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していますが、モビットは無利息サービスがありません。それにより初めて利用する時も初回の借り入れから利息が加算されるのでデメリットに感じてしまう人も少なからずいます。しかしモビットを利用するとメリットになる点もあるので会員数が多いのも事実です。そこでモビットを利用するメリットを見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

モビットは審査が即日回答されるので審査で問題が生じなければ即日融資を受ける事が出来ます。審査時間は最短で30分と言われていて遅くても1時間以内に終了する事が多いです。金欠の状態を解消する時に利用するとメリットになります。

・WEB完結申込を利用する事が出来る

モビットは自動契約機で申し込む事も可能ですが、WEB完結申込を利用してネット上ですべての手続きを完結する事が出来ます。それにより自動契約機などに出向く必要がなくなるのですごく便利です。またWEB完結申込を利用すると24時間いつでも借入可能なので自分の都合に合わせてお金を借りる事が出来ます。

専業主婦がお金を借りる時は

専業主婦の場合は、自分名義でお金を借りることはできるのでしょうか。実は専業主婦は、自分の収入がないため、自分名義での借入れはできません。ですから、収入のある家族の名義で借入れをすることになります。多くの場合は、配偶者の名義で借入れをすることになります。

ですから本人確認や収入証明などの書類は、配偶者の物が必要になります。審査も、配偶者の個人信用情報に照らし合わせて行われます。このため、もし配偶者の信用情報に、ローン返済の滞納などがあり、ブラックが登録されている時には、審査に通らないことがありますので、その点には注意をしておきましょう。

また消費者金融を利用する時は、配偶者の同意が必要になります。もし配偶者に内緒でお金を借りる時には、銀行を利用するのがお勧めです。それから専業主婦であっても、パートタイムで仕事をしているとか、あるいは内職で自分名義の収入があるという場合は、自分名義での借入れができます。この場合は、書類は自分の免許証や収入証明を用意します。

審査も、自分の信用情報に照らし合わせて行われることになりますので、もし配偶者の信用情報にブラックがあったとしても、借入れは可能です。もちろん、配偶者の同意も必要ではありません。

学生のキャッシングでは学生証が身分証明書になるのか?

学生でも大学生以上などの年齢になればキャッシングでお金を借りることはできますが、そのときには絶対に身分証明書が必要です。でも、大学生となると身分証明書の選択肢はあまり多くありません。免許を持っていない人もいるので、免許証は使えないこともありますし、パスポートも持っていない人は多くいるでしょう。

そうなると、1番身近なのは学生証です。大学でも、短大でも、専門学校などでも学生証があると思いますから、それが1番確実に使える身分証明書になります。問題はそれだけでキャッシングが利用できるのか?ということですが、基本的に学生証のみで身分証明書の代わりなるケースがほとんどです。

したがって、学生であれば学生証は間違いなく持っているでしょうから、それをいつも通り財布などに入れて、キャッシングの会社に向かって申し込みをすれば全く問題ないはずです。多くの会社では学生証を持って行けば良いので、別に何かを用意する必要は特にないということになります。

全部の会社がOKなわけではないとしても、大手のキャッシング会社はたいてい学生証で大丈夫と言ってくれると思います。もし心配ならば、利用する前に、申し込む前に問い合わせてみるとより確実です。

物欲に負けて自動契約機でキャッシングの申し込みをしました。

昔から熱帯魚を趣味でやっているのですが、最近淡水魚から海水魚へとメインが変わりました。
変えてみて気が付いたのですが、海水魚は淡水魚の何倍もお金がかかります。
使う器具が多いんです。

さらに塩も定期的に要りますし、ライトも強力なのが必要なので電気代もかなりかかります。

それなのに一つ海水魚にしたらもう一つ新しい水槽一式が欲しくなりました。
お金がないというのにというか、お金が無い時だからこそ物欲が湧くのかもしれません。

幸い器具のいくつかは余っているのでそれを使えば、五万円くらいで何とかなりそうです。

五万円くらいならアルバイトでも消費者金融でキャッシング出来るのではないか、そう思い早速申し込んでみました。
駄目だとしてもどうしても必要なものではないので諦めつきますし、軽い気持ちでの申し込みでした。

申し込みはインターネットでも良かったのですが、カードとかが郵送されてくるとネットの口コミに書いてあったので、親にバレたくない私は自動契約機での契約にしました。
よく街で見かけますが入るのは初めてです。

思ったより防音性が高く、表から中も見え難くなっているんですね。
こういった配慮はさすがです。

申し込み自体もオペレーターさんがいますので簡単ですし、アルバイトでも勤続年数などによってはかなりの大金も借りれるという事でした。
私も無事借りる事が出来ました。
本当に有り難かったです。

あとは返済ですが・・・五万円なら来月一括で返せそうですので問題なく終わりそうです。

アコムの審査を通過しやすくするコツとは

アコムの審査を通過しやすくするコツには、以下のとおりです。

一つ目は、「ある程度の勤続年数があるという実績を作っておく」。

正社員でもアルバイトでもよいのですが、一つの職場に少なくとも半年は勤めてから申し込むべきです。

働きだしてから1~2か月程度では、安定した収入があるとは判定されにくいからです。

基本的に、一つの職場に長く勤めているほど、安定した収入および返済能力があると判定されます。

二つ目は、「遅延などの事故を起こさない」。

アコムの他のカードローンだけでなく、クレジットカードを使う場合でも、遅延などを起こさないようにすべきです。

カードローンやクレジットカードの利用に関する情報は、「信用情報機関」という所に記録されており、消費者金融はその情報を閲覧することができるからです。

三つ目は、「最初は少なめの希望額にしておく」。

当然ですが、希望額が上がるにつれて、審査も厳格になります。

また、他社からも借り入れをしている場合は、総量規制に抵触するおそれも出てくるので、まずは少なめの希望額で利用実績を作っておくというのがよい戦略といえます。

そして、今の状況がこれらに該当するかどうか分からない時は、アコムのサイトで「3秒診断」という仮審査を受けることで、ある程度の目安を知ることができます。

楽天ローンを利用すると、楽天スーパーポイントが貰えます

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンとの大きな違いは、即日融資ができるかどうか、です。

銀行のカードローンは即日融資には対応しておらず、また、土日の審査にも対応していないため、急いで借りたい人には向きません。一方で、消費者金融よりも金利が低く抑えられているので、借り入れまでの日数に余裕がある人には、銀行の方がおすすめです。

銀行のカードローンの中でもお得感が高いのが楽天ローンです。

楽天ローンの最高金利は14.5%なので、大手銀行と同じレベルです。楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めますが、楽天ローンを利用するなら、楽天IDを持っていた方がメリットが大きくなります。というのは、利用状況に応じて楽天スーパーポイントが貰えるからです。入会と同時に1000ポイントプレゼント、といったキャンペーンを開催していることもあります。

スマホから申し込める、コンビニのATMを手数料無料で使える等、利便性も高いカードローンです。

おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンというのは、借金を一本化してより低い金利で今後の返済をしていくことができるかなり魅力的な方法になります。

そして、おまとめローンというのはある大きな特徴があり、消費者金融で利用しても総量規制の対象外になります。

通常、消費者金融でお金を借りるときには総量規制という問題があるのですが、おまとめローンではそういった部分は関係ないのです。

おまとめローンの場合には、総量規制の例外のための条件になっている「利用者に一方的に有利な場合」に該当するので、総量規制の対象外となっているのです。

おまとめローンを利用するときには、そういった豆知識も頭に入れておくとお得な利用の仕方ができるのではないか?と思います。