消費者金融の金利の設定のどのように決まるの?

消費者金融は下限金利~上限金利といった表記をされているので実際に適用される金利がどうなるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の金利の設定はどのように決められるのか紹介していくので参考にしてみましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをして審査が可決されると契約手続きに入ります。その時に限度額が提示されますが、大きくなるほど金利が低く設定されます。

そのため多額の借り入れをする場合は下限金利に近い設定、少額の借り入れをする時は上限金利に近い設定になります。また初めて利用する人は実績がないので業者側からの信頼度もあまり高いとは言えません。そのため初回利用時は上限金利が適用されるのでしっかり覚えておきましょう。

転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。

丁寧な対応をしてくれるカードローンは安心

基本的にカードローンを実施している銀行や消費者金融では、丁寧な対応をしてくれるケースがほとんどです。しかしカードローンの実施している銀行や消費者金融によっては、威圧的な態度を取る場合もあるので、注意しなくてはいけません。

特に遅延や滞納をした時、威圧的な態度を取られてしまうと精神的な苦痛が発生してしまいます。そのような状況を回避するため、丁寧な対応をしてくれる銀行や消費者金融を選択しなくてはいけません。遅延や滞納をした時も親身になって、話を聞いてくれて、色々とアドバイスをしてくれる銀行や消費者金融もあります。

また女性は女性専用のカードローンを選択することで、丁寧な対応をしてくれる女性が応じてくれるので、安心して利用できるようになります。

クレジットカードのキャッシング枠を正しく理解していますか?

今やキャッシングは、4人に1人が利用していると言われていることがあります。クレジットカードにもキャッシング枠を契約しているといったことも少なくはありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠について正しく理解していないことも多く、注意しなければ大きな問題に繋がります。

そもそも、クレジットカードのキャッシング枠がショッピング枠と別物と考えているケースがあります。ですが、実際にはショッピング枠とキャッシング枠は利用限度を共有しており、例としてショッピング枠70万円とキャッシング枠枠が30万円という場合、トータル100万円という訳ではありません。

実際には、ショッピング枠のうち30万円分がキャッシングに割り当て可能ということであり、限度まで利用するとショッピングには40万円しか使えません。一方、ショッピングに60万円を利用しているとキャッシングは10万円となります。特に新社会人の方やキャッシングが初めてという方はしっかりとシステムを理解することが重要です。

短期アルバイトでもキャッシングは可能?

アルバイトであってもキャッシングを行なうことは可能なのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンでは申し込みの際に職業や雇用形態による基準は設けられていないため、収入があればキャッシングに申し込むことが可能です。

そのためアルバイトであってもキャッシングを行なうことは決して不可能ではありません。

ただし短期アルバイトの場合は少し事情が変わり、金融機関側が基準としている「安定した収入がある方」とはみなされない場合もあります。

とくに短期アルバイトの場合は、融資の前に必ず行われる在籍確認において確認がとれないケースもあり、申し込んだ人間が短期アルバイトの雇用期間終了後すぐに次のアルバイトを始めるという保証もないため、審査が通らない可能性が高くなってしまうのです。

多くの地域に存在している自動契約機のキャッシング申込

すでにたくさんの人がキャッシングの申込をする為に自動契約機を利用しています。自動契約機は、他の方に顔を合わせる心配がないので、安心して申込をすることができるようになっています。集中してキャッシングの申込を実施できるようになっており、手続きを実施できるように環境が整えられているのが特徴になります。

自動契約機でキャッシングの申込をしたからといって、審査が急激に厳しくなるということは一切ありません。他の申込方法と同様に審査を実施していき、問題なければ、無事に申込を完了させる事ができます。何か分からないことがある時は、自動契約機を通じてスタッフとコミュニケーションを取れるようになっており、色々と質問できるようになっています。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

キャッシングは学生でもできます

学生でも20歳以上ならキャッシングすることは可能です。特に一人暮らしをしている学生ならお金がどうしても足りなくなってしまってピンチということは比較的よくあることだと思います。そんな時に使えるキャッシング枠をゲットしておくと緊急時にはとても役立つでしょう。

学生でもキャッシングの審査に通過できる消費者金融は意外と多く存在しています。ただし銀行系のキャッシングの場合には消費者金融よりも、学生の審査通過は厳しいという現実もありますから、確実に審査に通過したいのであれば消費者金融のキャッシングに申し込むのが一番でしょう。学生でもアルバイトを長く続けている場合は、意外とすんなりとキャッシング審査に通過することができるのであまり心配しなくても良いでしょう。

キャッシングと利息の計算

キャッシングをするなら忘れてはいけないのが利息計算です。

つまり、自分がいくら借りていつまでに何回で返すと利息がいくらになるのかを把握しなくてはならないということです。

ただ利息の低いキャッシングを求めて申し込みするのではなく、それぞれのキャッシングの上限金利なら自分が最終的にいくら利息を支払う事となるのか計算をするのです。

すると、利息だけでそんなに支払わなくてはならないのかと自覚が出ます。

自覚すれば、利息を減らす為になるべく繰り上げ返済をしようと心がけるでしょう。

毎月、元金の返済プラス利息の支払いをしていくことになるので、月々の返済額をアップすればその分元金は早く減らしていけます。

早く減らせば完済も早まる為、利息を支払うのも終わりが早まるのです。

キャッシング審査に通って喜んでいないで、まずは自分の支払う予定の利息計算をしましょうね。

キャッシングの借り換えタイミングとは

消費者金融や銀行からお金を借りるというのは、最初はドキドキすると思います。

しかし、審査に通ると案外アッサリとお金は借りられてしまうので、気付いたらあちこちでお金を借りてしまっていたり思った以上に借りてしまったりする場合もあります。

そうなると、現在の自分の収入では返済していくのが難しかったりあちこちに返済をする面倒をなんとかしたいという場合があります。

そんな時が借り換えのタイミングです。

例えばあちこちでの借金を一本化する事で月々の返済を楽で分かりやすくしたり、金利の低い所で借り換えることで返済を楽にするという利点の為です。

金利の低いところへ借り換えすれば返済総額は抑えられますので思いついた時が借り換えのタイミングですね。

しかし、ここで注意したいのは毎月の返済額をあまり少なくしていると金利の低いところで借り換えしても結局は返済総額が減らない事があるということです。

毎月の返済額が少ないのは長く返していかないとならないという事なのだと理解しましょう。