総量規制対象外になっているカードローン

本来キャッシングやカードローンは、総量規制の問題によって年収の三分の一以上の融資を受けることができないです。年収六百万の人は二百万までしか融資を受けることができないです。しかし総量規制対象外のカードローンを選択すれば、年収の三分の一以上の融資を受けることができます。

三分の一ほど融資を受けている方もこれによって、新たな融資を受けられる可能性を秘めています。銀行のカードローンはこのように総量規制対象外になっているので、総量規制を気にすることなく、申込をすることができます。そして高い返済力があることを銀行に証明することができれば、融資を受けられるようになっているので、多くの人が申込を行っている状況です。

増額申込みをして限度額を増やす

キャッシングには限度額が設定されていますので、この限度額内で融資を受ける必要があります。消費者金融会社は貸金業法の下で運営されていますので、総量規制が義務付けられており、この影響で利用者は複数の消費者金融会社から融資を受けている場合、限度額の総額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。つまり、利用者にとってはもっとお金を借りたい時にお金を借りる事が出来ないという事です。

限度額を増やす方法としては増額があります。増額申込みを受け付けている消費者金融会社は、大手消費者金融会社に多く、ある程度の利用実績があれば、利用者は消費者金融会社に増額申込みをする事が出来ます。増額は増額申込みをした後、審査が行われ、消費者金融会社の基準をクリアしていれば、限度額が増えるようになっています。

示談契約を進める人の特徴について

消費者金融から、金利負担などを減らして借金の返済を軽くしようとする示談契約がありますが、提案をする人には特徴があります。

基本的には、返済はしているものの、転職や失業などにより返済能力が落ちた人で、借金の返済が困難だと判断される方です。

返済を前提としていますので、返すアテのない人。例えば無職の人や、滞納がかなり長期で返済する意思についてもかなり低い人にはほとんど提案しません。

一応、仕事があれば、返済はできますから提案をしやすいというわけです。

基準が一定というわけでもありませんが、多くは年収と返済能力、借金額を勘案して提案するそうです。

返済がちょっと滞り気味な方で、一応の収入があれば、提案されることはあるかもしれません。