キャッシングは限度額がそのまま総量規制というわけではない

キャッシングはいくら借りることができるのかというのは限度額が決められます。最初の審査でとりあえず決められる事になりますが、そこで重要になってくるのが総量規制というものです。消費者金融などの貸金業法が適用されるところでは総量規制というのがあり、貸付に関する総量が規制されているということになります。

具体的に言えば年収によって決められます。それが年収の1/3を超えないようにということです。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。ただし、あくまで貸し付けることができる金額という話で申込みをして審査に通過すれば確実に設定してもらうことができる限度額というわけではないです。