学生向けのキャッシング利用注意点

学生でもキャッシングが可能な仕組みはありますが、様々な条件や利用注意点を意識する事が必要になります。

学生で金融業者を選ぶ際には年齢は一つの鍵を握っており、例えば成人以上になっていればバイト収入が安定していると、学生だけが使えるカードではなく一般社会人向けの審査に挑む事も可能です。

成人に満たっていない場合は、学生専用のキャッシングを扱う業者があり、利用する際には学生証の提出が必須となります。

さらに融資枠の上限も小さくて、借入過ぎを配慮されていますから、大きな借金が出来ないようになっており、それでも学生は収入が少ない傾向で返済が滞るリスクには注意が必要です。

社会人なら返せる金額でも学生では大きな金額になりえますし、学業をサポートするキャッシングになりますから、本業を疎かにして借金返済に悩む状態になるのは避けたいものです。

だからこそ制限枠の範疇で借入を行い、返済の計画を綿密に立てて使い過ぎないようするのがポイントになります。

借金をすれば金利に沿った利息が発生しますから、それを含めて完済に至るまでに必要な日数や返済総額を計算し、その上でキャッシング利用すれば問題は無いです。

学業、サークル活動等をサポートしてくれるキャッシングは、安全かつ計画的に使えば良いでしょう。

アコムの審査を通過しやすくするコツとは

アコムの審査を通過しやすくするコツには、以下のとおりです。

一つ目は、「ある程度の勤続年数があるという実績を作っておく」。

正社員でもアルバイトでもよいのですが、一つの職場に少なくとも半年は勤めてから申し込むべきです。

働きだしてから1~2か月程度では、安定した収入があるとは判定されにくいからです。

基本的に、一つの職場に長く勤めているほど、安定した収入および返済能力があると判定されます。

二つ目は、「遅延などの事故を起こさない」。

アコムの他のカードローンだけでなく、クレジットカードを使う場合でも、遅延などを起こさないようにすべきです。

カードローンやクレジットカードの利用に関する情報は、「信用情報機関」という所に記録されており、消費者金融はその情報を閲覧することができるからです。

三つ目は、「最初は少なめの希望額にしておく」。

当然ですが、希望額が上がるにつれて、審査も厳格になります。

また、他社からも借り入れをしている場合は、総量規制に抵触するおそれも出てくるので、まずは少なめの希望額で利用実績を作っておくというのがよい戦略といえます。

そして、今の状況がこれらに該当するかどうか分からない時は、アコムのサイトで「3秒診断」という仮審査を受けることで、ある程度の目安を知ることができます。

楽天ローンを利用すると、楽天スーパーポイントが貰えます

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンとの大きな違いは、即日融資ができるかどうか、です。

銀行のカードローンは即日融資には対応しておらず、また、土日の審査にも対応していないため、急いで借りたい人には向きません。一方で、消費者金融よりも金利が低く抑えられているので、借り入れまでの日数に余裕がある人には、銀行の方がおすすめです。

銀行のカードローンの中でもお得感が高いのが楽天ローンです。

楽天ローンの最高金利は14.5%なので、大手銀行と同じレベルです。楽天銀行に口座を持っていなくても申し込めますが、楽天ローンを利用するなら、楽天IDを持っていた方がメリットが大きくなります。というのは、利用状況に応じて楽天スーパーポイントが貰えるからです。入会と同時に1000ポイントプレゼント、といったキャンペーンを開催していることもあります。

スマホから申し込める、コンビニのATMを手数料無料で使える等、利便性も高いカードローンです。

おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンというのは、借金を一本化してより低い金利で今後の返済をしていくことができるかなり魅力的な方法になります。

そして、おまとめローンというのはある大きな特徴があり、消費者金融で利用しても総量規制の対象外になります。

通常、消費者金融でお金を借りるときには総量規制という問題があるのですが、おまとめローンではそういった部分は関係ないのです。

おまとめローンの場合には、総量規制の例外のための条件になっている「利用者に一方的に有利な場合」に該当するので、総量規制の対象外となっているのです。

おまとめローンを利用するときには、そういった豆知識も頭に入れておくとお得な利用の仕方ができるのではないか?と思います。

消費者金融、借り入れ限度額の増額はできるの?

通常、消費者金融と契約すると、その段階で、「借り入れ限度額」が決まります。

その限度額の上限までなら自由に借り入れができるというわけです。

それでは、この限度額を増額することはできるのでしょうか。

答えはイエスです。

ただし、これも、消費者金融ごとに審査や条件などがあり、明確にはされていません。

滞納などがなく、収入が安定している状態で長く利用していると、消費者金融から、直接電話などで、増額の案内を受けることもあります。

このときに申し込むのが一番スムーズです。

もしも増額をしたいと考えているなら、電話などで問い合わせをしてみるのもおすすめです。

気になるようであれば、一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングは限度額がそのまま総量規制というわけではない

キャッシングはいくら借りることができるのかというのは限度額が決められます。最初の審査でとりあえず決められる事になりますが、そこで重要になってくるのが総量規制というものです。消費者金融などの貸金業法が適用されるところでは総量規制というのがあり、貸付に関する総量が規制されているということになります。

具体的に言えば年収によって決められます。それが年収の1/3を超えないようにということです。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。ただし、あくまで貸し付けることができる金額という話で申込みをして審査に通過すれば確実に設定してもらうことができる限度額というわけではないです。

キャッシング枠を増額して貰うためには

日々のやりくりに困ってくるとキャッシングの増額が欲しくなります。ローン会社を増やすという手もありますが、返済の回数が増えてしまうので管理が難しくなります。そこで考えられるのは現状のローン会社からキャッシング枠を拡げてもらう事です。

返済が一社だけなら返済日が一定なので忘れるようなことも防げます。さて増額をしてもらうためには何が必要なのでしょうか。答えはいたって簡単な事です。返済を滞りなく続けることなのです。ローン会社から見ると、きちんと返済している人は信頼がおける存在なのです。

信頼を得るためには最低でも一年は問題なく返済をすることが必要です。時にはローン会社のほうから増額の申し入れをしてくれることもありますから、焦らずに我慢する事が大切です。

キャッシング金利と「難易度」について

借金を返さなければならないという観点からすると、提示される金利はもちろん安い方が嬉しいものですが、貸す側にとってはなかなか大変です。貸し手にしてみれば金利を得ることで収益化していくという現実があるわけで、安ければ安いほど利率は下がり、また、貸し倒れてしまった際のリスクも上がってしまうことになります。

そのため一般には、提示される金利が安ければ安いほど審査が難しくなるという傾向にあるため、借り手としては注意が必要になってきます。安ければ良いというのはあくまで借りられた場合の話であり、借りられなければ問題は解決しないとなると、一概に安いほうがいいと短絡的には言い切れません。

とは言え最近では、金利の安さを武器に顧客を集めようとする動きを見られ、借りやすそうな雰囲気になっている点は注目しておく必要があるでしょう。

アルバイトで働く人でも利用できるキャッシング

アルバイトであっても、一つの職場で長く働き安定した収入を得ている人であれば、キャッシングの利用ができます。ただ、勤続年数や年収に問題がない人でも、信用情報に問題があれば、審査に落ちてしまう可能性があります。

普通に生活をしていれば、信用情報に傷がつくことはないと考える人もいますが、奨学金や携帯の機種代を支払うためのローンの返済が遅れた場合は、信用情報に記載されてしまうことになります。

そのため、これまでキャッシングの利用をしたことがないという人でも、信用情報が原因で審査に落ちてしまうことは珍しくありません。審査を受ける前には、信用情報に傷がつくことをしてこなかったかを確認しておくことがおすすめです。

商品購入の1円の節約をするよりクレジットカードでお得倍増計画

あなたの日常生活は現金派?

それともクレジットカード派?

もしもあなたが現金派なら、節約する前にクレジットカードを作ってみませんか。

現金を使ってお買い物するより、クレジットカードの方が断然お得です。

お金がないのにクレジットカードなんか持てないと思っているあなた、そんな人こそクレジットカードがお得。

なぜクレジットカードがお得なのか?

そのメリットとは?

現金を使ってもポイントは貯まりませんが、カードを使うとポイントがつきます。

現金でも、店舗によってはポイントが付くからという反論もあるかもしれませんが、カードなら、ポイントの付かないお店でお買い物しても、光熱費などの支払いをしてもすべてのポイントをまとめて受け取ることができるのです。

更に、メールなどで案内されるポイント倍増時期には、エントリーすることで、ポイントが10倍になったり、更に、もらったポイントを1ポイント1円として使えるカードも存在します。

更に、更に、お店のポイントとクレジットカードに付くポイントがダブルポイントになる場合もたくさんあります。

こんな機会逃す手はありません。

まだクレジットカードを持っていないというあなたなら、初めてカードを作るだけで数千円分を、商品券や、ポイント、現金などで還元してくれるカード会社もあります。

まもなく日本も現金レス時代突入です。

まずは、お好みのクレジットカード入会金狙いから始めてみてはいかがでしょうか。

上手に使うことで、1円を節約するお買い物より、クレジットカードの方が断然お得間違いなし!

この機会にご検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンで返済の負担を軽くしよう

キャッシングやカードローンはいざという時にお金を借りられるので便利な融資サービスですが、複数の会社からお金を借りてしまいますと、月に何度も別々の会社に返済をしなくてはいけませんので、経済的な負担になったり、時間的な手間が発生してしまいます。それを解消するには、返済の窓口を一つにするというのが良い方法です。

キャッシングの返済の窓口を一つにするには、おまとめローンを利用します。おまとめローンは利用者が現在利用しているキャッシングやカードローンで借りた債務を全額返済する為の融資を行なってくれます。利用者は借りたお金で全額返済し、その代わりに新たなローンとしておまとめローンで借りたお金を月々一定額返済していきます。結果的に返済の窓口を一本化出来ますので、利用者の経済的な負担や時間的な負担が減ります。

おまとめローンのメリットを検証する

おまとめローンのメリットは主に二つあります。一つは借金の管理を簡素化できること、もう一つは金利が下がる可能性があることです。よく言われている月額の返済額が減るというメリットは、逆に総返済額を増やす可能性があるということを覚えておきましょう。

おまとめローンのメリットの一つである借金の管理を簡素化できることは文句なくメリットと考えられます。おまとめローンを利用する人は多重債務者ですから、それぞれの金融機関での金利や返済日に借り入れ額などが違っており管理だけで結構大変であることは間違いありません。

もう一つのメリットの金利は、ほとんどの場合金利は下がりますが、劇的な金利変化がある場合はほとんどありません。おまとめローンを利用する場合でも返済シュミレーションはしっかりしておきましょう。

借り換えタイミングは金利が低くなる時

キャッシングでお金を借りている場合金利が10%以上というのが当たり前ですがその10%という中にも15であるのか13であるのかという違いがあったりするわけです。借り換えのタイミングというのは当然ながら金利が安くなるというのであればそれがまさに借り換えタイミングと言えるでしょう。

随時返済によって今借りているところを返して新しい所から借りるということはかなり頻繁に行われていることですし、そのために手数料がかかるということもほとんどないです。

あとどのぐらい残金があるのかということも含めて考えた方が良いのですが金利が安くなるのであれば基本的に切り替えることを検討するのは決して悪いことではないです。少なからず自分が得をするのですから問題はないでしょう。

お金が急に必要なら即日融資可能なキャッシングでお金を借りよう

ある日突然急にお金が必要になってしまい、財布はもちろんのこと銀行にもお金が入っていないということになると困りますよね。そういった時におすすめなのが即日融資可能なキャッシングです。キャッシングに申し込みをしてから審査そして融資まで即日でしてくれる消費者金融が多く、即日融資ならば急な出費にも対応することができます。

申し込みもネットのみで完結させることが可能で、本人確認書類さえ用意すれば手軽に融資をしてもらうことも可能となります。申し込みから融資まで誰とも会わずに、パソコンが無くてもスマホのみでも申し込みが可能なのでとても便利です。

急な出費でお金が足りなくなり、知り合いや家族など誰にも借りることができなくて困った時には、キャッシングを利用することがおすすめです。

大学生でもキャッシングを受ける事は可能なの?

大学生の方で急にお金が必要となり、お金を工面するのに大変な思いをしたと言う方はいらっしゃらないでしょうか?その際には様々な方法や手立てがあったと思いますが、実は大学生でもキャッシングを受けることが可能です。

大学生と言うことで収入はほとんどないと思いますが、ある程度の収入があり、キャッシングを受けた際の返済能力があるとみなされた場合には、消費者金融や銀行によって一定の金額を借り入れることが可能です。またそのような大学生に対し、優遇されたプランや返済方法がある場合もあります。もしそのようなところでキャッシングを行いたいと言う方はインターネットなどから検索を行い、実際にキャッシングをしてみると良いでしょう。

キャッシングは年齢も影響する?

誰もが手軽に申し込むことができる消費者金融や銀行カードローンですが、年齢によって審査や利用に影響が出てくるケースもあります。

キャッシングは基本的に返済の見込みがある方でなければ利用することはできないため、高齢の方になればなるほど審査や借入の限度額などが制限されることもあるのです。

正社員としてバリバリ働いている時期であれば収入に応じて限度額を増やしていくことが可能ですが、定年退職後に別の仕事を始めたとしても収入が減少するケースも多く、そこからさらに収入を上げていくことが難しいと予想されてしまうため、収入に応じて借入できる金額も少なくなってしまいます。

またキャッシングは未成年が利用することはできないので、若過ぎる場合は申し込み自体を行なうことができません。

アルバイトでのキャッシング審査

私は、長年勤めた会社を首になり、現在はアルバイトで生計を立てています。やはり、以前より給料がかなり低いので、足りない分を補うためにキャッシングをすることにしました。

キャッシング事態、サラリーマン時代に何度かの経験はあるのですが、正社員でのキャッシングでアルバイトの身でのキャッシングは初めてでした。とりあえず、銀行系のカードローンに審査を申し込んでみました。サラリーマン時代はすぐに審査に通り100万円の限度額がありました。

今回はアルバイトのため、限度額は愚か審査に通るかも心配でした。でも、案外審査はあっさりと通ってしまいました。しかし、限度額は20万円程でした。アルバイトではこれが限界なのでしょうか。

利息を比較してみた!キャッシング業者とクレジットカードだとまさかの結果

気軽に使ってしまいがちなクレジットカードのキャッシング。しかし、キャッシングをするならばキャッシング業者のカードを作るべきです。「キャッシングは利息が高い」というイメージから敬遠している方も多いでしょうが、利息を実際に計算し比較してみると驚きの結果になりましたのでお知らせします。

例えば10万円をキャッシングして、月々2万円を払い5ヶ月間で完済するものとします。どちらも金利は一般的なキャッシングの際の年率18.0%とすると、合計の利息はクレカですと4,762円ですが、キャッシング業者の場合はなんと3,137円と大幅に安くなります。その秘密は「無利息期間」。

大手のキャッシング業者は初めての方を対象に30日間の無利息キャンペーンを行っており、その結果クレジットカードキャッシングよりも大幅にお得な金利で借入が出来るのです。もうクレカはショッピングのみにして、キャッシングするならば迷わずキャッシング業者に申込みしましょう。

キャッシングの利息に対して不安があるのなら

キャッシングでお金を借りたいけれど、支払う利息に対して不安を感じる人もいるでしょう。銀行や消費者金融であれば、法で定められた範囲内の金利となるため、安心して利用をすることができるようになっていますが、完済までの期間が長くなれば支払う利息が増える原因となります。そのため、利息に対して不安を感じるのであれば、まずは短期間での完済を目指すことがおすすめです。

キャッシングの返済方法として主流になっているのが、リボ払いです。月々の返済が少なくて済むというメリットがありますが、その分完済までの期間が長くなります。

そのため、少しでも利息を少なくしたいのであれば、余裕があるタイミングで繰り上げ返済や一括返済を活用し、借入期間を短くする努力をしてみると良いでしょう。

消費者金融の金利の設定のどのように決まるの?

消費者金融は下限金利~上限金利といった表記をされているので実際に適用される金利がどうなるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の金利の設定はどのように決められるのか紹介していくので参考にしてみましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをして審査が可決されると契約手続きに入ります。その時に限度額が提示されますが、大きくなるほど金利が低く設定されます。

そのため多額の借り入れをする場合は下限金利に近い設定、少額の借り入れをする時は上限金利に近い設定になります。また初めて利用する人は実績がないので業者側からの信頼度もあまり高いとは言えません。そのため初回利用時は上限金利が適用されるのでしっかり覚えておきましょう。

転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。

丁寧な対応をしてくれるカードローンは安心

基本的にカードローンを実施している銀行や消費者金融では、丁寧な対応をしてくれるケースがほとんどです。しかしカードローンの実施している銀行や消費者金融によっては、威圧的な態度を取る場合もあるので、注意しなくてはいけません。

特に遅延や滞納をした時、威圧的な態度を取られてしまうと精神的な苦痛が発生してしまいます。そのような状況を回避するため、丁寧な対応をしてくれる銀行や消費者金融を選択しなくてはいけません。遅延や滞納をした時も親身になって、話を聞いてくれて、色々とアドバイスをしてくれる銀行や消費者金融もあります。

また女性は女性専用のカードローンを選択することで、丁寧な対応をしてくれる女性が応じてくれるので、安心して利用できるようになります。

クレジットカードのキャッシング枠を正しく理解していますか?

今やキャッシングは、4人に1人が利用していると言われていることがあります。クレジットカードにもキャッシング枠を契約しているといったことも少なくはありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠について正しく理解していないことも多く、注意しなければ大きな問題に繋がります。

そもそも、クレジットカードのキャッシング枠がショッピング枠と別物と考えているケースがあります。ですが、実際にはショッピング枠とキャッシング枠は利用限度を共有しており、例としてショッピング枠70万円とキャッシング枠枠が30万円という場合、トータル100万円という訳ではありません。

実際には、ショッピング枠のうち30万円分がキャッシングに割り当て可能ということであり、限度まで利用するとショッピングには40万円しか使えません。一方、ショッピングに60万円を利用しているとキャッシングは10万円となります。特に新社会人の方やキャッシングが初めてという方はしっかりとシステムを理解することが重要です。

短期アルバイトでもキャッシングは可能?

アルバイトであってもキャッシングを行なうことは可能なのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンでは申し込みの際に職業や雇用形態による基準は設けられていないため、収入があればキャッシングに申し込むことが可能です。

そのためアルバイトであってもキャッシングを行なうことは決して不可能ではありません。

ただし短期アルバイトの場合は少し事情が変わり、金融機関側が基準としている「安定した収入がある方」とはみなされない場合もあります。

とくに短期アルバイトの場合は、融資の前に必ず行われる在籍確認において確認がとれないケースもあり、申し込んだ人間が短期アルバイトの雇用期間終了後すぐに次のアルバイトを始めるという保証もないため、審査が通らない可能性が高くなってしまうのです。

多くの地域に存在している自動契約機のキャッシング申込

すでにたくさんの人がキャッシングの申込をする為に自動契約機を利用しています。自動契約機は、他の方に顔を合わせる心配がないので、安心して申込をすることができるようになっています。集中してキャッシングの申込を実施できるようになっており、手続きを実施できるように環境が整えられているのが特徴になります。

自動契約機でキャッシングの申込をしたからといって、審査が急激に厳しくなるということは一切ありません。他の申込方法と同様に審査を実施していき、問題なければ、無事に申込を完了させる事ができます。何か分からないことがある時は、自動契約機を通じてスタッフとコミュニケーションを取れるようになっており、色々と質問できるようになっています。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

キャッシングは学生でもできます

学生でも20歳以上ならキャッシングすることは可能です。特に一人暮らしをしている学生ならお金がどうしても足りなくなってしまってピンチということは比較的よくあることだと思います。そんな時に使えるキャッシング枠をゲットしておくと緊急時にはとても役立つでしょう。

学生でもキャッシングの審査に通過できる消費者金融は意外と多く存在しています。ただし銀行系のキャッシングの場合には消費者金融よりも、学生の審査通過は厳しいという現実もありますから、確実に審査に通過したいのであれば消費者金融のキャッシングに申し込むのが一番でしょう。学生でもアルバイトを長く続けている場合は、意外とすんなりとキャッシング審査に通過することができるのであまり心配しなくても良いでしょう。

キャッシングと利息の計算

キャッシングをするなら忘れてはいけないのが利息計算です。

つまり、自分がいくら借りていつまでに何回で返すと利息がいくらになるのかを把握しなくてはならないということです。

ただ利息の低いキャッシングを求めて申し込みするのではなく、それぞれのキャッシングの上限金利なら自分が最終的にいくら利息を支払う事となるのか計算をするのです。

すると、利息だけでそんなに支払わなくてはならないのかと自覚が出ます。

自覚すれば、利息を減らす為になるべく繰り上げ返済をしようと心がけるでしょう。

毎月、元金の返済プラス利息の支払いをしていくことになるので、月々の返済額をアップすればその分元金は早く減らしていけます。

早く減らせば完済も早まる為、利息を支払うのも終わりが早まるのです。

キャッシング審査に通って喜んでいないで、まずは自分の支払う予定の利息計算をしましょうね。

キャッシングの借り換えタイミングとは

消費者金融や銀行からお金を借りるというのは、最初はドキドキすると思います。

しかし、審査に通ると案外アッサリとお金は借りられてしまうので、気付いたらあちこちでお金を借りてしまっていたり思った以上に借りてしまったりする場合もあります。

そうなると、現在の自分の収入では返済していくのが難しかったりあちこちに返済をする面倒をなんとかしたいという場合があります。

そんな時が借り換えのタイミングです。

例えばあちこちでの借金を一本化する事で月々の返済を楽で分かりやすくしたり、金利の低い所で借り換えることで返済を楽にするという利点の為です。

金利の低いところへ借り換えすれば返済総額は抑えられますので思いついた時が借り換えのタイミングですね。

しかし、ここで注意したいのは毎月の返済額をあまり少なくしていると金利の低いところで借り換えしても結局は返済総額が減らない事があるということです。

毎月の返済額が少ないのは長く返していかないとならないという事なのだと理解しましょう。

キャッシングの申し込み時に必要になる書類について

比較的容易にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、その申し込み時には本人確認が行われます。この本人確認についてはパスポートや運転免許証などを提示することでキャッシングへの申し込みをした人物が本人であるかの確認が行われるようになってします。

そのため、初めて消費者金融のキャッシングに申し込みをする際には本人を確認できる書類の用意を忘れないようにしましょう。また、50万円以上の借り入れを希望する場合には本人を確認できる書類のほかに収入を証明できる書類の準備も必要になってきます。もしも、収入を証明できる書類の提出ができないと、50万円以上の金額の借り入れができなくなってしまうので注意が必要です。