住宅ローンの借り換えのタイミング

現在、マイナス金利政策の影響もあって、住宅ローンの金利は低いままとなっています。そのため、借り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

現在、変動金利で借りているような場合は、このまま未来永劫低金利が続くとは限りませんし、ローン金利が上昇するというメディアも存在しますから、固定金利タイプへ借り換えを検討するタイミングかもしれません。
ただ、同時点では、固定金利は変動金利よりも高くなっってしまいますから、返済総額は上がってしまう可能性がありますから、よく検討することが大事です。

また、会社の業績が悪く、ボーナスが大幅にカットされたり、収入が減ってしまった場合も、仮換えのタイミングといえます。

金融機関によっては、返済年数を延ばしたり、毎月の返済額を抑えることも可能となりますから、一度銀行に相談してみるとよいでしょう。
一方、子供独立して支出が減ったような場合にも、借り換えのタイミングといえます。

ゆとりができて繰り上げ返済を検討するような場合は、繰り上げ返済時の手数料が少ない住宅ローンを選ぶとよいでしょう。
住宅ローンの借り換えには、手数料や登記料などがかかりますから、きちんとタイミングを選ばないと、かえって損をしてしまうこともありますから、いくつかの住宅ローンを検討してみるようにしましょう。