学生がキャッシング出来る条件について

キャッシングは仕事をしている人でなければ出来ないと思っている人は多いと思いますが、学生デモキャッシングは可能と言えます。アルバイト代が出る前に公共料金を支払わなければいけないなど理由は人それぞれですが、学生でもキャッシングを利用出来る大手の消費者金融、学生ローン専門の会社があります。

学生でも20歳以上でなければ借りる事は出来ないので、注意が必要です。それに加えて学生でもある程度の安定した収入がある人という事が条件になります。学生でキャッシングする場合には、免許証などの身分証明書が必要になるので、すぐに提示出来るように準備しておくとスムーズに借り入れが出来ると言えます。

学生でもキャッシングする事は可能なので、お金がどうしても必要な学生は利用してみると良いです。

カードローンの返済方法について

消費者金融のカードローンでは、毎月の返済日(返済期限)や返済最低額は消費者金融によって異なります。返済の方法は、ATMを使う、銀行振り込み、口座からの引き落とし等、いくつかある中から選ぶことができます。

最も多く利用されている方法は、ATMでの返済ですが、ATM利用手数料がかかったり、返済日や返済金額を間違えてしまう、といったミスもあります。そのため、毎月自動的に引き落とされる口座引き落としでの返済方法を選ぶ人もいますが、実はこれはあまりお勧めできません。

自動引き落としの場合、毎月一定額の返済になるため、借入期間が長引くことが多いのです。ATMでの返済なら、余裕がある時は余分に返済するという習慣を繰り返すことで、返済期間を短縮できます。

カードローンで利息を抑えるには、少しでも早く返済することが一番確実な方法です。

国道沿いで同じ場所に自動契約機が設置されているプロミスとSMBCモビットはどちらを選んだ方がいい?

消費者金融の自動契約機は駅前に設置されている事が多いですが、車で出かけると国道沿いにも設置されているのをよく見かけます。駅前に設置されている時は業者で分かれていますが、国道沿いでは一つの場所に複数の業者の自動契約機が設置されている事が多いです。特に三井住友グループの傘下に入っているプロミスとSMBCモビットが一緒に設置されているのを見かけますが、実際にどちらを選んだ方がいいのか見ていく事にしましょう。

プロミスとSMBCモビットを比較してみると金利、融資スピードはプロミスの方が優れています。プロミスは最高金利が17.8%で設定されていて申し込みをしてから最短1時間で借入可能です。しかしSMBCモビットは最高金利が18%で設定されていて申し込みをしてから借入可能になるまで2時間から3時間かかってしまう事もあります。借入条件を判断するとプロミスを利用した方がいいです。

アルバイトやパートの方でも安心して借りられる消費者金融のキャッシング

アルバイトやパートという働き方は短期間のものも少なくはなく、収入が安定しづらいというのが一般的なイメージです。そのため、アルバイトやパートという働き方をしている方の場合、どうしても借入審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまう傾向にあります。アルバイトやパートとして働いているとお金を借りたいというときに借りられないというケースも多々あるのです。

ただし、消費者金融のキャッシングではアルバイトやパートという働き方をしている人でも安心です。働き方を理由に借入審査に落とされてしまうことはないからです。短期契約のアルバイトやパートの方の場合、借入審査に落とされてしまう可能性は否定できませんが、長期契約のアルバイトやパートの方ならば収入は安定しているとみなされるので借入審査の結果に影響はありません。