キャッシング借り換えタイミング2つのパターン

pedey/ 3月 9, 2016/ 審査

キャッシングにも返済の対策として借り換えを検討する方法があります。

借り換えタイミングとして考えられるのが、将来の返済を考えるために金利の低い業者へと乗り換える方法。

もう一つが月々の支払いを軽減するために月ごとの返済額が低く抑えられる業者に乗り換える方法です。

まず、金利の低い業者へと乗り換える方法についてですが、

返済期間が長くなるほど利息の割合が大きくなります。

例えば金利の年率18%で借り入れたという場合、単純計算で1ヶ月で約1500円の利子を払わなくてはなりません。

一方で年率14.5%で借り入れると1ヶ月で約1200円程度の利子で済みます。

これが1年となると利子の支払額に開きが生じますし、それ以上の返済期間であればなおさらです。

通常の消費者金融であれば18%の年率という業者が多いですが、楽天ローンなどは14.5%の年率ですので借り換えとしては有効であることがわかります。

続いて月々の支払い軽減での乗り換えについてです。

例えば10万円をみずほ銀行カードローンで借りたとして、月々の返済額は1万円。

しかし、アコムの場合は月々の返済額は3000円とその差は7000円にもなります。

借り換えをすることでかなりの効果が期待できるのは確実でしょう。

とは言え金利も違えば総返済額も変わってくるため、直近で考えると有効ですが、長期で考えると必ずしも良い方法とは断言できません。

キャッシングの借り換えは以上のことを念頭に置いて、あなたにとってより良い方法を選択しましょう。