キャッシングの本人確認はネットで楽々完了できる

キャッシングをする際に本人確認は書類を送付したり、何度も電話がかかってきたりと時間がかかってしまうと思っている人も多いです。しかし実際はインターネット上のサイトで申し込みをすると、必要書類さえ手元にあればそれをスマホ等で写真をとりアップロードをするだけで本人確認の書類が提出できます。

スマホからの申し込みだとスマホで写真を撮り、そのまま申し込みが完了できるのでとっても簡単なのです。そして申し込みから審査そして融資まで即日完了するケースが多く、審査で問題がなければキャッシングはとてもスピーディーにすることができます。

このように本人確認はネットで楽々完了することができ、その結果誰とも話すことなく簡単にキャッシングを利用することができるのです。

キャッシングの審査における本人確認の重要性

消費者金融会社からお金を借りるには、個人向けの融資サービスとしてキャッシングが用意されています。このキャッシングを利用するには、申込みをして審査を通過しなければいけません。

審査では身元確認や返済能力の有無を重点的にチェックされますので、本人確認書類を用意しておきます。本人確認書類としては健康保険証やパスポートや免許証などが有効であり、これらを契約機や公式サイトのWebフォームなどから画像データにして審査センターに送る事になります。

消費者金融会社は、返済出来る者に融資を行いたいと考えていますので、審査では申込んだのが本人である事や返済能力が十分にあるかを確かめる形になっています。その為、申込みを行なった者は身元を示す為に本人確認書類を事前に用意しておく事が必要です。

モビットが在籍確認や本人確認がないことについて

勘違いしている人も多いかもしれませんが、モビットは銀行カードローンではありません。三井住友銀行グループという言葉が強調されていることが多いために勘違いするのだと思われますが、モビットは三井住友銀行グループ傘下の消費者金融です。銀行系の消費者金融という場合もありますが、融資条件などは大手の消費者金融と同じレベルと考えていいでしょう。

そのモビットは大手の消費者金融の中では比較的金利が高いことは見ればわかります。ところが、三井住友銀行グループ傘下というブランドと本人確認の電話がどこにもかかってこないということから人気が高い消費者金融となっています。いわゆる在籍確認とも言われている会社への電話も必要書類として社会保険証などを提出すれば、それを在籍確認として審査に通るということです。最近の金融機関の在籍確認はそれとわからないように工夫されていることが多いのですが、それでも会社にわかってしまう可能性はゼロではありません。会社にバレてしまうことがどのような影響があるかはそれぞれに違っているでしょうが、どうしても会社にバレたくない、または家族にもバレたくないという人はモビットは利用する価値はあると言えるでしょう。

キャッシングで必要な本人確認資料

キャッシングを行う時には審査で本人確認資料として運転免許証等が必要になり、借入の金額によっては収入証明書類等も必要ですから、要望に応えて提出すると良いです。

本人確認資料として運転免許証を持っていないという場合には、保険証やパスポート等も有効であり、お金を借りる時には身分が解らないと借りる事は出来ないですから、借入額の大小に関わらず最も必要な書類になります。

申込みを行う時に勤務先情報等も記載する事になりますが、申込者本人が本当にその会社に在籍しているかどうかを確認する為に、金融業者から在籍確認電話が入る事は一般的ですし、借金時には素性をハッキリさせる事が必要であり、虚偽情報を提示すればそれだけで審査に落ちてしまうリスクがありますから注意しましょう。

成人以上で収入の流れを持つ事は前提として必要なキャッシング申込であり、収入が無ければ返済出来ないですから無職で無収入状態の場合はバイトやパート等を行ってから申し込む事も必要です。

小口キャッシングの場合は本人確認資料を提出するだけでも資料は良いですが、大きな借金を申込む時には本人確認だけではなく、収入証明書等も必要になりますから、目安としては一社から50万、複数社合算で100万円を超える借金では収入証明が必要です。

銀行等で100万円を超えても収入証明不要となっている所もありますが、そういう場合には本人確認済みの銀行口座をすでに持っているといった条件が必要になっています。