1000円単位で借りられるカードローンがオススメ

10万円までのちょっとした金額のみを借りたい方は、1000円単位で借りられるカードローンがオススメです。大手消費者金額やメガバンクでは1000円からの借入が可能ですが、一部で銀行振込みでは1万円単位となることが注意点です。

なぜ1000円単位で借りられるカードローンがオススメかと言うと、例えば5000円しか必要ないのに1万円借りないとダメで、5000円も余分に借りてしまうことになるからです。このような数千円の積み重ねが、借り過ぎてしまったという非常事態に追い込まれることになりかねないのです。特にクレジットカードのキャッシングは新たに審査を受ける費用がなく便利ですが、1万円単位の借入が多くて借り過ぎに要注意です。

キャッシングを利用している人の銀行ローンの活用

消費者金融会社でお金を借りる場合、キャッシングという融資サービスを利用するのが一般的であり、国内にある消費者金融会社ではキャッシングで個人への融資に対応しています。キャッシングを利用する事で、様々な用途で融資されたお金を使っていく事が出来ますが、キャッシングは総量規制という仕組みの対象になっており、貸金業法の下で運用されている為、総限度額が年収の3分の1までに制限されています。

総量規制による限度額の制限を避ける方法としては、銀行ローンの併用があります。銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは関係無しに運営されており、その為、総量規制の対象外となっています。銀行ローンの使い勝手は、キャッシングと同様であり、借りたお金をユーザーが好きな使い方を行えます。

利息もキャッシングよりも低めに設定されているケースが多く、特にネット銀行は利息が低いですので、キャッシングとの併用に適しています。提携ATMはグループ銀行のATMやコンビニATMが使えますので、場合によってはキャッシングよりも数多くのATMで融資や返済が出来ます。

銀行ローンを使う事で、キャッシングだけでは賄いきれない事を賄っていくことが出来ますので、銀行ローンとキャッシングの併用は効果的です。

申込方法が複雑だけど利用者が多い?みずほ銀行カードローンの2つのメリット

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている事が利用条件になっています。また申込方法によって融資スピードが異なるなど複雑な部分もあるので初めてキャッシングをする時に分かりにくいという声も聞かれます。しかしみずほ銀行カードローンは借入条件が良いので利用者が多いです。そこでみずほ銀行の借入条件の良さを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が14%で銀行カードローンの中でも低金利

銀行カードローンは上限金利が14.5%で設定されているのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンは上限金利が14%で設定されています。それで借り入れした時に加算される利息が少なくなるのでお得にキャッシングをする事が出来ます。返済する時の安心感も出てくるので他の銀行カードローンより上限金利が低く設定されているのはメリットになります。

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大1000万円までとなっていて多額の借り入れをするのにすごく適しています。限度額が高く設定されている点をメリットに感じてみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人も多いです。

モビットを利用する2つのメリット

モビットは大手の消費者金融ですが、アコムやプロミスと比較するとサービス面で劣ってしまう部分があります。アコムやプロミスは初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していますが、モビットは無利息サービスがありません。それにより初めて利用する時も初回の借り入れから利息が加算されるのでデメリットに感じてしまう人も少なからずいます。しかしモビットを利用するとメリットになる点もあるので会員数が多いのも事実です。そこでモビットを利用するメリットを見ていく事にしましょう。

・即日融資を受ける事が出来る

モビットは審査が即日回答されるので審査で問題が生じなければ即日融資を受ける事が出来ます。審査時間は最短で30分と言われていて遅くても1時間以内に終了する事が多いです。金欠の状態を解消する時に利用するとメリットになります。

・WEB完結申込を利用する事が出来る

モビットは自動契約機で申し込む事も可能ですが、WEB完結申込を利用してネット上ですべての手続きを完結する事が出来ます。それにより自動契約機などに出向く必要がなくなるのですごく便利です。またWEB完結申込を利用すると24時間いつでも借入可能なので自分の都合に合わせてお金を借りる事が出来ます。