キャッシングの限度額について大事な事

結婚式や車検など急にお金が必要になる事は生活をしている上でよくある事です。
準備できれば良いのですが、イキナリお金が必要になることも多いので、キャッシングを利用する事は効率的に利用する事でとても便利なものと言えます。

カードローンやキャッシングを利用する為には、必ず審査を受ける必要があります。
審査の時には個人の年収がどれくらいあるのかも必要になり、消費者金融会社の場合には総量規制の適用を受ける事から年収は大きな意味があると言えます。
消費者金融会社に限らずに年収は返済能力に係わって来るので大きなポイントと言えます。

一般的な流れとしては、審査に合格する事で、審査結果に応じてキャッシング可能な利用限度額が決まります。
審査に合格するかどうかを収入だけで考えて見ると生活しながら返済を続けて行けるかの収入があるかを審査される事になります。
利用限度額に年収が係わって来るのは最初の利用限度額よりも取引実績を積んでからの増額の方になるので、元金が増えれば返済金額も増えるので、返済能力は高い必要があります。
信用があっても返済するお金が足りなくてはどうしようもないので、利用出来る限度額が高くなれば年収の違いが大きくなるので理解しておく必要があります。

銀行カードローンは配偶者の契約だからといって安心していませんか?

銀行カードローンは、配偶者に収入があれば専業主婦でも契約が可能です。消費者金融の場合は、配偶者の同意が得られれば、配偶者貸付により融資は受けられるものの、家族バレが心配な場合には不向きです。銀行カードローンなら契約者自身の信用により融資は受けられるため、配偶者には影響が無いと考えます。

しかしながら、婚姻期間中の財産は、負債も含まれるため、配偶者自身も返済義務が残ります。例えば、妻や夫が内緒で無駄遣いしていた場合、離婚しても折半になる可能性があります。例え異議申し立てをしても、生活費に利用したのか、それとも無駄遣いなのか立証する必要があり、負債を回避するのは大変です。生活費として利用していたとしても、家計簿が無ければならないということです。

結果として、内緒の借り入れはリスク回避の為、避けることが重要と言えます。カードローンは利用明細はあるものの、何に利用したかまでは把握できないものです。借り入れと同時に贅沢をしていた場合、借り入れに頼っていなくとも利用したと見なされるケースもあります。特に債務整理を行う場合は利用目的を明確にしなければ、手続きの手間も掛かります。

もし、配偶者が内緒で借り入れしていた場合は、慎重な対応が重要です。

キャッシング審査では個人信用情報機関を参照します

キャッシング審査を受ける際には、申込みごとに金融業者は加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行います。本審査に入った段階で、スコアリング審査に通過した人に対してのみ信用情報照会を行なうことが多いです。なぜなら、スコアリング審査段階で即審査落ちする場合には、信用情報照会を行わずに審査落ちが決定するので、無駄な手間を掛ける必要が無いからです。個人信用情報機関には、銀行系・信販会社系・消費者金融系と3種類ありますが、信販会社系と消費者金融系は情報共有が貸金業法に基づき行われているので、実質的には銀行系と信販会社系の2種類を確認すれば足ります。

金融業者が加盟している個人信用情報機関しか参照出来ないので、キャッシング審査を受ける際には、銀行系と消費者金融系を1社ずつ同時申し込みする人が多いのは、加盟している個人信用情報機関の違いを利用して申し込み履歴をリアルタイムに知られないために活用するからです。個人信用情報機関は、金融事故情報や申し込み履歴だけでなく、毎月の返済事実も信用履歴として金融業者が登録しています。本人ならば、開示請求を行なうことで確認出来るので、誤った情報があれば金融業者経由で訂正依頼が可能です。