地方銀行の総量規制までの自主規制はまちまち

総量規制を意識した自主規制が、地方銀行でもいくらか実行している企業があるようですが、結構少ないです。

明確に自主規制をしているものは数社ありますが、(広島銀行、京都銀行、百五銀行など)地方銀行の中でも、とくに大規模で歴史も長いものが多い印象です。

理由としては大手並みにでかいところでありますから、行政の目が厳しいのではないかということが考えられます。

逆に地方でも目立たないところですと、それほど影響がないためか自主規制をしていなかったり、規制があってもそれほど乗り気ではないレベルのようです。

地方銀行なら、まだ借り入れがしやすいところもありますので、ちょっと調べてみて借入しやすいところを探ってみるといいでしょう。

アイフルの公式スマホアプリのメリットとは

大手消費者金融のアイフルではスマートフォン向けの専用アプリの配信を行っており、このアプリをインストールすることで同社のサービスがより快適に利用可能となります。公式スマホアプリを導入することで得られるメリットを解説していきます。

・新規申込みができる

アプリを利用すれば時間や場所に関係なくいつでもアイフルのキャッシングサービスへ申込みができます。契約に必要な運転免許証などの書類もアプリからアップロードできるので来店不要で契約ができます。

・キャッシングができる

アプリを利用すれば専用のローンカードがなくてもセブン銀行ATMから原則24時間365日キャッシングができます。うっかりカードを忘れて外出しても便利にキャッシングができるのです。

キャッシングを行う消費者金融の選び方

現在ではキャッシングを行うことができる消費者金融や銀行が多く存在しています。キャッシングを行うにあたり、どのようなところからキャッシングを行った方が良いのでしょうか?

キャッシングを行うのにあたりどのようなことが重要視されるのかと言う事ですが、「大手でかつ信頼ができる消費者金融からキャッシングを行う」と言うことが挙げられます。先ほども述べました通り、多くの消費者金融や銀行がキャッシングを行っています。

ですからどのような所で借りるかと言うのを考えるにあたり、少しでも公に出てる信頼できそうなところから借りると言うことが1番良いと考えられます。また借りる業者によって金利が変わってきたりもしますので、自分に合った消費者金融や銀行からキャッシングを行うことが良いとされます。

アイフルのホスピタルローンを解説します

アイフルでは家族の高額医療費などをお得に借りることができるホスピタルローンという目的ローンがあります。同ローンサービスの詳細を解説していきます。

まず金利と利用限度額ですが2018年7月13日時点で実質年率は9.8%から12.0%、融資限度額は最高で100万円とされています。また借りたお金は契約者の家族の入院費用や高額医療費用として使うことができ、契約の際にお金の使いみちを証明できる書類(診断書や請求書など)の提出が必要となります。

なおホスピタルローンはあくまでの契約者の家族の医療費などに使えるローンであり、契約者本人の医療費に充てることはできません。本人の医療費を借りたい場合にはホスピタルローンではなくメディカルローンを契約しましょう。

消費者金融のカードローンをよりお得に使うには

消費者金融のいわゆるカードローンと呼ばれるサービスの中には、初心者の方を対象に一定の期間内の借り入れであれば利息が発生しない無利息期間があります。このような無利息期間内の借り入れに関しては一切利息が発生しないため、場合によっては時間外手数料を支払って自分の口座からお金をおろすよりもカードローンでお金を借りた方がお得になります。

カードローンを上手に使うことさえできれば簡単にお金を調達することが可能なのです。ただし、カードリーンの無利息期間に関しては実施していない消費者金融もあります。そのため、カードローンをお得に使いたいのであれば事前に各消費者金融のホームページで情報を収集し、無利息期間の有無について調査しておくようにしましょう。

女性専用キャッシング、アイフルのSuLaLi(スラリ)

キャッシングの利用者の7割は男性と言われています。一般的に、女性の方が借金には慎重な傾向があり、また、自動契約機に入っていくのを見られたら恥ずかしい、という心理も働くようです。

大手消費者金融では、女性の利用者を増やしたいという思惑から、女性を対象としたレディースキャッシングを行っています。初めのキャッシング利用でおススメしたいのがアイフルのSuLaLi(スラリ)です。

SuLaLiの特徴は、女性のオペレーターが対応する専用ダイヤルがあること、全ての手続きをWEBで済ませられるので自動契約機に出向く必要がないこと、そして、借入限度額が10万円という低めに設定されていることです。キャッシングを利用しているうちに、どんどん借金が増えていくのが不安、という女性の心理に配慮されていて、借り過ぎを防止してくれるようになっています。

想像していたよりずっと簡単だったアコムのキャッシング

仕事を始めて2年ほどです。そのころ年上の彼氏ができ、一緒に暮らし始めたときでした。お金の分担などは特にせず、わたしは食費を負担し、毎日の食事を用意していました。彼にもっと好かれたいと思い、高い服を買ったり化粧品を買ったりお金を使いすぎてしまいました。食費がどうしても足りなくなり、アコムに頼ることにしました。

自動契約機に入り、椅子が用意されていて、画面上で説明が始まります。外からはもちろん見えなくなっているので心配ありません。本人確認書類は保険証を用意していました。私は、とりあえず10万円申し込んだので、収入証明書などは必要ありませんでした。スムーズに契約は進み、備え付けの電話から電話がかかってきます。「50万円の融資が可能」とのことでした。契約書などにサインし、カードはその場ですぐに手に入れることができました。とても短い時間でおわり、悩む前にもっと早くキャッシングをすればよかったと思ったほどです。

アコムでキャッシングをする時の注意点は?

消費者金融でキャッシングをする時の大手で有名だからとかテレビCMをたくさん流しているかなどを理由でアコムを選んでしまう人が多いです。アコムは申し込みをしてから最短1時間で借り入れする事が出来るメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアコムでキャッシングをする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が緩いと言われていますが、アコムは安定した収入を得ていて返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまいます。アコムでキャッシングをする時は月々に一定の収入を得ておく必要があります。またアコムは金利が高く設定されているので多額の借り入れや長期の返済はなるべく避ける必要があります。

消費者金融で人気が高いアコムとプロミス!キャッシングをする時はどちらがいい?

消費者金融ではアコムかプロミスのどちらかを利用した方がいいと言っている人が多いです。それでキャッシングをする時にアコムとプロミスの2択にする人が多いですが、実際にどちらにするか決める時に悩んでしまいます。そこでアコムとプロミスのどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムとプロミスではまず最高金利の設定が異なります。アコムは18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されています。出来るだけ金利の設定が低い業者でキャッシングをしたい時はプロミスがオススメです。また限度額の設定も異なっていてアコムは最大800万円まで、プロミスは最大500万円までとなっています。高額融資を受けたい時はアコムがオススメです。

主婦がプロミスでキャッシングをする時の注意点

プロミスは利用条件の中に雇用条件が問われていないので正社員だけでなくパートやアルバイトでも利用する事が出来ます。しかし主婦の場合は利用する事が出来ない可能性が高いので注意しなければいけません。そこで主婦がプロミスを利用してキャッシングをするのはどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

プロミスは総量規制の対象になっているので収入を得ていないと利用する事が出来ません。それで主婦でも収入を得ておく事が大切になってきます。専業主婦だと収入がない状態なのでパートなどをして収入を得ている状態で申し込む必要があります。また借入希望額を多くしてしまうと審査で落とされてしまう可能性が高いので少なくするようにしましょう。

1000円単位で借りられるカードローンがオススメ

10万円までのちょっとした金額のみを借りたい方は、1000円単位で借りられるカードローンがオススメです。大手消費者金額やメガバンクでは1000円からの借入が可能ですが、一部で銀行振込みでは1万円単位となることが注意点です。

なぜ1000円単位で借りられるカードローンがオススメかと言うと、例えば5000円しか必要ないのに1万円借りないとダメで、5000円も余分に借りてしまうことになるからです。このような数千円の積み重ねが、借り過ぎてしまったという非常事態に追い込まれることになりかねないのです。特にクレジットカードのキャッシングは新たに審査を受ける費用がなく便利ですが、1万円単位の借入が多くて借り過ぎに要注意です。

キャッシングを利用している人の銀行ローンの活用

消費者金融会社でお金を借りる場合、キャッシングという融資サービスを利用するのが一般的であり、国内にある消費者金融会社ではキャッシングで個人への融資に対応しています。キャッシングを利用する事で、様々な用途で融資されたお金を使っていく事が出来ますが、キャッシングは総量規制という仕組みの対象になっており、貸金業法の下で運用されている為、総限度額が年収の3分の1までに制限されています。

総量規制による限度額の制限を避ける方法としては、銀行ローンの併用があります。銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは関係無しに運営されており、その為、総量規制の対象外となっています。銀行ローンの使い勝手は、キャッシングと同様であり、借りたお金をユーザーが好きな使い方を行えます。

利息もキャッシングよりも低めに設定されているケースが多く、特にネット銀行は利息が低いですので、キャッシングとの併用に適しています。提携ATMはグループ銀行のATMやコンビニATMが使えますので、場合によってはキャッシングよりも数多くのATMで融資や返済が出来ます。

銀行ローンを使う事で、キャッシングだけでは賄いきれない事を賄っていくことが出来ますので、銀行ローンとキャッシングの併用は効果的です。

申込方法が複雑だけど利用者が多い?みずほ銀行カードローンの2つのメリット

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている事が利用条件になっています。また申込方法によって融資スピードが異なるなど複雑な部分もあるので初めてキャッシングをする時に分かりにくいという声も聞かれます。しかしみずほ銀行カードローンは借入条件が良いので利用者が多いです。そこでみずほ銀行の借入条件の良さを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が14%で銀行カードローンの中でも低金利

銀行カードローンは上限金利が14.5%で設定されているのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンは上限金利が14%で設定されています。それで借り入れした時に加算される利息が少なくなるのでお得にキャッシングをする事が出来ます。返済する時の安心感も出てくるので他の銀行カードローンより上限金利が低く設定されているのはメリットになります。

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大1000万円までとなっていて多額の借り入れをするのにすごく適しています。限度額が高く設定されている点をメリットに感じてみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人も多いです。

モビットを利用する2つのメリット

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスと比較するとサービス面で劣ってしまう部分があります。アコムやプロミスは初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していますが、モビットは無利息サービスがありません。それにより初めて利用する時も初回の借り入れから利息が加算されるのでデメリットに感じてしまう人も少なからずいます。しかしモビットを利用するとメリットになる点もあるので会員数が多いのも事実です。そこでモビットを利用するメリットを見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

モビットは審査が即日回答されるので審査で問題が生じなければ即日融資を受ける事が出来ます。審査時間は最短で30分と言われていて遅くても1時間以内に終了する事が多いです。金欠の状態を解消する時に利用するとメリットになります。

・WEB完結申込を利用する事が出来る

モビットは自動契約機で申し込む事も可能ですが、WEB完結申込を利用してネット上ですべての手続きを完結する事が出来ます。それにより自動契約機などに出向く必要がなくなるのですごく便利です。またWEB完結申込を利用すると24時間いつでも借入可能なので自分の都合に合わせてお金を借りる事が出来ます。