多くの地域に存在している自動契約機のキャッシング申込

すでにたくさんの人がキャッシングの申込をする為に自動契約機を利用しています。自動契約機は、他の方に顔を合わせる心配がないので、安心して申込をすることができるようになっています。集中してキャッシングの申込を実施できるようになっており、手続きを実施できるように環境が整えられているのが特徴になります。

自動契約機でキャッシングの申込をしたからといって、審査が急激に厳しくなるということは一切ありません。他の申込方法と同様に審査を実施していき、問題なければ、無事に申込を完了させる事ができます。何か分からないことがある時は、自動契約機を通じてスタッフとコミュニケーションを取れるようになっており、色々と質問できるようになっています。

国道沿いで同じ場所に自動契約機が設置されているプロミスとSMBCモビットはどちらを選んだ方がいい?

消費者金融の自動契約機は駅前に設置されている事が多いですが、車で出かけると国道沿いにも設置されているのをよく見かけます。駅前に設置されている時は業者で分かれていますが、国道沿いでは一つの場所に複数の業者の自動契約機が設置されている事が多いです。特に三井住友グループの傘下に入っているプロミスとSMBCモビットが一緒に設置されているのを見かけますが、実際にどちらを選んだ方がいいのか見ていく事にしましょう。

プロミスとSMBCモビットを比較してみると金利、融資スピードはプロミスの方が優れています。プロミスは最高金利が17.8%で設定されていて申し込みをしてから最短1時間で借入可能です。しかしSMBCモビットは最高金利が18%で設定されていて申し込みをしてから借入可能になるまで2時間から3時間かかってしまう事もあります。借入条件を判断するとプロミスを利用した方がいいです。

自動契約機を利用するときの注意点

キャッシングを利用するときに便利なのが自動契約機です。申し込みから借り入れ、さらに登録情報の変更や収入証明の手続きまで、キャッシングにかかわる手続きのほぼすべてを行うことができます。

そんな便利な自動契約機ですが、利用にはいくつか注意すべきポイントがあります。中でも見落としがちなのが先客がいる場合があるということです。自動契約機のブースはたいていひとつかふたつしか用意されていないので、先に利用客がいる場合はその方が用事を終えるまで中に立ち入ることができなくなります。

急ぎの用事でないときは問題ないのですが、何時までに書類の提出を行いたいというようなときや、即日融資を希望しており、できるだけ急いで手続きしたいという場合、思わぬ遅れにつながることがあります。手がける前にいくつか回れる範囲で自動契約機の位置を確認しておきましょう。

いざ、自動契約機を利用するときにも注意点があります。それは施錠についてです。自動契約機には自動施錠されるタイプと利用者が手動で施錠しなければならないタイプがあります。ブースをロックできるというのは利用者にとって大きな安心のもとになるポイントなのですが、うっかり施錠を忘れると見知らぬ人がうっかり入ってくる可能性があります。手続きを開始するまえに施錠できているかをしっかりと確認しましょう。