消費者金融と銀行関連の借入は拮抗しているレベル

消費者金融と銀行などの借入の額というのは基本的に拮抗している状況であるといえます。

平成27年度の借入額の調査では消費者金融が貸し付けている残高はおおよそ6兆円であるのですが、

銀行のカードローンなどといった個人向けの貸付残高はおおよそ5兆円、信用金庫が同様の貸付を行っている分については6000億円弱といったところでありますので、

正h氏や金融が若干大目という感じになってはいますが、おおよそバランスよく取れているようになっているのであります。

バランスよく顧客の状況に応じて両者がバランスよく管理が出来ているというような状況であり、

用途や俗世などによってしっかりとしたお互いにすみわけが出来ているというわけなのです。

キャッシングの審査基準について

銀行や消費者金融等は、誰にでも現金を貸してくれるわけではありません。キャッシングをしたいと希望する人が、きちんと返済する能力があるかどうかを審査して見極めます。このためキャッシングをしたいと思っている人は、事前に審査に通過しなければお金を借りることができません。

しかし、キャッシング審査基準については、基本的なものはホームページなので公表されているものの細かい部分については公表がされていません。特に審査をしていく段階で問題になるのが、返済能力があるかないかと言うところです。主婦であっても、旦那に一定の収入があれば審査に通ります。一方で社会人であっても、過去に返済できなかったケース等があると審査に通らないことも多いです。

アコムでキャッシングをする時の注意点は?

消費者金融でキャッシングをする時の大手で有名だからとかテレビCMをたくさん流しているかなどを理由でアコムを選んでしまう人が多いです。アコムは申し込みをしてから最短1時間で借り入れする事が出来るメリットがありますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアコムでキャッシングをする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が緩いと言われていますが、アコムは安定した収入を得ていて返済能力がないと判断されると審査に落ちてしまいます。アコムでキャッシングをする時は月々に一定の収入を得ておく必要があります。またアコムは金利が高く設定されているので多額の借り入れや長期の返済はなるべく避ける必要があります。

消費者金融で人気が高いアコムとプロミス!キャッシングをする時はどちらがいい?

消費者金融ではアコムかプロミスのどちらかを利用した方がいいと言っている人が多いです。それでキャッシングをする時にアコムとプロミスの2択にする人が多いですが、実際にどちらにするか決める時に悩んでしまいます。そこでアコムとプロミスのどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムとプロミスではまず最高金利の設定が異なります。アコムは18%で設定されていますが、プロミスは17.8%で設定されています。出来るだけ金利の設定が低い業者でキャッシングをしたい時はプロミスがオススメです。また限度額の設定も異なっていてアコムは最大800万円まで、プロミスは最大500万円までとなっています。高額融資を受けたい時はアコムがオススメです。