キャッシングの限度額はどんな風に決まるのか

キャッシングの限界というのは消費者金融であれば総量規制によって決められることになります。限度額というのは年収の1/3までと決まっています。但し、これはそこまで業者側が設定をしなければならないというわけではありませんから勘違いしないようにしましょう。

つまりは、年収が300万円だった人に対して100万円の限度額は可能ですが、必ずそうしなければならないわけではないので最初は10万円か20万円ぐらいの限度額が設定されることがほとんどになります。どんどん実績を積んでということが基本になるでしょう。

返済履歴というのが実は割と評価される部分であり、何度も借りて返している人は限度額が高くなることもあるわけです。これがキャッシングの基本になります。

キャッシングの限度額について大事な事

結婚式や車検など急にお金が必要になる事は生活をしている上でよくある事です。
準備できれば良いのですが、イキナリお金が必要になることも多いので、キャッシングを利用する事は効率的に利用する事でとても便利なものと言えます。

カードローンやキャッシングを利用する為には、必ず審査を受ける必要があります。
審査の時には個人の年収がどれくらいあるのかも必要になり、消費者金融会社の場合には総量規制の適用を受ける事から年収は大きな意味があると言えます。
消費者金融会社に限らずに年収は返済能力に係わって来るので大きなポイントと言えます。

一般的な流れとしては、審査に合格する事で、審査結果に応じてキャッシング可能な利用限度額が決まります。
審査に合格するかどうかを収入だけで考えて見ると生活しながら返済を続けて行けるかの収入があるかを審査される事になります。
利用限度額に年収が係わって来るのは最初の利用限度額よりも取引実績を積んでからの増額の方になるので、元金が増えれば返済金額も増えるので、返済能力は高い必要があります。
信用があっても返済するお金が足りなくてはどうしようもないので、利用出来る限度額が高くなれば年収の違いが大きくなるので理解しておく必要があります。

アルバイトのキャッシングの限度額としては

別にアルバイトであるかといって、キャッシングの限度額が決まるわけではないです。大抵の人はそんなに高くないでしょうがだからといって低いと決まっているわけではない、というのは知っておきましょう。あくまで個人の収入が大事、ということになります。その点をよくよく理解しつつ、申込みをするようにしましょう。

しかし、まず疑問点としてそもそもアルバイトでも貸してくれるのか、ということから思い浮かべる人もいることでしょう。実はこれは殆ど問題ないです。きちんと働いているのであればそれは問題なく貸してもらうことができる可能性が高いです。もちろん、確実なことではない、と前置きする必要がありますがアルバイトをしていて、他からの借金も特にない、となりますとむしろ、貸す相手としてはそんなに悪いといえないことでしょう。

例えばアルバイトでも年収、500万円稼いでいる人であればそれなりに限度額は高くなります。逆に200万円程度の稼ぎの人は10万円、20万円といった限度額からスタートとなる可能性が高いでしょう。このようにアルバイトというのは雇用形態であり、あくまでキャッシングの限度額を決めるのは個人が稼いでいる額、といえるわけです。