ATMでの返済が困難な端数について

キャッシングしたお金は、銀行振り込みや口座からの引き落としで返済することになります。また、キャッシング専用カードがある場合には、それを使ってATMから返済することも可能となっています。

しかしATMの中には、小銭を入れることができないものもあります。キャッシングでは返済時に利息を支払うことになるのですが、その利息は多くの場合は細かな数字となります。

たとえば1万円を3日間借りた時の利息は、金利が18%の場合で約15円です。1万円札ならATMに入れることができますが、15円については小銭対応しているATMでなければ入れることができません。つまり、借り入れしたお金の返済はできても、利息の支払いはできないということです。

このような場合には、利息のみを銀行振り込みとすることもできますが、実は支払いを保留にすることもできます。というのも消費者金融の多くが、ATMでは返済できない端数分を、無利息残高として取り扱っているからです。

無利息残高とは、文字通り利息が発生しない残高です。基本的には支払わなければならないお金ですが、利息が発生しないので、額が増えることはありません。そのため急いで支払う必要がなく、保留できるわけです。

小銭対応をしているATMに行った時、あるいは次回のキャッシングの利息との合計がまとまった額になった時などに、改めて支払うことができるのです。