申込方法が複雑だけど利用者が多い?みずほ銀行カードローンの2つのメリット

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている事が利用条件になっています。また申込方法によって融資スピードが異なるなど複雑な部分もあるので初めてキャッシングをする時に分かりにくいという声も聞かれます。しかしみずほ銀行カードローンは借入条件が良いので利用者が多いです。そこでみずほ銀行の借入条件の良さを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が14%で銀行カードローンの中でも低金利

銀行カードローンは上限金利が14.5%で設定されているのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンは上限金利が14%で設定されています。それで借り入れした時に加算される利息が少なくなるのでお得にキャッシングをする事が出来ます。返済する時の安心感も出てくるので他の銀行カードローンより上限金利が低く設定されているのはメリットになります。

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大1000万円までとなっていて多額の借り入れをするのにすごく適しています。限度額が高く設定されている点をメリットに感じてみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人も多いです。

不景気で年収が減った!直ぐのカードローンは利用停止?一括返済を求められる?

銀行や消費者金融のカードローンは、必要に合わせて借り入れが出来るため、1枚持っているだけでも便利なサービスです。しかし、利用者にとっての不安は、収入により利用限度額が設定される分、景気悪化による収入減少により不利益が出来るのではないかと心配になります。例えば、カードローンの新規借り入れ停止、契約条件から外れて一括返済を求められることが心配です。

ですが、審査時には収入で返済能力が査定されるものの、リスクを考慮した利用限度額が設定されます。そして、残業代などで収入が高い人は、変動要素が大きいものの、安定した収入という点では基本給による査定となるため、即時利用停止のリスクは低くなっています。また、収入が減っただけで、一括返済を即時請求されるよりも、新規借り入れを停止し、借り入れ残高を選らすことが優先されます。もし、一括での返済を請求しても、対応できないとなると債務整理手続きが行われ、金融機関側が債権を回収できないというリスクの方が高くなってしまいます。

年収が減ったとしても、金融事故を起こさない限り、大きなデメリットを受けるケースは低くなっています。先ずは、返済に充てられる現金をしっかりと確保し、返済遅延や滞納を防げば不安に考える必要はありません。

学生向けのキャッシング利用注意点

学生でもキャッシングが可能な仕組みはありますが、様々な条件や利用注意点を意識する事が必要になります。

学生で金融業者を選ぶ際には年齢は一つの鍵を握っており、例えば成人以上になっていればバイト収入が安定していると、学生だけが使えるカードではなく一般社会人向けの審査に挑む事も可能です。

成人に満たっていない場合は、学生専用のキャッシングを扱う業者があり、利用する際には学生証の提出が必須となります。

さらに融資枠の上限も小さくて、借入過ぎを配慮されていますから、大きな借金が出来ないようになっており、それでも学生は収入が少ない傾向で返済が滞るリスクには注意が必要です。

社会人なら返せる金額でも学生では大きな金額になりえますし、学業をサポートするキャッシングになりますから、本業を疎かにして借金返済に悩む状態になるのは避けたいものです。

だからこそ制限枠の範疇で借入を行い、返済の計画を綿密に立てて使い過ぎないようするのがポイントになります。

借金をすれば金利に沿った利息が発生しますから、それを含めて完済に至るまでに必要な日数や返済総額を計算し、その上でキャッシング利用すれば問題は無いです。

学業、サークル活動等をサポートしてくれるキャッシングは、安全かつ計画的に使えば良いでしょう。

ATMでの返済が困難な端数について

キャッシングしたお金は、銀行振り込みや口座からの引き落としで返済することになります。また、キャッシング専用カードがある場合には、それを使ってATMから返済することも可能となっています。

しかしATMの中には、小銭を入れることができないものもあります。キャッシングでは返済時に利息を支払うことになるのですが、その利息は多くの場合は細かな数字となります。

たとえば1万円を3日間借りた時の利息は、金利が18%の場合で約15円です。1万円札ならATMに入れることができますが、15円については小銭対応しているATMでなければ入れることができません。つまり、借り入れしたお金の返済はできても、利息の支払いはできないということです。

このような場合には、利息のみを銀行振り込みとすることもできますが、実は支払いを保留にすることもできます。というのも消費者金融の多くが、ATMでは返済できない端数分を、無利息残高として取り扱っているからです。

無利息残高とは、文字通り利息が発生しない残高です。基本的には支払わなければならないお金ですが、利息が発生しないので、額が増えることはありません。そのため急いで支払う必要がなく、保留できるわけです。

小銭対応をしているATMに行った時、あるいは次回のキャッシングの利息との合計がまとまった額になった時などに、改めて支払うことができるのです。

住宅ローンの借り換えのタイミング

現在、マイナス金利政策の影響もあって、住宅ローンの金利は低いままとなっています。そのため、借り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

現在、変動金利で借りているような場合は、このまま未来永劫低金利が続くとは限りませんし、ローン金利が上昇するというメディアも存在しますから、固定金利タイプへ借り換えを検討するタイミングかもしれません。
ただ、同時点では、固定金利は変動金利よりも高くなっってしまいますから、返済総額は上がってしまう可能性がありますから、よく検討することが大事です。

また、会社の業績が悪く、ボーナスが大幅にカットされたり、収入が減ってしまった場合も、仮換えのタイミングといえます。

金融機関によっては、返済年数を延ばしたり、毎月の返済額を抑えることも可能となりますから、一度銀行に相談してみるとよいでしょう。
一方、子供独立して支出が減ったような場合にも、借り換えのタイミングといえます。

ゆとりができて繰り上げ返済を検討するような場合は、繰り上げ返済時の手数料が少ない住宅ローンを選ぶとよいでしょう。
住宅ローンの借り換えには、手数料や登記料などがかかりますから、きちんとタイミングを選ばないと、かえって損をしてしまうこともありますから、いくつかの住宅ローンを検討してみるようにしましょう。

即日キャッシングの注意点とコツについて

とても便利ものとしてお金が必要な時にすぐに借りる事が出来るキャッシングですが、生活しているうえでは今すぐお金が必要と言う事が起こりうると言えます。お見舞いや結婚式など社会人として生活しているとイレギュラーは起こりますが、キャッシングを上手に利用すれば、急な状況にスマートに対応できるのでお勧めと言えます。

キャッシングを利用する場合には、最短30分で審査で、融資できるような即日融資可能なキャッシング会社もあります。おすすめなのが。どの消費者金融もネット申込みが可能で審査が早い特徴がありますが、キャッシングとして絶対にその日のうちに借りたい場合は、少しコツが必要です。即日融資を求める場合は、基本的に平日の昼間であれば、多くのキャッシングやカードローンでも出来る可能性があります。

審査時間は申込者によって異なると言えますが、ネット申込みを行い14時までに審査が終わる事が条件ですが、銀行振込で借りる事が可能になります。確実に借りたいと思う人は、昼間に申し込むのが良いですが、大手消費者金融業者であれば土日や夜間で在籍確認が難しくても即日融資が受けられる可能性があるので、利用してみる事がおすすめと言えます。

モビットを利用する2つのメリット

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスと比較するとサービス面で劣ってしまう部分があります。アコムやプロミスは初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していますが、モビットは無利息サービスがありません。それにより初めて利用する時も初回の借り入れから利息が加算されるのでデメリットに感じてしまう人も少なからずいます。しかしモビットを利用するとメリットになる点もあるので会員数が多いのも事実です。そこでモビットを利用するメリットを見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

モビットは審査が即日回答されるので審査で問題が生じなければ即日融資を受ける事が出来ます。審査時間は最短で30分と言われていて遅くても1時間以内に終了する事が多いです。金欠の状態を解消する時に利用するとメリットになります。

・WEB完結申込を利用する事が出来る

モビットは自動契約機で申し込む事も可能ですが、WEB完結申込を利用してネット上ですべての手続きを完結する事が出来ます。それにより自動契約機などに出向く必要がなくなるのですごく便利です。またWEB完結申込を利用すると24時間いつでも借入可能なので自分の都合に合わせてお金を借りる事が出来ます。

専業主婦がお金を借りる時は

専業主婦の場合は、自分名義でお金を借りることはできるのでしょうか。実は専業主婦は、自分の収入がないため、自分名義での借入れはできません。ですから、収入のある家族の名義で借入れをすることになります。多くの場合は、配偶者の名義で借入れをすることになります。

ですから本人確認や収入証明などの書類は、配偶者の物が必要になります。審査も、配偶者の個人信用情報に照らし合わせて行われます。このため、もし配偶者の信用情報に、ローン返済の滞納などがあり、ブラックが登録されている時には、審査に通らないことがありますので、その点には注意をしておきましょう。

また消費者金融を利用する時は、配偶者の同意が必要になります。もし配偶者に内緒でお金を借りる時には、銀行を利用するのがお勧めです。それから専業主婦であっても、パートタイムで仕事をしているとか、あるいは内職で自分名義の収入があるという場合は、自分名義での借入れができます。この場合は、書類は自分の免許証や収入証明を用意します。

審査も、自分の信用情報に照らし合わせて行われることになりますので、もし配偶者の信用情報にブラックがあったとしても、借入れは可能です。もちろん、配偶者の同意も必要ではありません。

学生のキャッシングでは学生証が身分証明書になるのか?

学生でも大学生以上などの年齢になればキャッシングでお金を借りることはできますが、そのときには絶対に身分証明書が必要です。でも、大学生となると身分証明書の選択肢はあまり多くありません。免許を持っていない人もいるので、免許証は使えないこともありますし、パスポートも持っていない人は多くいるでしょう。

そうなると、1番身近なのは学生証です。大学でも、短大でも、専門学校などでも学生証があると思いますから、それが1番確実に使える身分証明書になります。問題はそれだけでキャッシングが利用できるのか?ということですが、基本的に学生証のみで身分証明書の代わりなるケースがほとんどです。

したがって、学生であれば学生証は間違いなく持っているでしょうから、それをいつも通り財布などに入れて、キャッシングの会社に向かって申し込みをすれば全く問題ないはずです。多くの会社では学生証を持って行けば良いので、別に何かを用意する必要は特にないということになります。

全部の会社がOKなわけではないとしても、大手のキャッシング会社はたいてい学生証で大丈夫と言ってくれると思います。もし心配ならば、利用する前に、申し込む前に問い合わせてみるとより確実です。

物欲に負けて自動契約機でキャッシングの申し込みをしました。

昔から熱帯魚を趣味でやっているのですが、最近淡水魚から海水魚へとメインが変わりました。
変えてみて気が付いたのですが、海水魚は淡水魚の何倍もお金がかかります。
使う器具が多いんです。

さらに塩も定期的に要りますし、ライトも強力なのが必要なので電気代もかなりかかります。

それなのに一つ海水魚にしたらもう一つ新しい水槽一式が欲しくなりました。
お金がないというのにというか、お金が無い時だからこそ物欲が湧くのかもしれません。

幸い器具のいくつかは余っているのでそれを使えば、五万円くらいで何とかなりそうです。

五万円くらいならアルバイトでも消費者金融でキャッシング出来るのではないか、そう思い早速申し込んでみました。
駄目だとしてもどうしても必要なものではないので諦めつきますし、軽い気持ちでの申し込みでした。

申し込みはインターネットでも良かったのですが、カードとかが郵送されてくるとネットの口コミに書いてあったので、親にバレたくない私は自動契約機での契約にしました。
よく街で見かけますが入るのは初めてです。

思ったより防音性が高く、表から中も見え難くなっているんですね。
こういった配慮はさすがです。

申し込み自体もオペレーターさんがいますので簡単ですし、アルバイトでも勤続年数などによってはかなりの大金も借りれるという事でした。
私も無事借りる事が出来ました。
本当に有り難かったです。

あとは返済ですが・・・五万円なら来月一括で返せそうですので問題なく終わりそうです。

アコムの審査を通過しやすくするコツとは

アコムの審査を通過しやすくするコツには、以下のとおりです。

一つ目は、「ある程度の勤続年数があるという実績を作っておく」。

正社員でもアルバイトでもよいのですが、一つの職場に少なくとも半年は勤めてから申し込むべきです。

働きだしてから1~2か月程度では、安定した収入があるとは判定されにくいからです。

基本的に、一つの職場に長く勤めているほど、安定した収入および返済能力があると判定されます。

二つ目は、「遅延などの事故を起こさない」。

アコムの他のカードローンだけでなく、クレジットカードを使う場合でも、遅延などを起こさないようにすべきです。

カードローンやクレジットカードの利用に関する情報は、「信用情報機関」という所に記録されており、消費者金融はその情報を閲覧することができるからです。

三つ目は、「最初は少なめの希望額にしておく」。

当然ですが、希望額が上がるにつれて、審査も厳格になります。

また、他社からも借り入れをしている場合は、総量規制に抵触するおそれも出てくるので、まずは少なめの希望額で利用実績を作っておくというのがよい戦略といえます。

そして、今の状況がこれらに該当するかどうか分からない時は、アコムのサイトで「3秒診断」という仮審査を受けることで、ある程度の目安を知ることができます。

楽天ローンを利用すると、楽天スーパーポイントが貰えます

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンとの大きな違いは、即日融資ができるかどうか、です。

銀行のカードローンは即日融資には対応しておらず、また、土日の審査にも対応していないため、急いで借りたい人には向きません。一方で、消費者金融よりも金利が低く抑えられているので、借り入れまでの日数に余裕がある人には、銀行の方がおすすめです。

銀行のカードローンの中でもお得感が高いのが楽天ローンです。

楽天ローンの最高金利は14.5%なので、大手銀行と同じレベルです。楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めますが、楽天ローンを利用するなら、楽天IDを持っていた方がメリットが大きくなります。というのは、利用状況に応じて楽天スーパーポイントが貰えるからです。入会と同時に1000ポイントプレゼント、といったキャンペーンを開催していることもあります。

スマホから申し込める、コンビニのATMを手数料無料で使える等、利便性も高いカードローンです。

おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンというのは、借金を一本化してより低い金利で今後の返済をしていくことができるかなり魅力的な方法になります。

そして、おまとめローンというのはある大きな特徴があり、消費者金融で利用しても総量規制の対象外になります。

通常、消費者金融でお金を借りるときには総量規制という問題があるのですが、おまとめローンではそういった部分は関係ないのです。

おまとめローンの場合には、総量規制の例外のための条件になっている「利用者に一方的に有利な場合」に該当するので、総量規制の対象外となっているのです。

おまとめローンを利用するときには、そういった豆知識も頭に入れておくとお得な利用の仕方ができるのではないか?と思います。

消費者金融、借り入れ限度額の増額はできるの?

通常、消費者金融と契約すると、その段階で、「借り入れ限度額」が決まります。

その限度額の上限までなら自由に借り入れができるというわけです。

それでは、この限度額を増額することはできるのでしょうか。

答えはイエスです。

ただし、これも、消費者金融ごとに審査や条件などがあり、明確にはされていません。

滞納などがなく、収入が安定している状態で長く利用していると、消費者金融から、直接電話などで、増額の案内を受けることもあります。

このときに申し込むのが一番スムーズです。

もしも増額をしたいと考えているなら、電話などで問い合わせをしてみるのもおすすめです。

気になるようであれば、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングは限度額がそのまま総量規制というわけではない

キャッシングはいくら借りることができるのかというのは限度額が決められます。最初の審査でとりあえず決められる事になりますが、そこで重要になってくるのが総量規制というものです。消費者金融などの貸金業法が適用されるところでは総量規制というのがあり、貸付に関する総量が規制されているということになります。

具体的に言えば年収によって決められます。それが年収の1/3を超えないようにということです。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。ただし、あくまで貸し付けることができる金額という話で申込みをして審査に通過すれば確実に設定してもらうことができる限度額というわけではないです。

月イチでOK簡単貯金術!

貯金って貯めるつもりはあってもなかなか貯まらないこと、多くないですか?

今回は、私自身が実践していて、これで毎月必ず一定の額を貯金している方法を紹介します。

①準備するもの

・給与振込用の銀行口座

・貯金用の銀行口座

②すること

・給与振込日に給与振込用の銀行口座に行きます。

・貯金したい額を降ろします。

・そのまま貯金用の銀行口座に振り込みます

以上です。

ポイントは給与振込日にすること。

余った給料を後から貯金しよう?と思うから貯金が貯まらないのです。

給与振込用の銀行口座から真っ先に貯金分の金額を抜いてしまい、貯金用の銀行口座は振込専用、絶対に引き出さないようにしておけば、ただただ貯まっていくだけなのです。

私はこの方法で毎月きちんとお金が貯まっていっています。

そろそろその貯まったお金で運用してもいいかな?ぐらいは貯まってきました。

貯める金額は無理のない態度がオススメです。張り切ってしまうと、生活にダイレクトに響くので、結局、貯金用の銀行口座から引き落としてしまう…なんてことになってしまいます。

それでは結局貯まらないので、絶対に手をつけないように、無理のない範囲で始めましょう。

それから、余った給与は次の次の給与と一緒に、貯金用の銀行口座に振り込むと、さらに貯金は増えますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

キャッシング枠を増額して貰うためには

日々のやりくりに困ってくるとキャッシングの増額が欲しくなります。ローン会社を増やすという手もありますが、返済の回数が増えてしまうので管理が難しくなります。そこで考えられるのは現状のローン会社からキャッシング枠を拡げてもらう事です。

返済が一社だけなら返済日が一定なので忘れるようなことも防げます。さて増額をしてもらうためには何が必要なのでしょうか。答えはいたって簡単な事です。返済を滞りなく続けることなのです。ローン会社から見ると、きちんと返済している人は信頼がおける存在なのです。

信頼を得るためには最低でも一年は問題なく返済をすることが必要です。時にはローン会社のほうから増額の申し入れをしてくれることもありますから、焦らずに我慢する事が大切です。

キャッシング金利と「難易度」について

借金を返さなければならないという観点からすると、提示される金利はもちろん安い方が嬉しいものですが、貸す側にとってはなかなか大変です。貸し手にしてみれば金利を得ることで収益化していくという現実があるわけで、安ければ安いほど利率は下がり、また、貸し倒れてしまった際のリスクも上がってしまうことになります。

そのため一般には、提示される金利が安ければ安いほど審査が難しくなるという傾向にあるため、借り手としては注意が必要になってきます。安ければ良いというのはあくまで借りられた場合の話であり、借りられなければ問題は解決しないとなると、一概に安いほうがいいと短絡的には言い切れません。

とは言え最近では、金利の安さを武器に顧客を集めようとする動きを見られ、借りやすそうな雰囲気になっている点は注目しておく必要があるでしょう。

増額申込みのタイミングは事前がベスト

もう少しキャッシングの枠があれば良いのにな、増額できれば良いのにな。そう思ったら、まずは返済計画を見直してみましょう。増額すれば借入額がさらに大きくなることも予想されます。その場合は毎月の支払額も増えてしまいますよね。では、その際に月々の支払いはどうなるでしょうか。余裕があるかどうかをまずは確認してみましょう。

増額申込みのタイミングは、必要だと思ったらすぐに。もしくは思い立ったらすぐにがおすすめです。いざ必要になった時に申し込みをしても時間がかかるケースもあります。月々滞りなく返済が出来ているのであれば、今後のことを事前に枠を増やしておけばいざという時に便利ですよね。増額を考えたらまずは返済計画を見直して、その上で早めに申し込みをするのがおすすめです。

細々した節約よりも一発で数万円を目指すなら。

クレジットカードを契約したり、ネットを引いたりする時には普通にネットから検索すると思います。

実は一つのクッションをおくだけで数万円程の収益を得る事が出来ます。それはセルフバックと言う制度です。

アフェリエイトと言うのは自身のブログで商品を紹介し、閲覧者がクリックしたり購入・契約する事でキックバックを得る事ができるシステムです。それを自分の契約の時に活用するのです。

実際にブログがあるわけではありませんが、会員登録する事でセルフバックのページに行く事が出来ます。そこからお目当ての商品や契約項目があれば、セルフバックを受ける事が出来ます。

クレジットカードはキャンペーンをしているチャンスを狙います。ゴールドカード等になると3万円程のセルフバックもあります。普通のクラスのカードでも数千円になる事もあります。狙ったクレカを契約するのもいいですが、特に無い時にはセルフバックの金額を大きい物だけを契約して使ってみて良かったら継続すると言う方法もあります。

注意する事は二回目移行はこのセルフバックは使用できません。一度っきりと言う事です。

ネットの回線も高額です。2万円近く報酬を受ける事が出来ます。

上手に活用すると、新規契約キャンペーンと合わせてお得になります。

貯蓄のススメ

自分が徹底しているのはまず「コンビニで物を買わない」という事です。自分の家のすぐ前にコンビニがあるのですがここではコーラ1本150円くらいで売っています。少し歩いたところにあるスーパーでは同じものが84円です。これだけでも倍近い差があるわけです。過去の自分なら手軽に利用できるコンビニで買い物をしていましたが「少し歩いてでも節約しよう」という意識に変えてからは前よりもお金が手元に残るようになりました。

もう一つは「必要のないものは極力売ってしまう」という事です。自分の部屋を片付けていた時の話なのですが、読まない本が大量にあり「捨てるのも手間だから全て売ってしまおう」と思いリサイクルショップに全て持っていきました。

100冊くらいあったのでかなり大変だったのですが「邪魔だし1000円くらいになればいいかな」程度に思っていました。それがなんと13000円にもなったのです。これには驚いてそれ以来買った物は売る時のことを考えて綺麗に使うようになりました。自分はよくゲームも買うのですが綺麗に保管すれば大体6000円で買った物が2500円くらいでは売れます。これはかなり大きい事だと思っていて「売れなくなる前に売ろう」という意識も大切です。

収入を増やすよりも支出を減らすことの方が楽だと思うので貯蓄するために少し意識を変えてみてはいかがでしょうか?

金利は低いけど消費でお得にする方法。

どれだけ銀行にお金を預けていても預けているだけでお金が増えていく時代がとっくに終わり、時代はキャッシュレス化へと急速に進んでいっているようです。その時代その時代で節約の仕方は変わる、ということを認識しなければなりません。ただ使わない、質素な暮らしを心掛ける、節約時にありがちな受け身の節約でお金がたまる時代ではありません。

生きていく上で今は昔と比べて消費しなければ生きていけません。食べていければいい、といっても子供の教育費はかかりますし、車も必要ですし、家族一台のスマートフォン、インターネット回線、昔ながらの火鉢で燃料費をけちるわけにも井戸水を利用することもできません。

現代人が必ずしなければならない消費一つ一つ、お金を払うアクション一つ一つに工夫するのとしないのとでは消費する額が全然違うということは確かで現代の人の節約においてひと昔前にくらべて消費にも工夫できることがたくさんあることを無視してはいけません。

インターネット回線があるのなら電気代の支払いの紙を手にしたらさてどうやって支払うのが一番得かインターネット検索をフル活用して調べてみてください。節約のしようがないと思われている税金でさえ、今より安く支払うことができるのです。知らない支払い方法が怖いなら知らないではなく知っている支払い方法にするためにも一度試すことから始めてみましょう。

お釣りを有効活用

私が特にやっている貯蓄方法は会計をする時にあえてお釣りをもらうことです。

なぜかというと、そこでもらったお釣りは自分の目的のために利用したいのがその理由です。

私の場合は、特にバスを利用する時に手元に1円もない状態だととても困るので徹底的に貯める努力をしている真っ最中です。

特にもらって嬉しい硬貨は10円玉と100円玉です。

この硬貨だとたとえバスの方にお金を使っていなくても自販機でジュースを買ったりまたは場合によっては公衆電話を使う時にあったらとても便利です。

特に公共の場所だと何かと10円玉と100円玉を利用する回数が多いのであったら助かります。

このように応用が利くのが一番いいのでお釣りをもらうことにしています。

それに、大きなお金を崩してしまうのがもったいないと思っている方でもお釣りをもらって貯蓄をすると全くと言っていいほど損した気持ちにはならないのでしっかりと活用するための別の手段が立てやすいです。

特に主婦の方などにオススメしたい貯蓄方法です。

お釣りなのでそのあと何に使うのかを自分で決めることが出来て貯蓄をすると貯まっていく実感を味わうことができるのがこの貯蓄方法の魅力だと考えました。

興味がある方は是非実践して欲しいです。

アルバイトで働く人でも利用できるキャッシング

アルバイトであっても、一つの職場で長く働き安定した収入を得ている人であれば、キャッシングの利用ができます。ただ、勤続年数や年収に問題がない人でも、信用情報に問題があれば、審査に落ちてしまう可能性があります。

普通に生活をしていれば、信用情報に傷がつくことはないと考える人もいますが、奨学金や携帯の機種代を支払うためのローンの返済が遅れた場合は、信用情報に記載されてしまうことになります。

そのため、これまでキャッシングの利用をしたことがないという人でも、信用情報が原因で審査に落ちてしまうことは珍しくありません。審査を受ける前には、信用情報に傷がつくことをしてこなかったかを確認しておくことがおすすめです。

銀行口座の使い分けを行うようにしています

1つの銀行口座しか持っていないとどうしてもお金の管理を行いにくくなってしまいます。

そこで貯蓄専用の口座を作ることにしました。

ネットバンクの口座を貯蓄専用にして、その口座のお金には手を付けないようにしています。

コンビニのATMで引き落としを行うことはできますが、そうなると安易に使ってしまうということがあるので、それを避けています。

ネットバンクの場合には利息もかなりよいので、お金を預けているだけでも少しは貯蓄に繋がっているんじゃないかなと思います。

銀行口座をそのまま貯金箱のような感覚で利用をしているので、どれくらいのお金が貯まっているのかということも一目瞭然です。

またネットバンクと連動をさせることができる家計簿ツールも使い、引き落としもどれくらいの金額なのか分かるようにしています。

そうすることによって自分の収支もすぐにわかるようになり、お金を使いすぎてしまった場合にはどういう点を削除することができたのか、節約をすることができたのか考えることができます。

ただ漠然とお金を使うのではなく、計画的に使うことができるようになったのも銀行口座の使い分けがあったからこそだと思います。

アプリでも口座をチェックすることができるのも便利です。

余裕をもって、身の回りのATM環境を調べてから、銀行口座を開こう!

この春から新生活を迎えられる方も多いことでしょう。そこで最初に考えなきゃいけないのが、自分の銀行口座をどこに開くかということ。

もちろん、スマホ等で使えるオンラインの金融機関を選ぶことも大事だけれど、まだまだ日本は現金が強いから、ATM選びが大事。自分の生活圏で便利な位置にあるATMはどこかをよく考え、そのATM手数料が小さくなるような金融機関選びというのも一つの方法です。

今どきは、銀行は利子が非常に低い中で、自分が現金を引き出すときに度々ATM手数料を支払っていたのでは目減りするばかり。あなたのお金を有意義に使うためにも、これはとても大事なこと。

コンビニのATMでも、提携していて使える銀行もありますし、平日の日中と夜間などの時間帯や土日祝日の扱いが違うこともありますので、よく研究した上でどこの銀行に口座を開くとお得か、よく考えてみましょう。

 既にお持ちの銀行口座を活用できるならそれでいいでしょう。口座開設には、ネット専業銀行と店舗を持つ銀行とに大別できます。実際に自分が店頭に行って申し込む店舗型銀行の多くの場合、健康保険証などの身分証明書と現金(1000円以上が望ましいでしょう)、それに印鑑を持って行けば口座開設できる場合が多いですが、マイナンバーを求める金融機関もあります。

ネット専業の場合、実店舗型の銀行での必要書類に加えて、未成年者には親権者の同意を示す書面を求める銀行も多いので、ホームページなどで確認して早めに対策する必要があります。

 印鑑は100円ショップでも売られているとはいえ、それは同じ印鑑を買って使えるという危険性でもあることから、慎重に考えて銀行用の印鑑を使うことをおすすめします。

即日融資を受けたい場合は、消費者金融での申し込みを

「いますぐお金が必要!」

というときに便利なのが、消費者金融で行っている即日融資というサービスです。

この仕組みを使えば、「申し込み-契約-融資」までを、申し込んだ当日に済ませることができます。

しかし、2018年より、銀行では即日融資の対応を停止しています。

そのため、もしも「即日融資」を受けたいという場合は、消費者金融で契約しましょう。

審査完了し、借り入れ可能となるのが銀行の営業時間内であれば、振込みで融資を受けることも可能です。

また、銀行の営業時間外であれば自動契約機などに併設されたATMで融資を受けることができます。

申し込みから融資完了までは1~2時間かかることがあるため、なるべく時間に余裕を持つのがおすすめです。

住宅ローンがある人は賢く繰り上げ返済を。

住宅ローンとか、何か大金の借り入れがある人はどなたもご存知のはずですが、銀行で自動引き落としになってたりして日常であまり意識しなかったりするのが住宅ローンです。住宅ローンの今の利息はとても低いので、あんまり大したものでないような感じもしますが、それでもかなりなものです。年に0.5%みたいなところも多いけど、そりゃ0.5%って大きな数字に見えないけど、逆に0.5%の利回りの預金なんてあります?と考えると、やっぱり利息ってそれなりのコストな訳ですよ。

1000万くらいの借り入れをしてるとして、最初の10年は0.5%、次の5年は1%の利息がつくとして、10万円の繰り上げ返済をするだけで、期間短縮なら7千円程、毎月の返済額が減るようにする形なら3千円ほど利息を浮かせることができます。

ただ住宅ローン減税を受けてる人は単純に得ということにならないので慎重にシミュレーションしてください。金利が1%以上のローンなら間違いなくお得になるはずですが。これを節約についてという文脈で書く理由は、毎日のスーパーのお買い物で50円とかの節約をするよりも、長期的に意味があって、効果も感じやすい節約だからです。ストレス解消にもなりますよ。

ポイントを貯めるためのポイントサイト経由術

たとえば、ヤフーであればTポイント、ポンタポイントであればdポイント、WAONであればイオン系といったそれぞれがグループ会社であるため、関連しあっているポイントというものは少なくありません。だからこそ、すべてのポイントを極限まで貯めていって、最終的におまとめしたり、そのポイントを元に次のポイントを獲得するといった術を身に着けました。

そうすることで、知らないうちに、すべてのポイントを貯めていくことが可能になるからです。たとえば、ヤフーでしたら、ズバトクといったポチポチクリックするだけのサービスを、Tサイトでも宝箱を探したり、アンケートに答えると貯まるポイント、ローソンで買い物したら増えていくぽんたポイントが挙げられます。

また、PEXというサイトに行きますと、それらのポイントをおまとめできたり、ポイント間での交換もできるので、比較的一回の買い物で使用すればお得感がある使い方ができることが期待できます。なかでも私は、ヤフーで適度に買い物していると、半年間無料でプレミアム会員になることができる制度を利用して、会員特価価格の商品を購入したり、ポイントが3倍や5倍になるといった支払い方法であったり、日にちによってはクーポンが発行されるので、それらを抜かりなくチェックするようにしています。

節約も貯金も「ちりつも」の世界

節約の仕方などは沢山ネットに載っています。なるほどと思うものから それはうちもやってるよ、というものまで。節約は家庭によってかなり度合いが、変わってきます。例えば毎月2万円電気代がかかっているうちはちょっと方法を変えるだけで 2、3千円くらい減らすことができそうですが、毎月5、6千円の家庭ではそんなに減らすことはできません。

主電源ぬいたり無駄な電気はつけないなどしてもほんの、何十円の世界です。なんだそれならばかばかしい。と、思ったことも多々ありますが、塵もつもればで、生活は延々と続いていくもので、ばかばかしい小さな節約も何年も何年も生活していれば相当な差が出てきます。

私も一度はばかばかしく諦めましたが、常に節約と考えず当たり前にしてしまい細かい節約は実践しています。これといって目新しい節約方法があるわけではありません。ただ、毎月光熱費の請求書の数字をみるのを楽しみにやってます。下二桁でも前より少ないと、ちょっと嬉しいです。

貯蓄も同じです。毎月たった千円も何年もためていれば忘れた頃には、意外とこんなにたまってたの?と思います。500円玉貯金もよい例ではないでしょうか。毎月給料日に千円ずつでも引き落としで他の口座に貯めていけば、千円くらい、給料からなくなっても気にならないし、貯金してる感覚もなく、そのうち貯金していたことも忘れます。気づいたら 何年もそのまま毎月千円ため続け、なかなかの金額になっています。

ちりつも精神がないと、節約も貯蓄もなかなか難しいかもしれません。

私も時々節約はばかばかしくなってはきますが、ちりつも精神を忘れず実行しています。