楽天銀行スーパーローンは専業主婦の利用が可能、おまとめローンとしての利用が可能がメリット

最近ではネット銀行のカードローンが台頭してきていてその代表的なカードローンが楽天銀行スーパーローンになります。楽天銀行スーパーローンは申込方法がインターネットのみという事でスマートフォンを持っていればどこにいても申し込めてしまうという便利なカードローンです。金利も消費者金融に比べると大幅に低い設定になっているので安心して借り入れをする事が出来ます。またその他にもいろいろなメリットがあるので見ていく事にしましょう。

カードローンは基本的に安定した収入がないと利用する事が出来ませんが、楽天銀行スーパーローンは配偶者に安定した収入があれば収入のない専業主婦も利用する事が出来ます。借入限度額が50万円までと限定されてしまいますが、専業主婦にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローンは金利が低く設定されているのでおまとめ向きのカードローンでもあります。おまとめローンや借り換えローンとして利用する事も可能なので複数の業者から借金をしている人にとっては大きなメリットになります。おまとめローンを利用すると借金を一つにまとめて月々の返済額や借金総額を少なくする事が出来るので早めに完済出来るようになります。

アルバイトのキャッシングの限度額としては

別にアルバイトであるかといって、キャッシングの限度額が決まるわけではないです。大抵の人はそんなに高くないでしょうがだからといって低いと決まっているわけではない、というのは知っておきましょう。あくまで個人の収入が大事、ということになります。その点をよくよく理解しつつ、申込みをするようにしましょう。

しかし、まず疑問点としてそもそもアルバイトでも貸してくれるのか、ということから思い浮かべる人もいることでしょう。実はこれは殆ど問題ないです。きちんと働いているのであればそれは問題なく貸してもらうことができる可能性が高いです。もちろん、確実なことではない、と前置きする必要がありますがアルバイトをしていて、他からの借金も特にない、となりますとむしろ、貸す相手としてはそんなに悪いといえないことでしょう。

例えばアルバイトでも年収、500万円稼いでいる人であればそれなりに限度額は高くなります。逆に200万円程度の稼ぎの人は10万円、20万円といった限度額からスタートとなる可能性が高いでしょう。このようにアルバイトというのは雇用形態であり、あくまでキャッシングの限度額を決めるのは個人が稼いでいる額、といえるわけです。

バンクイックを利用する時の注意点

銀行のカードローンは融資を受ける事が出来るまで数日かかってしまう事が多いですが、三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込むと契約手続きが終わった後にカードが発行されるので即日融資を受ける事が可能です。しかも低金利という事ですごくメリットになるカードローンではありますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

バンクイックは三菱東京UFJ銀行の口座がなくても利用する事が出来ますが、口座がないと不便になってしまう事もあります。三菱東京UFJ銀行の口座がないと返済する時に口座振替やインターネットバンキングによる振込みが出来なくなってしまいます。そのため返済方法がATMに限定されてしまうので便利に利用するにはやはり三菱東京UFJ銀行の口座を開設しておいた方がいいでしょう。

バンクイックはカードを利用して借りる他に振込キャッシングを利用する事も可能ですが、銀行の営業時間内に限られてしまいます。そのため銀行の営業時間内に振込キャッシングを利用したい場合は24時間対応している楽天銀行の口座を開設しておくようにしましょう。

キャッシングでより怖いショッピング枠のリボ払い…

今やクレジットカードの多くにリボルビング払いすなわちリボ払いがあります。

一見、利用額に対して毎月に返済額が少ないといったメリットがあるものの、大きな問題を抱えることとなります。

そもそも、リボ払いの実質年利は約18%と貸金業法が適用される消費者金融の最大金利と同等です。また、大手消費者金融では金利を引き下げている傾向があり、実質的には15%以下の金融商材が多く提供されている状況にあります。

例え、金利3%の差は返済期間が長期化することで非常に家計を圧迫することに繋がり、返済苦どころか債務整理を引き起こす結果となります。

また、クレジットカードのショッピング枠におけるリボ払いについては、総量規制対象外であり契約者の利用し過ぎにより債務超過の原因ともなり得ます。

確かに毎月数千円程度の返済額で高額商品を購入出来ることは一時的に得をしたと思いますが、返済中に購入した商品も老朽化し、結果的には故障するということに成りかねません。

その結果、実物は手元に残らず借金だけが残り続けることとなり、実態のない物に対して毎月の返済を行うことに疑問を持つこととなります。もし、高額商品を購入する際はボーナス前後に現金払いを行うことを前提として、キャッシングを利用する方が断然お得です。特にボーナス時期は家電製品の様な高額商品の値下げが大きく、一時的なキャッシングでも大きな得をえることが出来ます。

カードローンというのは無利息でやってくれるところも

カードローンというのは、実は無利息で一時的に貸してくれるところもあったりするのです。これは業者としても色々とメリットがあるのです。要するに最初に使ってくれるところとして自分たちのところを選んでもらうことができるからです。それがカードローン業者としてはとにかく大きな利点になっているからです。

そして、利用者としても基本的には無利息で借りることができるわけですから、とても良いサービスであるのは確かです。とりあえず利用する先を決めるときに一つの選択肢とする価値はあります。なかなか探すのが難しい時もありますが、基本的には非常に強くアピールしているサービスですから、インターネットでも何でも情報ツールがあればそれで十分に探すことができます。

各社によって、無利息の方向性がやや違うことがあります。例えば一週間以内に返せば、と言うことである場合もありますし、最初に一回目は、ということもあります。

要するにサービス性が異なるわけです。カードローンのカードですが、改めて発行してもらうこともありますし、銀行系であればキャッシュカードにその機能を付与することができる場合もあります。この時によい点としてはカード枚数が増えないことです。

増額申込みを上手くクリアするには

消費者金融などにおいてキャッシングを行う事は、法整備なども整って非常に利用し易いものとなっています。しかし、初めて利用する消費者金融などにおいては、キャッシングの限度額があまり高く設定できないのはどこにおいても同じです。

そこで、さらにキャッシングが必要な時には増額申込みを行いますが、その審査を通過するには幾つかの注意点があるので、説明したいと思います。増額申込みを行う際には、総量規制を理解しておく必要があります。総量規制とは、無理な借り入れができないように法整備された制度で、年収の1/3以下の借入れでないとキャッシングが出来ないようになっています。ですから、増額申込みの際に増額して申し込んだキャッシングの金額が年収の1/3以上にならないように申し込む必要があります。

またこの時、キャッシングの返済がしっかりと行われて、返済遅延などが発生していない状況でないと増額申込み審査には通過できないので事前に確認しておきましょう。この様な規制は、キャッシングする側とキャッシングされる側、双方のリスクを軽減する為に設けられています。

決してキャッシングされる側に対して不利になるわけではないので勘違いしてはいけません。なお、増額申込みの金額で借り入れ額が50万円を超える場合には、収入証明をはじめとする各種書類の提出を求められます。加えて審査も厳しくなるので50万円を超える場合の増額申込みは、よく検討してから行いましょう。

かなり参考になったサイト
プロミスなら無人機で即日借りることができる※今すぐ借りたい方の無人機ガイド
http://www.puul-gmbh.com/

天銀行の大学専用教育ローン

子どもの大学進学にかかる費用や学費などは、子どもにかかる教育費用な中でも屈指の高さとなっています。特に私立大学に進学した場合には相当な額の学費がかかるため、子どもが小さい頃から少しずつ貯金をしていたとしても、費用が足りない可能性が出てきます。そんな時に無理なく学費を捻出する手段としておすすめしたいのが、楽天銀行の大学専用教育ローンになります。

楽天銀行は、早稲田大学や明治大学等を含む複数の大学を提携を結んでいて、提携大学へ進学する、若しくは通学している学生の学費捻出のためのローン申し込みであれば優遇金利での借り入れができるのです。

もちろん、提携大学以外の大学であっても問題なく申し込みはできますし、ネット銀行の教育ローンなので、そもそも金利条件は良いという特徴もあります。

また急いで大学にお金を振り込まなければならない、というケースにおいてもこの教育ローンは頼りになります。

申し込みはWebとアプリだけで可能ですし、融資は最短で申し込みをした翌営業日にしてもらうことができます。さらに楽天銀行から直接支払い先の大学へ振込をしてもらうこともできるので、締切ギリギリでも楽天銀行の教育ローンなら間に合う可能性が高いのです。

キャッシング借り換えタイミング2つのパターン

キャッシングにも返済の対策として借り換えを検討する方法があります。

借り換えタイミングとして考えられるのが、将来の返済を考えるために金利の低い業者へと乗り換える方法。

もう一つが月々の支払いを軽減するために月ごとの返済額が低く抑えられる業者に乗り換える方法です。

まず、金利の低い業者へと乗り換える方法についてですが、

返済期間が長くなるほど利息の割合が大きくなります。

例えば金利の年率18%で借り入れたという場合、単純計算で1ヶ月で約1500円の利子を払わなくてはなりません。

一方で年率14.5%で借り入れると1ヶ月で約1200円程度の利子で済みます。

これが1年となると利子の支払額に開きが生じますし、それ以上の返済期間であればなおさらです。

通常の消費者金融であれば18%の年率という業者が多いですが、楽天ローンなどは14.5%の年率ですので借り換えとしては有効であることがわかります。

続いて月々の支払い軽減での乗り換えについてです。

例えば10万円をみずほ銀行カードローンで借りたとして、月々の返済額は1万円。

しかし、アコムの場合は月々の返済額は3000円とその差は7000円にもなります。

借り換えをすることでかなりの効果が期待できるのは確実でしょう。

とは言え金利も違えば総返済額も変わってくるため、直近で考えると有効ですが、長期で考えると必ずしも良い方法とは断言できません。

キャッシングの借り換えは以上のことを念頭に置いて、あなたにとってより良い方法を選択しましょう。

給料日を意識して無利息の商品を活用

カードローンの中には、無利息のタイプがあります。期間に関する制限は見られますが、サラリーマンの方にとってはメリットが大きな商品です。

ある商品の場合は、無利息になる期間が1週間程度と設定されているのです。そのような商品を利用するとなると、給料日などが良いタイミングになります。

例えば毎月の給料日が、20日に設定されている方々は多いですね。その場合は、返済日をその直後に設定する方法があるのです。

実際にカードローンで融資を受けた日が、15日だったとします。その場合は、22日までに返済をすれば無利息になるのですね。

そして給料日が前述のような状況ならば、少なくとも22日になる前に、お金を入手する事ができる訳です。実質的には利息ゼロで借りる事ができる訳ですから、その商品のメリットは大きいと言えます。

逆に22日を過ぎてしまえば、通常の金利が適用される事になるのです。一般的に無利息の商品は、通常金利が18%と設定されている傾向があります。金利が18%も違ってくる訳ですから、かなり大きい訳です。

給料日が25日の方の場合は、ちょっと上記の借りるタイミングは早すぎると言えるでしょう。給料日を意識して返済日を設定するのが、賢明な使い方だと考えます。

キャッシングのメリットとデメリット

急にお金が必要になったとき、キャッシングのカードを持っているととても便利です。

キャッシングのカードを契約すると借入できる極度額ができます。

この極度額の範囲内でお金を借りたり返済したりできます。

自動車や住宅などのローンを組む時、今日言ってすぐに借りれるものではありません。

また、色々な書類を準備したりと手間が多いです。

その点、キャッシングのカードがあれば、ATMの稼動している時間なら即日にお金を借りることができます。

次にデメリットは金利負担が大きいことです。

キャッシングを行うと毎月の返済が始まりますが、返済している金額全てが元金に充当されるわけではありません。

例えば、1万円返済したとしても、金利にもよりますがたいていは6割くらいが金利へ4割くらいが元金へ返済となります。

なので、年間でまとまった額を返済しているように思いますが、元金はあまり減っていないというシステムになっています。

キャッシングの賢い使い方とは、利用後、臨時で返済を行い、元金を直接減らす方法が良いと思います。

毎月の返済以外に返済した分は、臨時で返済した金額全てが元金に返済されます。

なので、そのようにして効率よく元金を減らせば、利息負担を大きくならないですし、返済の期間も短くすることができます。

効率よく賢く利用できれば、とても便利な商品だと思われます。

自動契約機を利用するときの注意点

キャッシングを利用するときに便利なのが自動契約機です。申し込みから借り入れ、さらに登録情報の変更や収入証明の手続きまで、キャッシングにかかわる手続きのほぼすべてを行うことができます。

そんな便利な自動契約機ですが、利用にはいくつか注意すべきポイントがあります。中でも見落としがちなのが先客がいる場合があるということです。自動契約機のブースはたいていひとつかふたつしか用意されていないので、先に利用客がいる場合はその方が用事を終えるまで中に立ち入ることができなくなります。

急ぎの用事でないときは問題ないのですが、何時までに書類の提出を行いたいというようなときや、即日融資を希望しており、できるだけ急いで手続きしたいという場合、思わぬ遅れにつながることがあります。手がける前にいくつか回れる範囲で自動契約機の位置を確認しておきましょう。

いざ、自動契約機を利用するときにも注意点があります。それは施錠についてです。自動契約機には自動施錠されるタイプと利用者が手動で施錠しなければならないタイプがあります。ブースをロックできるというのは利用者にとって大きな安心のもとになるポイントなのですが、うっかり施錠を忘れると見知らぬ人がうっかり入ってくる可能性があります。手続きを開始するまえに施錠できているかをしっかりと確認しましょう。

銀行ローン審査の特徴と実態

お金が必要になる機会っていうのは様々な時に求められますが、こういった時に貯金以外で役に立つのがローンだと思います。しかしローンにも数多くのものがあるので、その中でもより多くのお金が必要になる時はなるべく金利が低い銀行ローンを検討したいものですね。そんな銀行ローンの基本的な特徴を述べて行きたいと思います。

銀行ローンの特徴としてはまず借り入れ限度額が高いということです。大手消費者金融と比べても100万から多いところでは1000万という高額なものになります。実はこれには貸金業法で定められた総量規制という制度が影響していて、これにより年収の1/3以上の借り入れが出来なくなりましたが、例外として銀行ローンはこの総量規制対象外となっていることがあります。

勿論年収の1/3以上という限度は過度な借り入れを防ぐために定められたものであるため、これ以上の借り入れを申し込む場合には当然審査は厳しくなります。ここが銀行ローンが消費者金融などよりかは審査が難しいと言われている理由なのです。勿論年収の1/3に収まる借り入れならば審査は通常どおりに行われるため、正社員などで働いている場合には100万円程度なら銀行ローンを検討してみるのがお勧めです。

なにより金利についてもおおよそ最大でも14.8%ほどとなっており、こちらも消費者金融系と比べてもお得になっています。また銀行ローンは住宅ローンなどと言った目的別ローンというものも多く取り揃えており、より多くのお金が必要でしっかりとした年収がある人には、まず検討してほしいローンなのです。

キャッシングで必要な本人確認資料

キャッシングを行う時には審査で本人確認資料として運転免許証等が必要になり、借入の金額によっては収入証明書類等も必要ですから、要望に応えて提出すると良いです。

本人確認資料として運転免許証を持っていないという場合には、保険証やパスポート等も有効であり、お金を借りる時には身分が解らないと借りる事は出来ないですから、借入額の大小に関わらず最も必要な書類になります。

申込みを行う時に勤務先情報等も記載する事になりますが、申込者本人が本当にその会社に在籍しているかどうかを確認する為に、金融業者から在籍確認電話が入る事は一般的ですし、借金時には素性をハッキリさせる事が必要であり、虚偽情報を提示すればそれだけで審査に落ちてしまうリスクがありますから注意しましょう。

成人以上で収入の流れを持つ事は前提として必要なキャッシング申込であり、収入が無ければ返済出来ないですから無職で無収入状態の場合はバイトやパート等を行ってから申し込む事も必要です。

小口キャッシングの場合は本人確認資料を提出するだけでも資料は良いですが、大きな借金を申込む時には本人確認だけではなく、収入証明書等も必要になりますから、目安としては一社から50万、複数社合算で100万円を超える借金では収入証明が必要です。

銀行等で100万円を超えても収入証明不要となっている所もありますが、そういう場合には本人確認済みの銀行口座をすでに持っているといった条件が必要になっています。

アルバイトの人がキャッシング審査に通るには

アルバイトの人であっても、冠婚葬祭やその他の友人との付き合いで、急な出費が必要になり、ちょっとした金額のお金を借りたくなる場合はあります。アルバイトの人であっても、もちろんキャッシングを受けることはできます。ただし、借りる金額にもよりますが、定収入のある正社員よりは、審査は正直言って厳しくなります。キャッシング審査では様々な個人の情報を総合して判断されるため、最もきちんと返済できると判断される正社員が有利になるわけです。でも、アルバイトでもキャッシングの審査に通りやすくなるためのポイントがいくつかあります。

まず1つ目は、安定した定収入があるということです。安定しているということが大切なので、1年間のうち3か月で150万円稼ぐという稼ぎ方よりも、12か月かけて月10万円ずつ稼ぐ方が安定しているとみなされます。当然、1か所での勤続年数も長い方が有利です。

2つ目は、健康保険の種類です。アルバイトでも、組合保険に加入できる仕事もあります。国民年金よりも組合保険に入っている方が圧倒的に有利になります。

3つ目は、過去のクレジット履歴です。過去にキャッシングをした場合はそれをきちんと延滞なく返済しているか、またクレジットカードの利用が滞りなく行われているかというのもチェックポイントです。

アルバイトでも、以上の内容で概ね良い状態であると判断されれば、キャッシングを受けることは十分可能です。

増額申込みを行う時の準備について

カードローンを使っていて、利用枠をさらに広げたいと感じた時には増額申込みを行うという方法があり、一社からの借入額が満額になった時に別の業者のカードローン審査に申込みを行って、利用総額を増やすと言う方法もありますが、出来るならば借入件数は増やさずに一社からの借入枠を広げる方が良いです。

ただし、申請したからとすぐに増額受付けを行ってくれるわけではなく、返済実績を積み重ねて信用を高めていく事は必要な要素であり、カードローン利用の履歴で延滞遅延等が無く、返済実績を半年以上積み重ねる事は準備として必要であり、契約してすぐに申込み行っても対応してくれるものでは無いでしょう。

実績を積んでも増額に失敗する時には他社にすでに借入を行っているという例も多く、他社のカードで借入が無くても契約しているだけでも不利に働く事にも繋がりますから、使っていないカードがある時には整理してしまった方が良いです。

こうした条件設定に注意して、申込みの時には収入証明書を準備する事も必要ですから、事前に準備して増額審査に挑むと良いですし、基本的にはお金を借りると言う事は信用が必要になりますから、利用実績や現在の収入は重要な要素になります。

直ぐにお金が必要な時に役立つサービス

お金は生活において不可欠な存在であるため、多くの人は計画的な運用をしています。しかし想定外の事態によってお金が必要になる事もあるのです。

急にお金が必要になったら換金出来そうな物を売却したり、貯金を切り崩す事で乗り切るのが一般的なやり方だと言えます。しかし全ての人が価値ある物を保有し、貯金の習慣があるとは限りません。急にお金が必要になった時は、即日のキャッシングを請け負う業者が便利だと言われています。依頼して審査を突破すれば直ぐに融資してくれるため、困難を乗り越える事が出来るのです。

借りた金額に相応の利息が加算されますが、その場を凌ぐ事が出来れば問題ありません。現代では副業によってお金を稼ぐ手段も豊富なので、少し努力するだけで返済を達成出来ます。注意点があるとすれば金利と上乗せされるタイミングです。長期に渡る返済プランを立てると利息の支払い額が大きくなります。

即日のキャッシングは直ぐにお金を用意する利点があるものの、利息が高めに設定されているという事実もあります。そのデメリットを解消した上でサービス利用するなら、借りたお金を早めに返してしまう事です。利息による上乗せは短期の借金なら怖くありません。