知っておきたい総量規制の言葉と意味

お金を借りるときまたはカードローンを作るときに総量規制の影響を受けるか対象外かという確認は大事なことです。そしてお金を借りたい時に総量規制の言葉と意味を知っておくことは大事なことです。

大手消費者金融で借りると総量規制の影響を受けます。これから借りる分は今まで借りている分も含めて年収の3分の1までしか借りれないという制度です。借りすぎないようにする制度ではありますが、これの影響を受けるところで借りようとすると借りれる額は必然的に決まります。

この総量規制の対象を受けないのが銀行のカードローンです。借入希望額に達するかは審査次第ではありますが、年収の3分の1を越えるお金を借りることも可能になります。しかも、金利も優遇される場合が高いです。

年収が、ある方や借入額を高くしたいかたは銀行のカードローンの審査を申し込んで見てください。

消費者金融と銀行関連の借入は拮抗しているレベル

消費者金融と銀行などの借入の額というのは基本的に拮抗している状況であるといえます。

平成27年度の借入額の調査では消費者金融が貸し付けている残高はおおよそ6兆円であるのですが、

銀行のカードローンなどといった個人向けの貸付残高はおおよそ5兆円、信用金庫が同様の貸付を行っている分については6000億円弱といったところでありますので、

正h氏や金融が若干大目という感じになってはいますが、おおよそバランスよく取れているようになっているのであります。

バランスよく顧客の状況に応じて両者がバランスよく管理が出来ているというような状況であり、

用途や俗世などによってしっかりとしたお互いにすみわけが出来ているというわけなのです。

住宅ローンの借り換えのタイミング

現在、マイナス金利政策の影響もあって、住宅ローンの金利は低いままとなっています。そのため、借り換えを検討している人も多いのではないでしょうか。

現在、変動金利で借りているような場合は、このまま未来永劫低金利が続くとは限りませんし、ローン金利が上昇するというメディアも存在しますから、固定金利タイプへ借り換えを検討するタイミングかもしれません。
ただ、同時点では、固定金利は変動金利よりも高くなっってしまいますから、返済総額は上がってしまう可能性がありますから、よく検討することが大事です。

また、会社の業績が悪く、ボーナスが大幅にカットされたり、収入が減ってしまった場合も、仮換えのタイミングといえます。

金融機関によっては、返済年数を延ばしたり、毎月の返済額を抑えることも可能となりますから、一度銀行に相談してみるとよいでしょう。
一方、子供独立して支出が減ったような場合にも、借り換えのタイミングといえます。

ゆとりができて繰り上げ返済を検討するような場合は、繰り上げ返済時の手数料が少ない住宅ローンを選ぶとよいでしょう。
住宅ローンの借り換えには、手数料や登記料などがかかりますから、きちんとタイミングを選ばないと、かえって損をしてしまうこともありますから、いくつかの住宅ローンを検討してみるようにしましょう。