転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。

丁寧な対応をしてくれるカードローンは安心

基本的にカードローンを実施している銀行や消費者金融では、丁寧な対応をしてくれるケースがほとんどです。しかしカードローンの実施している銀行や消費者金融によっては、威圧的な態度を取る場合もあるので、注意しなくてはいけません。

特に遅延や滞納をした時、威圧的な態度を取られてしまうと精神的な苦痛が発生してしまいます。そのような状況を回避するため、丁寧な対応をしてくれる銀行や消費者金融を選択しなくてはいけません。遅延や滞納をした時も親身になって、話を聞いてくれて、色々とアドバイスをしてくれる銀行や消費者金融もあります。

また女性は女性専用のカードローンを選択することで、丁寧な対応をしてくれる女性が応じてくれるので、安心して利用できるようになります。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

カードローンの返済方法について

消費者金融のカードローンでは、毎月の返済日(返済期限)や返済最低額は消費者金融によって異なります。返済の方法は、ATMを使う、銀行振り込み、口座からの引き落とし等、いくつかある中から選ぶことができます。

最も多く利用されている方法は、ATMでの返済ですが、ATM利用手数料がかかったり、返済日や返済金額を間違えてしまう、といったミスもあります。そのため、毎月自動的に引き落とされる口座引き落としでの返済方法を選ぶ人もいますが、実はこれはあまりお勧めできません。

自動引き落としの場合、毎月一定額の返済になるため、借入期間が長引くことが多いのです。ATMでの返済なら、余裕がある時は余分に返済するという習慣を繰り返すことで、返済期間を短縮できます。

カードローンで利息を抑えるには、少しでも早く返済することが一番確実な方法です。

カードローンの増額申込みについて

急な出費などにすぐに対応してくれるカードローンはとても便利ですが、利用限度額が低くてもっと借入したいけれど足りない場合などもあると思います。そういった時には利用しているカードローン会社に増額申込みをしてみると良いです。

消費者金融ですと総量規制により年収の3分の1までしか貸付してはならないと定められているため、それ以上借入することは原則としてできませんが、利用限度額は総量規制から年収や職業や資産などを考慮した上で決定されているのでそれより低いことが多いです。

契約時から転職したり昇進したりして給料が上がった時だけでなく、借入したお金を延滞することなくしっかりと返済しているだけでも信頼できると判断してもらえて増額可となる可能性は十分あります。早ければ即日に結果もわかるので、もし限度額を上げたい場合は気軽に申し込んでみてください。

レイクの無利息カードローンについて

カードローンは多くの人が利用している便利なサービスですが、業者によって特徴があります。始めて借り入れする人の場合に期間内であれば無利息で利用出来たりととても便利です。新生銀行カードローンのレイクは、180日間無利息のサービスがあります。5万円までの借り入れ限定ですが、長期にわたり無利息なので、初めての利用はとても安心できます。

レイクでは30日間無利息サービスもあり、金額の条件はないので自身の好みに合わせてどちらかを選ぶ事が出来ます。レイクはバックに銀行がいる事やテレビCMやメディア広告でよく見かけるので、大手として安定しているので不安な人でも安心して利用する事が出来ます。来店不要でネットから申込も出来るので、忙しい人でも利用できます。

カードローンなら楽天ローンがおすすめ

急な出費でいざという時に頼りになるのが消費者金融でのキャッシングです。今では色々な企業が融資をしているため、どれがいいのかわからない人も増えてきているのではないでしょうか。おおよそのサービスは似ているものの、借りれるまでにかかる時間や審査の基準や流れ、金利や限度額なども様々ですので自分にあったものを利用するのが一番です。

ただ、調べるのが面倒だったりこだわりのない方でしたら、おすすめは楽天ローンです。経営も安定している大手企業のカードローンになるので安心して利用できますし、何よりカードローンの中ではかなり金利が安くなっていて借入額によっても異なりますが1.9%から利用できるようになっています。他社ですと4%以上だったりするところもありますので非常にお得です。

ただし気をつけることが1点あります。それは借入までにかかる時間が比較的長いということです。即日融資も可能になってきているキャッシングですが、楽天では数日かかってしまうこともありますので余裕を持った借入をおすすめします。

レイクのカードローンのおすすめの申込み方法

レイクのカードローンには様々な申込みを方法がありますが、中でもおすすめなのがスマートフォンのアプリを利用しての申込みです。アプリからの申込みには具体的にどのようなメリットがあるのかについて確認していきましょう。

・来店不要で契約できる

アプリを利用すれば24時間365日申込みができるだけでなく、契約書類の提出や契約の手続きまで行うことができます。来店不要でカードローン契約ができ、振込キャッシングの手続きもアプリで行うことが可能です。

・借入診断も可能

アプリを利用することでカードローンの本申込を行う前にレイクのカードローンが契約可能かどうかの簡易診断を行うこともできます。

・ATMの検索ができる

アプリではスマートフォンの位置情報サービスを利用して、自分のいる付近のATMや店舗の検索ができます。

大手消費者金融のカードローンの無利息サービス

カードローンを利用する場合、最も気になるのは審査に通るかどうかですが、次いで気になるのは金利です。
冠婚葬祭での急な出費、給料日までの生活が苦しいといった一般的な借り入れでは、ほとんどの場合最高金利が適用されます。
この最高金利は、銀行系のカードローンでは14.5%程度ですが、大手消費者金融では18%。中小の消費者金融では20%というところもあります。
長期にわたって返済していく場合、数パーセントの金利の差は予想以上に大きなものがあります。
できれば金利の安い銀行のカードローンを利用したい、と考える人も多いと思いますが、大手消費者金融の中には銀行にはない金利のサービスを行っているところがあります。それが無利息サービスです。

これは初めてカードローンを申し込んだ人に限って、30日間無利息で貸してくれるというものです。
次の給料日には必ず返せる、など返済のメドがしっかりと立っている場合は、キャッシングをしても利息は0円になります。
ただし、無利息サービスを利用しても、返済が遅れると延滞金が上乗せされるなど、細かい条件は金融会社によって異なるため、事前にしっかりと確認する必要があります。
無利息サービスを利用できるのは、初回の1回限りです。
きちんと確認して、このチャンスを賢く利用しましょう。

カードローンの借り換えタイミングは金利差だけで決めてはならない

カードローンの金利が高いと悩んでいる人や、総量規制に苦しめられている人にとって、借り換えタイミングは難しい問題です。なぜなら、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンへ借り換えることにより、返済総額を減らせるとは限らないからです。問題となるのは、金利の高さではなく、返済方法にあります。具体的には、残高スライドリボルビング方式を採用したカードローンへの借り換えでは、最小返済額を支払っていてもいつまでも元金が減りにくい問題を抱えていることが原因です。元金を早く完済させる計画を立てた上でカードローンの借り換えを行わなければ、総利息額を大幅に減らすことは出来ません。

借り換えタイミングとして適しているのは、借り換え先のカードローンで、毎月の返済額を自由に設定出来る金融商品を見つけた時と考えられます。目標とする毎月の元金返済額を一定に定めて、今ある借入残高を着実に減らして行くことが完済を早める秘訣と言えるわけです。最初から元金均等返済を認めているカードローン商品が見つかったならば、まさに借り換えタイミングとして適しているでしょう。カードローンの返済を考える際には、最小返済額に着目するのではなく、元金の定額返済を重視した借り換えを行えば早期完済が可能となります。