示談契約を進める人の特徴について

消費者金融から、金利負担などを減らして借金の返済を軽くしようとする示談契約がありますが、提案をする人には特徴があります。

基本的には、返済はしているものの、転職や失業などにより返済能力が落ちた人で、借金の返済が困難だと判断される方です。

返済を前提としていますので、返すアテのない人。例えば無職の人や、滞納がかなり長期で返済する意思についてもかなり低い人にはほとんど提案しません。

一応、仕事があれば、返済はできますから提案をしやすいというわけです。

基準が一定というわけでもありませんが、多くは年収と返済能力、借金額を勘案して提案するそうです。

返済がちょっと滞り気味な方で、一応の収入があれば、提案されることはあるかもしれません。