キャッシングを利用している人の銀行ローンの活用

消費者金融会社でお金を借りる場合、キャッシングという融資サービスを利用するのが一般的であり、国内にある消費者金融会社ではキャッシングで個人への融資に対応しています。キャッシングを利用する事で、様々な用途で融資されたお金を使っていく事が出来ますが、キャッシングは総量規制という仕組みの対象になっており、貸金業法の下で運用されている為、総限度額が年収の3分の1までに制限されています。

総量規制による限度額の制限を避ける方法としては、銀行ローンの併用があります。銀行ローンは、銀行や信用金庫が貸金業法とは関係無しに運営されており、その為、総量規制の対象外となっています。銀行ローンの使い勝手は、キャッシングと同様であり、借りたお金をユーザーが好きな使い方を行えます。

利息もキャッシングよりも低めに設定されているケースが多く、特にネット銀行は利息が低いですので、キャッシングとの併用に適しています。提携ATMはグループ銀行のATMやコンビニATMが使えますので、場合によってはキャッシングよりも数多くのATMで融資や返済が出来ます。

銀行ローンを使う事で、キャッシングだけでは賄いきれない事を賄っていくことが出来ますので、銀行ローンとキャッシングの併用は効果的です。

申込方法が複雑だけど利用者が多い?みずほ銀行カードローンの2つのメリット

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている事が利用条件になっています。また申込方法によって融資スピードが異なるなど複雑な部分もあるので初めてキャッシングをする時に分かりにくいという声も聞かれます。しかしみずほ銀行カードローンは借入条件が良いので利用者が多いです。そこでみずほ銀行の借入条件の良さを挙げていく事にしましょう。

・上限金利が14%で銀行カードローンの中でも低金利

銀行カードローンは上限金利が14.5%で設定されているのが一般的ですが、みずほ銀行カードローンは上限金利が14%で設定されています。それで借り入れした時に加算される利息が少なくなるのでお得にキャッシングをする事が出来ます。返済する時の安心感も出てくるので他の銀行カードローンより上限金利が低く設定されているのはメリットになります。

・限度額が最大1000万円まで

銀行カードローンの限度額は最大800万円までになっている事が多いです。しかしみずほ銀行カードローンは限度額が最大1000万円までとなっていて多額の借り入れをするのにすごく適しています。限度額が高く設定されている点をメリットに感じてみずほ銀行カードローンでキャッシングをする人も多いです。

不景気で年収が減った!直ぐのカードローンは利用停止?一括返済を求められる?

銀行や消費者金融のカードローンは、必要に合わせて借り入れが出来るため、1枚持っているだけでも便利なサービスです。しかし、利用者にとっての不安は、収入により利用限度額が設定される分、景気悪化による収入減少により不利益が出来るのではないかと心配になります。例えば、カードローンの新規借り入れ停止、契約条件から外れて一括返済を求められることが心配です。

ですが、審査時には収入で返済能力が査定されるものの、リスクを考慮した利用限度額が設定されます。そして、残業代などで収入が高い人は、変動要素が大きいものの、安定した収入という点では基本給による査定となるため、即時利用停止のリスクは低くなっています。また、収入が減っただけで、一括返済を即時請求されるよりも、新規借り入れを停止し、借り入れ残高を選らすことが優先されます。もし、一括での返済を請求しても、対応できないとなると債務整理手続きが行われ、金融機関側が債権を回収できないというリスクの方が高くなってしまいます。

年収が減ったとしても、金融事故を起こさない限り、大きなデメリットを受けるケースは低くなっています。先ずは、返済に充てられる現金をしっかりと確保し、返済遅延や滞納を防げば不安に考える必要はありません。