キャッシング審査では個人信用情報機関を参照します

キャッシング審査を受ける際には、申込みごとに金融業者は加盟している個人信用情報機関へ信用情報照会を行います。本審査に入った段階で、スコアリング審査に通過した人に対してのみ信用情報照会を行なうことが多いです。なぜなら、スコアリング審査段階で即審査落ちする場合には、信用情報照会を行わずに審査落ちが決定するので、無駄な手間を掛ける必要が無いからです。個人信用情報機関には、銀行系・信販会社系・消費者金融系と3種類ありますが、信販会社系と消費者金融系は情報共有が貸金業法に基づき行われているので、実質的には銀行系と信販会社系の2種類を確認すれば足ります。

金融業者が加盟している個人信用情報機関しか参照出来ないので、キャッシング審査を受ける際には、銀行系と消費者金融系を1社ずつ同時申し込みする人が多いのは、加盟している個人信用情報機関の違いを利用して申し込み履歴をリアルタイムに知られないために活用するからです。個人信用情報機関は、金融事故情報や申し込み履歴だけでなく、毎月の返済事実も信用履歴として金融業者が登録しています。本人ならば、開示請求を行なうことで確認出来るので、誤った情報があれば金融業者経由で訂正依頼が可能です。

アルバイトの人がキャッシング審査に通るには

アルバイトの人であっても、冠婚葬祭やその他の友人との付き合いで、急な出費が必要になり、ちょっとした金額のお金を借りたくなる場合はあります。アルバイトの人であっても、もちろんキャッシングを受けることはできます。ただし、借りる金額にもよりますが、定収入のある正社員よりは、審査は正直言って厳しくなります。キャッシング審査では様々な個人の情報を総合して判断されるため、最もきちんと返済できると判断される正社員が有利になるわけです。でも、アルバイトでもキャッシングの審査に通りやすくなるためのポイントがいくつかあります。

まず1つ目は、安定した定収入があるということです。安定しているということが大切なので、1年間のうち3か月で150万円稼ぐという稼ぎ方よりも、12か月かけて月10万円ずつ稼ぐ方が安定しているとみなされます。当然、1か所での勤続年数も長い方が有利です。

2つ目は、健康保険の種類です。アルバイトでも、組合保険に加入できる仕事もあります。国民年金よりも組合保険に入っている方が圧倒的に有利になります。

3つ目は、過去のクレジット履歴です。過去にキャッシングをした場合はそれをきちんと延滞なく返済しているか、またクレジットカードの利用が滞りなく行われているかというのもチェックポイントです。

アルバイトでも、以上の内容で概ね良い状態であると判断されれば、キャッシングを受けることは十分可能です。