消費者金融の金利の設定のどのように決まるの?

消費者金融は下限金利~上限金利といった表記をされているので実際に適用される金利がどうなるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の金利の設定はどのように決められるのか紹介していくので参考にしてみましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをして審査が可決されると契約手続きに入ります。その時に限度額が提示されますが、大きくなるほど金利が低く設定されます。

そのため多額の借り入れをする場合は下限金利に近い設定、少額の借り入れをする時は上限金利に近い設定になります。また初めて利用する人は実績がないので業者側からの信頼度もあまり高いとは言えません。そのため初回利用時は上限金利が適用されるのでしっかり覚えておきましょう。

キャッシングの本人確認はネットで楽々完了できる

キャッシングをする際に本人確認は書類を送付したり、何度も電話がかかってきたりと時間がかかってしまうと思っている人も多いです。しかし実際はインターネット上のサイトで申し込みをすると、必要書類さえ手元にあればそれをスマホ等で写真をとりアップロードをするだけで本人確認の書類が提出できます。

スマホからの申し込みだとスマホで写真を撮り、そのまま申し込みが完了できるのでとっても簡単なのです。そして申し込みから審査そして融資まで即日完了するケースが多く、審査で問題がなければキャッシングはとてもスピーディーにすることができます。

このように本人確認はネットで楽々完了することができ、その結果誰とも話すことなく簡単にキャッシングを利用することができるのです。

転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。

丁寧な対応をしてくれるカードローンは安心

基本的にカードローンを実施している銀行や消費者金融では、丁寧な対応をしてくれるケースがほとんどです。しかしカードローンの実施している銀行や消費者金融によっては、威圧的な態度を取る場合もあるので、注意しなくてはいけません。

特に遅延や滞納をした時、威圧的な態度を取られてしまうと精神的な苦痛が発生してしまいます。そのような状況を回避するため、丁寧な対応をしてくれる銀行や消費者金融を選択しなくてはいけません。遅延や滞納をした時も親身になって、話を聞いてくれて、色々とアドバイスをしてくれる銀行や消費者金融もあります。

また女性は女性専用のカードローンを選択することで、丁寧な対応をしてくれる女性が応じてくれるので、安心して利用できるようになります。

クレジットカードのキャッシング枠を正しく理解していますか?

今やキャッシングは、4人に1人が利用していると言われていることがあります。クレジットカードにもキャッシング枠を契約しているといったことも少なくはありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠について正しく理解していないことも多く、注意しなければ大きな問題に繋がります。

そもそも、クレジットカードのキャッシング枠がショッピング枠と別物と考えているケースがあります。ですが、実際にはショッピング枠とキャッシング枠は利用限度を共有しており、例としてショッピング枠70万円とキャッシング枠枠が30万円という場合、トータル100万円という訳ではありません。

実際には、ショッピング枠のうち30万円分がキャッシングに割り当て可能ということであり、限度まで利用するとショッピングには40万円しか使えません。一方、ショッピングに60万円を利用しているとキャッシングは10万円となります。特に新社会人の方やキャッシングが初めてという方はしっかりとシステムを理解することが重要です。

短期アルバイトでもキャッシングは可能?

アルバイトであってもキャッシングを行なうことは可能なのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンでは申し込みの際に職業や雇用形態による基準は設けられていないため、収入があればキャッシングに申し込むことが可能です。

そのためアルバイトであってもキャッシングを行なうことは決して不可能ではありません。

ただし短期アルバイトの場合は少し事情が変わり、金融機関側が基準としている「安定した収入がある方」とはみなされない場合もあります。

とくに短期アルバイトの場合は、融資の前に必ず行われる在籍確認において確認がとれないケースもあり、申し込んだ人間が短期アルバイトの雇用期間終了後すぐに次のアルバイトを始めるという保証もないため、審査が通らない可能性が高くなってしまうのです。

キャッシングの返済は融資以上に重要

キャッシングを利用する時、多くの人が融資に注目してしまい、返済を疎かにしてしまうケースが少なくありません。キャッシングの返済は、融資以上に重要な部分なので、お金を借りた以上、少しずつ返していかないといけないです。キャッシングを地道に返済することで、少しずつ返済実績を積み重ねることができます。

そしてお金を融資してくれた消費者金融から信頼を得られるようになるので、増額申請を通過しやすくなります。特に臨時返済を活用することができている方は、高い返済力を持っている人物としてアピールできるので重要なポイントです。万が一返済が滞ってしまうと遅延損害金と呼ばれる利息が発生してしまい、通常よりも高い利息支払わなくてはいけなくなるので要注意です。

多くの地域に存在している自動契約機のキャッシング申込

すでにたくさんの人がキャッシングの申込をする為に自動契約機を利用しています。自動契約機は、他の方に顔を合わせる心配がないので、安心して申込をすることができるようになっています。集中してキャッシングの申込を実施できるようになっており、手続きを実施できるように環境が整えられているのが特徴になります。

自動契約機でキャッシングの申込をしたからといって、審査が急激に厳しくなるということは一切ありません。他の申込方法と同様に審査を実施していき、問題なければ、無事に申込を完了させる事ができます。何か分からないことがある時は、自動契約機を通じてスタッフとコミュニケーションを取れるようになっており、色々と質問できるようになっています。

キャッシングの審査における本人確認の重要性

消費者金融会社からお金を借りるには、個人向けの融資サービスとしてキャッシングが用意されています。このキャッシングを利用するには、申込みをして審査を通過しなければいけません。

審査では身元確認や返済能力の有無を重点的にチェックされますので、本人確認書類を用意しておきます。本人確認書類としては健康保険証やパスポートや免許証などが有効であり、これらを契約機や公式サイトのWebフォームなどから画像データにして審査センターに送る事になります。

消費者金融会社は、返済出来る者に融資を行いたいと考えていますので、審査では申込んだのが本人である事や返済能力が十分にあるかを確かめる形になっています。その為、申込みを行なった者は身元を示す為に本人確認書類を事前に用意しておく事が必要です。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。