キャッシングの返済は融資以上に重要

キャッシングを利用する時、多くの人が融資に注目してしまい、返済を疎かにしてしまうケースが少なくありません。キャッシングの返済は、融資以上に重要な部分なので、お金を借りた以上、少しずつ返していかないといけないです。キャッシングを地道に返済することで、少しずつ返済実績を積み重ねることができます。

そしてお金を融資してくれた消費者金融から信頼を得られるようになるので、増額申請を通過しやすくなります。特に臨時返済を活用することができている方は、高い返済力を持っている人物としてアピールできるので重要なポイントです。万が一返済が滞ってしまうと遅延損害金と呼ばれる利息が発生してしまい、通常よりも高い利息支払わなくてはいけなくなるので要注意です。

カードローンの返済方法について

消費者金融のカードローンでは、毎月の返済日(返済期限)や返済最低額は消費者金融によって異なります。返済の方法は、ATMを使う、銀行振り込み、口座からの引き落とし等、いくつかある中から選ぶことができます。

最も多く利用されている方法は、ATMでの返済ですが、ATM利用手数料がかかったり、返済日や返済金額を間違えてしまう、といったミスもあります。そのため、毎月自動的に引き落とされる口座引き落としでの返済方法を選ぶ人もいますが、実はこれはあまりお勧めできません。

自動引き落としの場合、毎月一定額の返済になるため、借入期間が長引くことが多いのです。ATMでの返済なら、余裕がある時は余分に返済するという習慣を繰り返すことで、返済期間を短縮できます。

カードローンで利息を抑えるには、少しでも早く返済することが一番確実な方法です。

リボ払いによる返済の注意点について

急な出費に対応できるキャッシングサービスはとても便利なサービスですが、利用方法を一歩間違えば思わぬ落とし穴があるかもしれません。

その中でも代表的なものが、リボ払いによる返済です。リボ払いは毎月の返済額を決めて借入金を返済していく方法で、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

しかし、リボ払いの場合はキャッシングサービスをいくら利用しても毎月の返済額が変動しないので、資金管理が正確にできていなければ借入金の合計が把握しづらいというデメリットがあります。

気が付いたときには限度額いっぱいまで借り入れをしていたり、長期間高い金利を払い続けていることになったりと、リボ払いによる返済は注意が必要になります。

おまとめローンの審査が通らない時に考えること

おまとめローンは複数の借入を一本化する金融商品で、利用することが出来ればメリットが多い商品です。
しかし、一般的におまとめローンの審査は他のキャッシングの審査よりも厳しいので審査に通ることは簡単ではありません。

おまとめローンの審査に通らない時には、債務整理を検討することが合理的です。
おまとめローンの利用を検討したということは多重債務を持っており、返済が厳しくなっている場合が多いので、そのままでは返済がどんどん厳しくなってくることが考えられます。
おまとめローンは審査に通ることが必要ですが、債務整理ならばほとんどの人が利用することができますし、債務を大幅に減額できたり、債務すべてを免責することもできます。
債務整理のメリットとデメリットを考えて検討を始めるべきでしょう。

キャッシングでより怖いショッピング枠のリボ払い…

今やクレジットカードの多くにリボルビング払いすなわちリボ払いがあります。

一見、利用額に対して毎月に返済額が少ないといったメリットがあるものの、大きな問題を抱えることとなります。

そもそも、リボ払いの実質年利は約18%と貸金業法が適用される消費者金融の最大金利と同等です。また、大手消費者金融では金利を引き下げている傾向があり、実質的には15%以下の金融商材が多く提供されている状況にあります。

例え、金利3%の差は返済期間が長期化することで非常に家計を圧迫することに繋がり、返済苦どころか債務整理を引き起こす結果となります。

また、クレジットカードのショッピング枠におけるリボ払いについては、総量規制対象外であり契約者の利用し過ぎにより債務超過の原因ともなり得ます。

確かに毎月数千円程度の返済額で高額商品を購入出来ることは一時的に得をしたと思いますが、返済中に購入した商品も老朽化し、結果的には故障するということに成りかねません。

その結果、実物は手元に残らず借金だけが残り続けることとなり、実態のない物に対して毎月の返済を行うことに疑問を持つこととなります。もし、高額商品を購入する際はボーナス前後に現金払いを行うことを前提として、キャッシングを利用する方が断然お得です。特にボーナス時期は家電製品の様な高額商品の値下げが大きく、一時的なキャッシングでも大きな得をえることが出来ます。