キャッシングの限度額はどんな風に決まるのか

キャッシングの限界というのは消費者金融であれば総量規制によって決められることになります。限度額というのは年収の1/3までと決まっています。但し、これはそこまで業者側が設定をしなければならないというわけではありませんから勘違いしないようにしましょう。

つまりは、年収が300万円だった人に対して100万円の限度額は可能ですが、必ずそうしなければならないわけではないので最初は10万円か20万円ぐらいの限度額が設定されることがほとんどになります。どんどん実績を積んでということが基本になるでしょう。

返済履歴というのが実は割と評価される部分であり、何度も借りて返している人は限度額が高くなることもあるわけです。これがキャッシングの基本になります。