アルバイトやパートの方でも安心して借りられる消費者金融のキャッシング

アルバイトやパートという働き方は短期間のものも少なくはなく、収入が安定しづらいというのが一般的なイメージです。そのため、アルバイトやパートという働き方をしている方の場合、どうしても借入審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまう傾向にあります。アルバイトやパートとして働いているとお金を借りたいというときに借りられないというケースも多々あるのです。

ただし、消費者金融のキャッシングではアルバイトやパートという働き方をしている人でも安心です。働き方を理由に借入審査に落とされてしまうことはないからです。短期契約のアルバイトやパートの方の場合、借入審査に落とされてしまう可能性は否定できませんが、長期契約のアルバイトやパートの方ならば収入は安定しているとみなされるので借入審査の結果に影響はありません。

アルバイトのキャッシングの限度額としては

別にアルバイトであるかといって、キャッシングの限度額が決まるわけではないです。大抵の人はそんなに高くないでしょうがだからといって低いと決まっているわけではない、というのは知っておきましょう。あくまで個人の収入が大事、ということになります。その点をよくよく理解しつつ、申込みをするようにしましょう。

しかし、まず疑問点としてそもそもアルバイトでも貸してくれるのか、ということから思い浮かべる人もいることでしょう。実はこれは殆ど問題ないです。きちんと働いているのであればそれは問題なく貸してもらうことができる可能性が高いです。もちろん、確実なことではない、と前置きする必要がありますがアルバイトをしていて、他からの借金も特にない、となりますとむしろ、貸す相手としてはそんなに悪いといえないことでしょう。

例えばアルバイトでも年収、500万円稼いでいる人であればそれなりに限度額は高くなります。逆に200万円程度の稼ぎの人は10万円、20万円といった限度額からスタートとなる可能性が高いでしょう。このようにアルバイトというのは雇用形態であり、あくまでキャッシングの限度額を決めるのは個人が稼いでいる額、といえるわけです。

アルバイトの人がキャッシング審査に通るには

アルバイトの人であっても、冠婚葬祭やその他の友人との付き合いで、急な出費が必要になり、ちょっとした金額のお金を借りたくなる場合はあります。アルバイトの人であっても、もちろんキャッシングを受けることはできます。ただし、借りる金額にもよりますが、定収入のある正社員よりは、審査は正直言って厳しくなります。キャッシング審査では様々な個人の情報を総合して判断されるため、最もきちんと返済できると判断される正社員が有利になるわけです。でも、アルバイトでもキャッシングの審査に通りやすくなるためのポイントがいくつかあります。

まず1つ目は、安定した定収入があるということです。安定しているということが大切なので、1年間のうち3か月で150万円稼ぐという稼ぎ方よりも、12か月かけて月10万円ずつ稼ぐ方が安定しているとみなされます。当然、1か所での勤続年数も長い方が有利です。

2つ目は、健康保険の種類です。アルバイトでも、組合保険に加入できる仕事もあります。国民年金よりも組合保険に入っている方が圧倒的に有利になります。

3つ目は、過去のクレジット履歴です。過去にキャッシングをした場合はそれをきちんと延滞なく返済しているか、またクレジットカードの利用が滞りなく行われているかというのもチェックポイントです。

アルバイトでも、以上の内容で概ね良い状態であると判断されれば、キャッシングを受けることは十分可能です。