月イチでOK簡単貯金術!

貯金って貯めるつもりはあってもなかなか貯まらないこと、多くないですか?

今回は、私自身が実践していて、これで毎月必ず一定の額を貯金している方法を紹介します。

①準備するもの

・給与振込用の銀行口座

・貯金用の銀行口座

②すること

・給与振込日に給与振込用の銀行口座に行きます。

・貯金したい額を降ろします。

・そのまま貯金用の銀行口座に振り込みます

以上です。

ポイントは給与振込日にすること。

余った給料を後から貯金しよう?と思うから貯金が貯まらないのです。

給与振込用の銀行口座から真っ先に貯金分の金額を抜いてしまい、貯金用の銀行口座は振込専用、絶対に引き出さないようにしておけば、ただただ貯まっていくだけなのです。

私はこの方法で毎月きちんとお金が貯まっていっています。

そろそろその貯まったお金で運用してもいいかな?ぐらいは貯まってきました。

貯める金額は無理のない態度がオススメです。張り切ってしまうと、生活にダイレクトに響くので、結局、貯金用の銀行口座から引き落としてしまう…なんてことになってしまいます。

それでは結局貯まらないので、絶対に手をつけないように、無理のない範囲で始めましょう。

それから、余った給与は次の次の給与と一緒に、貯金用の銀行口座に振り込むと、さらに貯金は増えますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

細々した節約よりも一発で数万円を目指すなら。

クレジットカードを契約したり、ネットを引いたりする時には普通にネットから検索すると思います。

実は一つのクッションをおくだけで数万円程の収益を得る事が出来ます。それはセルフバックと言う制度です。

アフェリエイトと言うのは自身のブログで商品を紹介し、閲覧者がクリックしたり購入・契約する事でキックバックを得る事ができるシステムです。それを自分の契約の時に活用するのです。

実際にブログがあるわけではありませんが、会員登録する事でセルフバックのページに行く事が出来ます。そこからお目当ての商品や契約項目があれば、セルフバックを受ける事が出来ます。

クレジットカードはキャンペーンをしているチャンスを狙います。ゴールドカード等になると3万円程のセルフバックもあります。普通のクラスのカードでも数千円になる事もあります。狙ったクレカを契約するのもいいですが、特に無い時にはセルフバックの金額を大きい物だけを契約して使ってみて良かったら継続すると言う方法もあります。

注意する事は二回目移行はこのセルフバックは使用できません。一度っきりと言う事です。

ネットの回線も高額です。2万円近く報酬を受ける事が出来ます。

上手に活用すると、新規契約キャンペーンと合わせてお得になります。

貯蓄のススメ

自分が徹底しているのはまず「コンビニで物を買わない」という事です。自分の家のすぐ前にコンビニがあるのですがここではコーラ1本150円くらいで売っています。少し歩いたところにあるスーパーでは同じものが84円です。これだけでも倍近い差があるわけです。過去の自分なら手軽に利用できるコンビニで買い物をしていましたが「少し歩いてでも節約しよう」という意識に変えてからは前よりもお金が手元に残るようになりました。

もう一つは「必要のないものは極力売ってしまう」という事です。自分の部屋を片付けていた時の話なのですが、読まない本が大量にあり「捨てるのも手間だから全て売ってしまおう」と思いリサイクルショップに全て持っていきました。

100冊くらいあったのでかなり大変だったのですが「邪魔だし1000円くらいになればいいかな」程度に思っていました。それがなんと13000円にもなったのです。これには驚いてそれ以来買った物は売る時のことを考えて綺麗に使うようになりました。自分はよくゲームも買うのですが綺麗に保管すれば大体6000円で買った物が2500円くらいでは売れます。これはかなり大きい事だと思っていて「売れなくなる前に売ろう」という意識も大切です。

収入を増やすよりも支出を減らすことの方が楽だと思うので貯蓄するために少し意識を変えてみてはいかがでしょうか?

金利は低いけど消費でお得にする方法。

どれだけ銀行にお金を預けていても預けているだけでお金が増えていく時代がとっくに終わり、時代はキャッシュレス化へと急速に進んでいっているようです。その時代その時代で節約の仕方は変わる、ということを認識しなければなりません。ただ使わない、質素な暮らしを心掛ける、節約時にありがちな受け身の節約でお金がたまる時代ではありません。

生きていく上で今は昔と比べて消費しなければ生きていけません。食べていければいい、といっても子供の教育費はかかりますし、車も必要ですし、家族一台のスマートフォン、インターネット回線、昔ながらの火鉢で燃料費をけちるわけにも井戸水を利用することもできません。

現代人が必ずしなければならない消費一つ一つ、お金を払うアクション一つ一つに工夫するのとしないのとでは消費する額が全然違うということは確かで現代の人の節約においてひと昔前にくらべて消費にも工夫できることがたくさんあることを無視してはいけません。

インターネット回線があるのなら電気代の支払いの紙を手にしたらさてどうやって支払うのが一番得かインターネット検索をフル活用して調べてみてください。節約のしようがないと思われている税金でさえ、今より安く支払うことができるのです。知らない支払い方法が怖いなら知らないではなく知っている支払い方法にするためにも一度試すことから始めてみましょう。

お釣りを有効活用

私が特にやっている貯蓄方法は会計をする時にあえてお釣りをもらうことです。

なぜかというと、そこでもらったお釣りは自分の目的のために利用したいのがその理由です。

私の場合は、特にバスを利用する時に手元に1円もない状態だととても困るので徹底的に貯める努力をしている真っ最中です。

特にもらって嬉しい硬貨は10円玉と100円玉です。

この硬貨だとたとえバスの方にお金を使っていなくても自販機でジュースを買ったりまたは場合によっては公衆電話を使う時にあったらとても便利です。

特に公共の場所だと何かと10円玉と100円玉を利用する回数が多いのであったら助かります。

このように応用が利くのが一番いいのでお釣りをもらうことにしています。

それに、大きなお金を崩してしまうのがもったいないと思っている方でもお釣りをもらって貯蓄をすると全くと言っていいほど損した気持ちにはならないのでしっかりと活用するための別の手段が立てやすいです。

特に主婦の方などにオススメしたい貯蓄方法です。

お釣りなのでそのあと何に使うのかを自分で決めることが出来て貯蓄をすると貯まっていく実感を味わうことができるのがこの貯蓄方法の魅力だと考えました。

興味がある方は是非実践して欲しいです。

銀行口座の使い分けを行うようにしています

1つの銀行口座しか持っていないとどうしてもお金の管理を行いにくくなってしまいます。

そこで貯蓄専用の口座を作ることにしました。

ネットバンクの口座を貯蓄専用にして、その口座のお金には手を付けないようにしています。

コンビニのATMで引き落としを行うことはできますが、そうなると安易に使ってしまうということがあるので、それを避けています。

ネットバンクの場合には利息もかなりよいので、お金を預けているだけでも少しは貯蓄に繋がっているんじゃないかなと思います。

銀行口座をそのまま貯金箱のような感覚で利用をしているので、どれくらいのお金が貯まっているのかということも一目瞭然です。

またネットバンクと連動をさせることができる家計簿ツールも使い、引き落としもどれくらいの金額なのか分かるようにしています。

そうすることによって自分の収支もすぐにわかるようになり、お金を使いすぎてしまった場合にはどういう点を削除することができたのか、節約をすることができたのか考えることができます。

ただ漠然とお金を使うのではなく、計画的に使うことができるようになったのも銀行口座の使い分けがあったからこそだと思います。

アプリでも口座をチェックすることができるのも便利です。

余裕をもって、身の回りのATM環境を調べてから、銀行口座を開こう!

この春から新生活を迎えられる方も多いことでしょう。そこで最初に考えなきゃいけないのが、自分の銀行口座をどこに開くかということ。

もちろん、スマホ等で使えるオンラインの金融機関を選ぶことも大事だけれど、まだまだ日本は現金が強いから、ATM選びが大事。自分の生活圏で便利な位置にあるATMはどこかをよく考え、そのATM手数料が小さくなるような金融機関選びというのも一つの方法です。

今どきは、銀行は利子が非常に低い中で、自分が現金を引き出すときに度々ATM手数料を支払っていたのでは目減りするばかり。あなたのお金を有意義に使うためにも、これはとても大事なこと。

コンビニのATMでも、提携していて使える銀行もありますし、平日の日中と夜間などの時間帯や土日祝日の扱いが違うこともありますので、よく研究した上でどこの銀行に口座を開くとお得か、よく考えてみましょう。

 既にお持ちの銀行口座を活用できるならそれでいいでしょう。口座開設には、ネット専業銀行と店舗を持つ銀行とに大別できます。実際に自分が店頭に行って申し込む店舗型銀行の多くの場合、健康保険証などの身分証明書と現金(1000円以上が望ましいでしょう)、それに印鑑を持って行けば口座開設できる場合が多いですが、マイナンバーを求める金融機関もあります。

ネット専業の場合、実店舗型の銀行での必要書類に加えて、未成年者には親権者の同意を示す書面を求める銀行も多いので、ホームページなどで確認して早めに対策する必要があります。

 印鑑は100円ショップでも売られているとはいえ、それは同じ印鑑を買って使えるという危険性でもあることから、慎重に考えて銀行用の印鑑を使うことをおすすめします。

ポイントを貯めるためのポイントサイト経由術

たとえば、ヤフーであればTポイント、ポンタポイントであればdポイント、WAONであればイオン系といったそれぞれがグループ会社であるため、関連しあっているポイントというものは少なくありません。だからこそ、すべてのポイントを極限まで貯めていって、最終的におまとめしたり、そのポイントを元に次のポイントを獲得するといった術を身に着けました。

そうすることで、知らないうちに、すべてのポイントを貯めていくことが可能になるからです。たとえば、ヤフーでしたら、ズバトクといったポチポチクリックするだけのサービスを、Tサイトでも宝箱を探したり、アンケートに答えると貯まるポイント、ローソンで買い物したら増えていくぽんたポイントが挙げられます。

また、PEXというサイトに行きますと、それらのポイントをおまとめできたり、ポイント間での交換もできるので、比較的一回の買い物で使用すればお得感がある使い方ができることが期待できます。なかでも私は、ヤフーで適度に買い物していると、半年間無料でプレミアム会員になることができる制度を利用して、会員特価価格の商品を購入したり、ポイントが3倍や5倍になるといった支払い方法であったり、日にちによってはクーポンが発行されるので、それらを抜かりなくチェックするようにしています。

節約も貯金も「ちりつも」の世界

節約の仕方などは沢山ネットに載っています。なるほどと思うものから それはうちもやってるよ、というものまで。節約は家庭によってかなり度合いが、変わってきます。例えば毎月2万円電気代がかかっているうちはちょっと方法を変えるだけで 2、3千円くらい減らすことができそうですが、毎月5、6千円の家庭ではそんなに減らすことはできません。

主電源ぬいたり無駄な電気はつけないなどしてもほんの、何十円の世界です。なんだそれならばかばかしい。と、思ったことも多々ありますが、塵もつもればで、生活は延々と続いていくもので、ばかばかしい小さな節約も何年も何年も生活していれば相当な差が出てきます。

私も一度はばかばかしく諦めましたが、常に節約と考えず当たり前にしてしまい細かい節約は実践しています。これといって目新しい節約方法があるわけではありません。ただ、毎月光熱費の請求書の数字をみるのを楽しみにやってます。下二桁でも前より少ないと、ちょっと嬉しいです。

貯蓄も同じです。毎月たった千円も何年もためていれば忘れた頃には、意外とこんなにたまってたの?と思います。500円玉貯金もよい例ではないでしょうか。毎月給料日に千円ずつでも引き落としで他の口座に貯めていけば、千円くらい、給料からなくなっても気にならないし、貯金してる感覚もなく、そのうち貯金していたことも忘れます。気づいたら 何年もそのまま毎月千円ため続け、なかなかの金額になっています。

ちりつも精神がないと、節約も貯蓄もなかなか難しいかもしれません。

私も時々節約はばかばかしくなってはきますが、ちりつも精神を忘れず実行しています。

私が普段している節約に関すること

私は元々お金を貯金することが苦手なタイプでしたが、今は節約するタイプです。今の仕事は教育関係の事務の仕事をしていますが、家から水筒を持っていって毎日とはいきませんがお茶代は節約できています。

ただ、やはり元々の生活がお金はあれば使っちゃおうと思う性格なので、無理はせずに、時間がないときは飲み物はどこかで買ったり、たまにはスタバに行くなどあまりストイックになりすぎてストレスが溜まらないようにすることは注意しています。

他には、小さなことになりますが、ポイントカードを活用することで少しでも出費をおさえるようにしています。例えば、dポイントが溜まるカードは最近だとマツモトキヨシやローソンやマクドナルドなど使えるお店が多い為、ポイントカードで節約ができます。

また、衝動買いをしないというのも節約になっています。元々洋服が好きなのでついついセールの期間に持っている似た商品を買ってしまいますが、衝動買いをしないと決めておけば買いすぎなくて済む為、節約につながっています。

美容室はホットペッパービューティーというサイトで探すことで、お店によってはクーポンがあるお店もあります。その為、なるべくクーポンがあるお店を予約してほんの少しでも節約をするようにしています。

あとは、毎月収入がどれぐらいに対して出費が多かったかなど振り替えるクセをたまにしています。頑張り過ぎると疲れてしまう為、たまにご褒美をしても問題なしと決めて無理なく節約をして貯金がいつの間にか増えていたというのが理想です。