キャッシング金利と「難易度」について

借金を返さなければならないという観点からすると、提示される金利はもちろん安い方が嬉しいものですが、貸す側にとってはなかなか大変です。貸し手にしてみれば金利を得ることで収益化していくという現実があるわけで、安ければ安いほど利率は下がり、また、貸し倒れてしまった際のリスクも上がってしまうことになります。

そのため一般には、提示される金利が安ければ安いほど審査が難しくなるという傾向にあるため、借り手としては注意が必要になってきます。安ければ良いというのはあくまで借りられた場合の話であり、借りられなければ問題は解決しないとなると、一概に安いほうがいいと短絡的には言い切れません。

とは言え最近では、金利の安さを武器に顧客を集めようとする動きを見られ、借りやすそうな雰囲気になっている点は注目しておく必要があるでしょう。