転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。