銀行口座の使い分けを行うようにしています

1つの銀行口座しか持っていないとどうしてもお金の管理を行いにくくなってしまいます。

そこで貯蓄専用の口座を作ることにしました。

ネットバンクの口座を貯蓄専用にして、その口座のお金には手を付けないようにしています。

コンビニのATMで引き落としを行うことはできますが、そうなると安易に使ってしまうということがあるので、それを避けています。

ネットバンクの場合には利息もかなりよいので、お金を預けているだけでも少しは貯蓄に繋がっているんじゃないかなと思います。

銀行口座をそのまま貯金箱のような感覚で利用をしているので、どれくらいのお金が貯まっているのかということも一目瞭然です。

またネットバンクと連動をさせることができる家計簿ツールも使い、引き落としもどれくらいの金額なのか分かるようにしています。

そうすることによって自分の収支もすぐにわかるようになり、お金を使いすぎてしまった場合にはどういう点を削除することができたのか、節約をすることができたのか考えることができます。

ただ漠然とお金を使うのではなく、計画的に使うことができるようになったのも銀行口座の使い分けがあったからこそだと思います。

アプリでも口座をチェックすることができるのも便利です。