専業主婦がお金を借りる時は

専業主婦の場合は、自分名義でお金を借りることはできるのでしょうか。実は専業主婦は、自分の収入がないため、自分名義での借入れはできません。ですから、収入のある家族の名義で借入れをすることになります。多くの場合は、配偶者の名義で借入れをすることになります。

ですから本人確認や収入証明などの書類は、配偶者の物が必要になります。審査も、配偶者の個人信用情報に照らし合わせて行われます。このため、もし配偶者の信用情報に、ローン返済の滞納などがあり、ブラックが登録されている時には、審査に通らないことがありますので、その点には注意をしておきましょう。

また消費者金融を利用する時は、配偶者の同意が必要になります。もし配偶者に内緒でお金を借りる時には、銀行を利用するのがお勧めです。それから専業主婦であっても、パートタイムで仕事をしているとか、あるいは内職で自分名義の収入があるという場合は、自分名義での借入れができます。この場合は、書類は自分の免許証や収入証明を用意します。

審査も、自分の信用情報に照らし合わせて行われることになりますので、もし配偶者の信用情報にブラックがあったとしても、借入れは可能です。もちろん、配偶者の同意も必要ではありません。