キャッシングの審査における本人確認の重要性

消費者金融会社からお金を借りるには、個人向けの融資サービスとしてキャッシングが用意されています。このキャッシングを利用するには、申込みをして審査を通過しなければいけません。

審査では身元確認や返済能力の有無を重点的にチェックされますので、本人確認書類を用意しておきます。本人確認書類としては健康保険証やパスポートや免許証などが有効であり、これらを契約機や公式サイトのWebフォームなどから画像データにして審査センターに送る事になります。

消費者金融会社は、返済出来る者に融資を行いたいと考えていますので、審査では申込んだのが本人である事や返済能力が十分にあるかを確かめる形になっています。その為、申込みを行なった者は身元を示す為に本人確認書類を事前に用意しておく事が必要です。

キャッシングは学生でもできます

学生でも20歳以上ならキャッシングすることは可能です。特に一人暮らしをしている学生ならお金がどうしても足りなくなってしまってピンチということは比較的よくあることだと思います。そんな時に使えるキャッシング枠をゲットしておくと緊急時にはとても役立つでしょう。

学生でもキャッシングの審査に通過できる消費者金融は意外と多く存在しています。ただし銀行系のキャッシングの場合には消費者金融よりも、学生の審査通過は厳しいという現実もありますから、確実に審査に通過したいのであれば消費者金融のキャッシングに申し込むのが一番でしょう。学生でもアルバイトを長く続けている場合は、意外とすんなりとキャッシング審査に通過することができるのであまり心配しなくても良いでしょう。

キャッシングの比較はどこを見るか

キャッシングを利用したいと検討している人はキャッシング比較サイトなどを参照することが多いようです。キャッシングの比較の際にはまず目につくのが金利が高いか安いかということですが、銀行カードローンのように金利が低い場合には審査が厳しくなっており、消費者金融のキャッシングのように金利が高い場合には審査が通りやすくなっていますから、金利と審査は表裏一体と言っていいのです。

金利が安くても審査に通らなくてもお金を借りることはできませんし、審査に通りやすいのであれば高い金利を覚悟しなければならないということです。どちらを優先するかはお金が必要である切迫度によって変わってきますが、時間があるならばまずは金利が低いキャッシング業者を検討するという順序でいいでしょう。

キャッシングの審査はどこが見られるのか

キャッシングでお金を借りる時にはどんな人でも審査をすることになります。その審査の内容ですがまずは収入になります。そもそも消費者金融などにおいては総量規制というのがありますから、これをクリアしているのかどうかの確認が必要になります。

収入証明が必須になるのは50万円を超える場合か、他社からも含めて100万円を超える場合ですから、それ以下であれば証明をする必要性はないのですが、それでも基本的には収入があるのかどうか、つまりは勤務先はどこなのか、という確認をされることになります。他にも審査されるところはありますが、まずはこれが最大のポイントになるということは間違いないことでしょうからよく覚えておきましょう。

銀行ローン審査の特徴と実態

お金が必要になる機会っていうのは様々な時に求められますが、こういった時に貯金以外で役に立つのがローンだと思います。しかしローンにも数多くのものがあるので、その中でもより多くのお金が必要になる時はなるべく金利が低い銀行ローンを検討したいものですね。そんな銀行ローンの基本的な特徴を述べて行きたいと思います。

銀行ローンの特徴としてはまず借り入れ限度額が高いということです。大手消費者金融と比べても100万から多いところでは1000万という高額なものになります。実はこれには貸金業法で定められた総量規制という制度が影響していて、これにより年収の1/3以上の借り入れが出来なくなりましたが、例外として銀行ローンはこの総量規制対象外となっていることがあります。

勿論年収の1/3以上という限度は過度な借り入れを防ぐために定められたものであるため、これ以上の借り入れを申し込む場合には当然審査は厳しくなります。ここが銀行ローンが消費者金融などよりかは審査が難しいと言われている理由なのです。勿論年収の1/3に収まる借り入れならば審査は通常どおりに行われるため、正社員などで働いている場合には100万円程度なら銀行ローンを検討してみるのがお勧めです。

なにより金利についてもおおよそ最大でも14.8%ほどとなっており、こちらも消費者金融系と比べてもお得になっています。また銀行ローンは住宅ローンなどと言った目的別ローンというものも多く取り揃えており、より多くのお金が必要でしっかりとした年収がある人には、まず検討してほしいローンなのです。