銀行ローン審査の特徴と実態

お金が必要になる機会っていうのは様々な時に求められますが、こういった時に貯金以外で役に立つのがローンだと思います。しかしローンにも数多くのものがあるので、その中でもより多くのお金が必要になる時はなるべく金利が低い銀行ローンを検討したいものですね。そんな銀行ローンの基本的な特徴を述べて行きたいと思います。

銀行ローンの特徴としてはまず借り入れ限度額が高いということです。大手消費者金融と比べても100万から多いところでは1000万という高額なものになります。実はこれには貸金業法で定められた総量規制という制度が影響していて、これにより年収の1/3以上の借り入れが出来なくなりましたが、例外として銀行ローンはこの総量規制対象外となっていることがあります。

勿論年収の1/3以上という限度は過度な借り入れを防ぐために定められたものであるため、これ以上の借り入れを申し込む場合には当然審査は厳しくなります。ここが銀行ローンが消費者金融などよりかは審査が難しいと言われている理由なのです。勿論年収の1/3に収まる借り入れならば審査は通常どおりに行われるため、正社員などで働いている場合には100万円程度なら銀行ローンを検討してみるのがお勧めです。

なにより金利についてもおおよそ最大でも14.8%ほどとなっており、こちらも消費者金融系と比べてもお得になっています。また銀行ローンは住宅ローンなどと言った目的別ローンというものも多く取り揃えており、より多くのお金が必要でしっかりとした年収がある人には、まず検討してほしいローンなのです。