リボ払いによる返済の注意点について

急な出費に対応できるキャッシングサービスはとても便利なサービスですが、利用方法を一歩間違えば思わぬ落とし穴があるかもしれません。

その中でも代表的なものが、リボ払いによる返済です。リボ払いは毎月の返済額を決めて借入金を返済していく方法で、返済計画が立てやすいというメリットがあります。

しかし、リボ払いの場合はキャッシングサービスをいくら利用しても毎月の返済額が変動しないので、資金管理が正確にできていなければ借入金の合計が把握しづらいというデメリットがあります。

気が付いたときには限度額いっぱいまで借り入れをしていたり、長期間高い金利を払い続けていることになったりと、リボ払いによる返済は注意が必要になります。

キャッシングでより怖いショッピング枠のリボ払い…

今やクレジットカードの多くにリボルビング払いすなわちリボ払いがあります。

一見、利用額に対して毎月に返済額が少ないといったメリットがあるものの、大きな問題を抱えることとなります。

そもそも、リボ払いの実質年利は約18%と貸金業法が適用される消費者金融の最大金利と同等です。また、大手消費者金融では金利を引き下げている傾向があり、実質的には15%以下の金融商材が多く提供されている状況にあります。

例え、金利3%の差は返済期間が長期化することで非常に家計を圧迫することに繋がり、返済苦どころか債務整理を引き起こす結果となります。

また、クレジットカードのショッピング枠におけるリボ払いについては、総量規制対象外であり契約者の利用し過ぎにより債務超過の原因ともなり得ます。

確かに毎月数千円程度の返済額で高額商品を購入出来ることは一時的に得をしたと思いますが、返済中に購入した商品も老朽化し、結果的には故障するということに成りかねません。

その結果、実物は手元に残らず借金だけが残り続けることとなり、実態のない物に対して毎月の返済を行うことに疑問を持つこととなります。もし、高額商品を購入する際はボーナス前後に現金払いを行うことを前提として、キャッシングを利用する方が断然お得です。特にボーナス時期は家電製品の様な高額商品の値下げが大きく、一時的なキャッシングでも大きな得をえることが出来ます。