レイクの無利息キャッシングサービスの注意点

キャッチーなフレーズでCMなどでよく見かけるレイクですが、通常の貸付金利の範囲を4.5から18%に設定していて、下限金利を業界でもトップクラスの低さに設定しています。利用者にとっては大きな魅力ですが、利用者の利便性の向上のために無利息サービスも提供しています。

初めてレイクを利用する人に限りですが、30日間の無利息と5万円まで180日間無利息になる2つのタイプを選ぶ事が出来ます。利用者に嬉しいサービスですが注意点として、無利息期間の開始が契約日の翌日となる事は理解しておく必要があります。

180間の無利息サービスでは、レイクと初めて契約した人が対象で、利用限度額が1万円から200万円までの範囲と定められています。無利息の対象となる借入額が5万円までで、5万円を超える金額に対しては通常の12%から18%の範囲の金利が適用されます。借入額の全てが無利息であると勘違いすると大きな利息負担を負うことになるので注意する事が肝要です。

レイクの無利息カードローンについて

カードローンは多くの人が利用している便利なサービスですが、業者によって特徴があります。始めて借り入れする人の場合に期間内であれば無利息で利用出来たりととても便利です。新生銀行カードローンのレイクは、180日間無利息のサービスがあります。5万円までの借り入れ限定ですが、長期にわたり無利息なので、初めての利用はとても安心できます。

レイクでは30日間無利息サービスもあり、金額の条件はないので自身の好みに合わせてどちらかを選ぶ事が出来ます。レイクはバックに銀行がいる事やテレビCMやメディア広告でよく見かけるので、大手として安定しているので不安な人でも安心して利用する事が出来ます。来店不要でネットから申込も出来るので、忙しい人でも利用できます。

大手消費者金融のカードローンの無利息サービス

カードローンを利用する場合、最も気になるのは審査に通るかどうかですが、次いで気になるのは金利です。
冠婚葬祭での急な出費、給料日までの生活が苦しいといった一般的な借り入れでは、ほとんどの場合最高金利が適用されます。
この最高金利は、銀行系のカードローンでは14.5%程度ですが、大手消費者金融では18%。中小の消費者金融では20%というところもあります。
長期にわたって返済していく場合、数パーセントの金利の差は予想以上に大きなものがあります。
できれば金利の安い銀行のカードローンを利用したい、と考える人も多いと思いますが、大手消費者金融の中には銀行にはない金利のサービスを行っているところがあります。それが無利息サービスです。

これは初めてカードローンを申し込んだ人に限って、30日間無利息で貸してくれるというものです。
次の給料日には必ず返せる、など返済のメドがしっかりと立っている場合は、キャッシングをしても利息は0円になります。
ただし、無利息サービスを利用しても、返済が遅れると延滞金が上乗せされるなど、細かい条件は金融会社によって異なるため、事前にしっかりと確認する必要があります。
無利息サービスを利用できるのは、初回の1回限りです。
きちんと確認して、このチャンスを賢く利用しましょう。

カードローンというのは無利息でやってくれるところも

カードローンというのは、実は無利息で一時的に貸してくれるところもあったりするのです。これは業者としても色々とメリットがあるのです。要するに最初に使ってくれるところとして自分たちのところを選んでもらうことができるからです。それがカードローン業者としてはとにかく大きな利点になっているからです。

そして、利用者としても基本的には無利息で借りることができるわけですから、とても良いサービスであるのは確かです。とりあえず利用する先を決めるときに一つの選択肢とする価値はあります。なかなか探すのが難しい時もありますが、基本的には非常に強くアピールしているサービスですから、インターネットでも何でも情報ツールがあればそれで十分に探すことができます。

各社によって、無利息の方向性がやや違うことがあります。例えば一週間以内に返せば、と言うことである場合もありますし、最初に一回目は、ということもあります。

要するにサービス性が異なるわけです。カードローンのカードですが、改めて発行してもらうこともありますし、銀行系であればキャッシュカードにその機能を付与することができる場合もあります。この時によい点としてはカード枚数が増えないことです。

給料日を意識して無利息の商品を活用

カードローンの中には、無利息のタイプがあります。期間に関する制限は見られますが、サラリーマンの方にとってはメリットが大きな商品です。

ある商品の場合は、無利息になる期間が1週間程度と設定されているのです。そのような商品を利用するとなると、給料日などが良いタイミングになります。

例えば毎月の給料日が、20日に設定されている方々は多いですね。その場合は、返済日をその直後に設定する方法があるのです。

実際にカードローンで融資を受けた日が、15日だったとします。その場合は、22日までに返済をすれば無利息になるのですね。

そして給料日が前述のような状況ならば、少なくとも22日になる前に、お金を入手する事ができる訳です。実質的には利息ゼロで借りる事ができる訳ですから、その商品のメリットは大きいと言えます。

逆に22日を過ぎてしまえば、通常の金利が適用される事になるのです。一般的に無利息の商品は、通常金利が18%と設定されている傾向があります。金利が18%も違ってくる訳ですから、かなり大きい訳です。

給料日が25日の方の場合は、ちょっと上記の借りるタイミングは早すぎると言えるでしょう。給料日を意識して返済日を設定するのが、賢明な使い方だと考えます。