銀行口座の使い分けを行うようにしています

1つの銀行口座しか持っていないとどうしてもお金の管理を行いにくくなってしまいます。

そこで貯蓄専用の口座を作ることにしました。

ネットバンクの口座を貯蓄専用にして、その口座のお金には手を付けないようにしています。

コンビニのATMで引き落としを行うことはできますが、そうなると安易に使ってしまうということがあるので、それを避けています。

ネットバンクの場合には利息もかなりよいので、お金を預けているだけでも少しは貯蓄に繋がっているんじゃないかなと思います。

銀行口座をそのまま貯金箱のような感覚で利用をしているので、どれくらいのお金が貯まっているのかということも一目瞭然です。

またネットバンクと連動をさせることができる家計簿ツールも使い、引き落としもどれくらいの金額なのか分かるようにしています。

そうすることによって自分の収支もすぐにわかるようになり、お金を使いすぎてしまった場合にはどういう点を削除することができたのか、節約をすることができたのか考えることができます。

ただ漠然とお金を使うのではなく、計画的に使うことができるようになったのも銀行口座の使い分けがあったからこそだと思います。

アプリでも口座をチェックすることができるのも便利です。

余裕をもって、身の回りのATM環境を調べてから、銀行口座を開こう!

この春から新生活を迎えられる方も多いことでしょう。そこで最初に考えなきゃいけないのが、自分の銀行口座をどこに開くかということ。

もちろん、スマホ等で使えるオンラインの金融機関を選ぶことも大事だけれど、まだまだ日本は現金が強いから、ATM選びが大事。自分の生活圏で便利な位置にあるATMはどこかをよく考え、そのATM手数料が小さくなるような金融機関選びというのも一つの方法です。

今どきは、銀行は利子が非常に低い中で、自分が現金を引き出すときに度々ATM手数料を支払っていたのでは目減りするばかり。あなたのお金を有意義に使うためにも、これはとても大事なこと。

コンビニのATMでも、提携していて使える銀行もありますし、平日の日中と夜間などの時間帯や土日祝日の扱いが違うこともありますので、よく研究した上でどこの銀行に口座を開くとお得か、よく考えてみましょう。

 既にお持ちの銀行口座を活用できるならそれでいいでしょう。口座開設には、ネット専業銀行と店舗を持つ銀行とに大別できます。実際に自分が店頭に行って申し込む店舗型銀行の多くの場合、健康保険証などの身分証明書と現金(1000円以上が望ましいでしょう)、それに印鑑を持って行けば口座開設できる場合が多いですが、マイナンバーを求める金融機関もあります。

ネット専業の場合、実店舗型の銀行での必要書類に加えて、未成年者には親権者の同意を示す書面を求める銀行も多いので、ホームページなどで確認して早めに対策する必要があります。

 印鑑は100円ショップでも売られているとはいえ、それは同じ印鑑を買って使えるという危険性でもあることから、慎重に考えて銀行用の印鑑を使うことをおすすめします。