キャッシングは限度額がそのまま総量規制というわけではない

キャッシングはいくら借りることができるのかというのは限度額が決められます。最初の審査でとりあえず決められる事になりますが、そこで重要になってくるのが総量規制というものです。消費者金融などの貸金業法が適用されるところでは総量規制というのがあり、貸付に関する総量が規制されているということになります。

具体的に言えば年収によって決められます。それが年収の1/3を超えないようにということです。つまりは、年収が300万円であれば100万円まで、ということになります。ただし、あくまで貸し付けることができる金額という話で申込みをして審査に通過すれば確実に設定してもらうことができる限度額というわけではないです。

月イチでOK簡単貯金術!

貯金って貯めるつもりはあってもなかなか貯まらないこと、多くないですか?

今回は、私自身が実践していて、これで毎月必ず一定の額を貯金している方法を紹介します。

①準備するもの

・給与振込用の銀行口座

・貯金用の銀行口座

②すること

・給与振込日に給与振込用の銀行口座に行きます。

・貯金したい額を降ろします。

・そのまま貯金用の銀行口座に振り込みます

以上です。

ポイントは給与振込日にすること。

余った給料を後から貯金しよう?と思うから貯金が貯まらないのです。

給与振込用の銀行口座から真っ先に貯金分の金額を抜いてしまい、貯金用の銀行口座は振込専用、絶対に引き出さないようにしておけば、ただただ貯まっていくだけなのです。

私はこの方法で毎月きちんとお金が貯まっていっています。

そろそろその貯まったお金で運用してもいいかな?ぐらいは貯まってきました。

貯める金額は無理のない態度がオススメです。張り切ってしまうと、生活にダイレクトに響くので、結局、貯金用の銀行口座から引き落としてしまう…なんてことになってしまいます。

それでは結局貯まらないので、絶対に手をつけないように、無理のない範囲で始めましょう。

それから、余った給与は次の次の給与と一緒に、貯金用の銀行口座に振り込むと、さらに貯金は増えますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

キャッシング枠を増額して貰うためには

日々のやりくりに困ってくるとキャッシングの増額が欲しくなります。ローン会社を増やすという手もありますが、返済の回数が増えてしまうので管理が難しくなります。そこで考えられるのは現状のローン会社からキャッシング枠を拡げてもらう事です。

返済が一社だけなら返済日が一定なので忘れるようなことも防げます。さて増額をしてもらうためには何が必要なのでしょうか。答えはいたって簡単な事です。返済を滞りなく続けることなのです。ローン会社から見ると、きちんと返済している人は信頼がおける存在なのです。

信頼を得るためには最低でも一年は問題なく返済をすることが必要です。時にはローン会社のほうから増額の申し入れをしてくれることもありますから、焦らずに我慢する事が大切です。

キャッシング金利と「難易度」について

借金を返さなければならないという観点からすると、提示される金利はもちろん安い方が嬉しいものですが、貸す側にとってはなかなか大変です。貸し手にしてみれば金利を得ることで収益化していくという現実があるわけで、安ければ安いほど利率は下がり、また、貸し倒れてしまった際のリスクも上がってしまうことになります。

そのため一般には、提示される金利が安ければ安いほど審査が難しくなるという傾向にあるため、借り手としては注意が必要になってきます。安ければ良いというのはあくまで借りられた場合の話であり、借りられなければ問題は解決しないとなると、一概に安いほうがいいと短絡的には言い切れません。

とは言え最近では、金利の安さを武器に顧客を集めようとする動きを見られ、借りやすそうな雰囲気になっている点は注目しておく必要があるでしょう。

増額申込みのタイミングは事前がベスト

もう少しキャッシングの枠があれば良いのにな、増額できれば良いのにな。そう思ったら、まずは返済計画を見直してみましょう。増額すれば借入額がさらに大きくなることも予想されます。その場合は毎月の支払額も増えてしまいますよね。では、その際に月々の支払いはどうなるでしょうか。余裕があるかどうかをまずは確認してみましょう。

増額申込みのタイミングは、必要だと思ったらすぐに。もしくは思い立ったらすぐにがおすすめです。いざ必要になった時に申し込みをしても時間がかかるケースもあります。月々滞りなく返済が出来ているのであれば、今後のことを事前に枠を増やしておけばいざという時に便利ですよね。増額を考えたらまずは返済計画を見直して、その上で早めに申し込みをするのがおすすめです。

細々した節約よりも一発で数万円を目指すなら。

クレジットカードを契約したり、ネットを引いたりする時には普通にネットから検索すると思います。

実は一つのクッションをおくだけで数万円程の収益を得る事が出来ます。それはセルフバックと言う制度です。

アフェリエイトと言うのは自身のブログで商品を紹介し、閲覧者がクリックしたり購入・契約する事でキックバックを得る事ができるシステムです。それを自分の契約の時に活用するのです。

実際にブログがあるわけではありませんが、会員登録する事でセルフバックのページに行く事が出来ます。そこからお目当ての商品や契約項目があれば、セルフバックを受ける事が出来ます。

クレジットカードはキャンペーンをしているチャンスを狙います。ゴールドカード等になると3万円程のセルフバックもあります。普通のクラスのカードでも数千円になる事もあります。狙ったクレカを契約するのもいいですが、特に無い時にはセルフバックの金額を大きい物だけを契約して使ってみて良かったら継続すると言う方法もあります。

注意する事は二回目移行はこのセルフバックは使用できません。一度っきりと言う事です。

ネットの回線も高額です。2万円近く報酬を受ける事が出来ます。

上手に活用すると、新規契約キャンペーンと合わせてお得になります。