商品購入の1円の節約をするよりクレジットカードでお得倍増計画

あなたの日常生活は現金派?

それともクレジットカード派?

もしもあなたが現金派なら、節約する前にクレジットカードを作ってみませんか。

現金を使ってお買い物するより、クレジットカードの方が断然お得です。

お金がないのにクレジットカードなんか持てないと思っているあなた、そんな人こそクレジットカードがお得。

なぜクレジットカードがお得なのか?

そのメリットとは?

現金を使ってもポイントは貯まりませんが、カードを使うとポイントがつきます。

現金でも、店舗によってはポイントが付くからという反論もあるかもしれませんが、カードなら、ポイントの付かないお店でお買い物しても、光熱費などの支払いをしてもすべてのポイントをまとめて受け取ることができるのです。

更に、メールなどで案内されるポイント倍増時期には、エントリーすることで、ポイントが10倍になったり、更に、もらったポイントを1ポイント1円として使えるカードも存在します。

更に、更に、お店のポイントとクレジットカードに付くポイントがダブルポイントになる場合もたくさんあります。

こんな機会逃す手はありません。

まだクレジットカードを持っていないというあなたなら、初めてカードを作るだけで数千円分を、商品券や、ポイント、現金などで還元してくれるカード会社もあります。

まもなく日本も現金レス時代突入です。

まずは、お好みのクレジットカード入会金狙いから始めてみてはいかがでしょうか。

上手に使うことで、1円を節約するお買い物より、クレジットカードの方が断然お得間違いなし!

この機会にご検討してみてはいかがでしょうか。

私が普段している節約に関すること

私は元々お金を貯金することが苦手なタイプでしたが、今は節約するタイプです。今の仕事は教育関係の事務の仕事をしていますが、家から水筒を持っていって毎日とはいきませんがお茶代は節約できています。

ただ、やはり元々の生活がお金はあれば使っちゃおうと思う性格なので、無理はせずに、時間がないときは飲み物はどこかで買ったり、たまにはスタバに行くなどあまりストイックになりすぎてストレスが溜まらないようにすることは注意しています。

他には、小さなことになりますが、ポイントカードを活用することで少しでも出費をおさえるようにしています。例えば、dポイントが溜まるカードは最近だとマツモトキヨシやローソンやマクドナルドなど使えるお店が多い為、ポイントカードで節約ができます。

また、衝動買いをしないというのも節約になっています。元々洋服が好きなのでついついセールの期間に持っている似た商品を買ってしまいますが、衝動買いをしないと決めておけば買いすぎなくて済む為、節約につながっています。

美容室はホットペッパービューティーというサイトで探すことで、お店によってはクーポンがあるお店もあります。その為、なるべくクーポンがあるお店を予約してほんの少しでも節約をするようにしています。

あとは、毎月収入がどれぐらいに対して出費が多かったかなど振り替えるクセをたまにしています。頑張り過ぎると疲れてしまう為、たまにご褒美をしても問題なしと決めて無理なく節約をして貯金がいつの間にか増えていたというのが理想です。

おまとめローンで返済の負担を軽くしよう

キャッシングやカードローンはいざという時にお金を借りられるので便利な融資サービスですが、複数の会社からお金を借りてしまいますと、月に何度も別々の会社に返済をしなくてはいけませんので、経済的な負担になったり、時間的な手間が発生してしまいます。それを解消するには、返済の窓口を一つにするというのが良い方法です。

キャッシングの返済の窓口を一つにするには、おまとめローンを利用します。おまとめローンは利用者が現在利用しているキャッシングやカードローンで借りた債務を全額返済する為の融資を行なってくれます。利用者は借りたお金で全額返済し、その代わりに新たなローンとしておまとめローンで借りたお金を月々一定額返済していきます。結果的に返済の窓口を一本化出来ますので、利用者の経済的な負担や時間的な負担が減ります。

本当にお得?年会費クレジットカードの隠れ費用

いまや、年会費無料のクレジットカードも珍しくありません。年会費無料でも、使ったらポイントが付きますから、現金払いよりも節約できると思われます。

しかし、クレジットカードにかかるお金は、年会費だけではありません。よくわからないうちに、自動的にリボルビング払いが設定されたりすると、法律に触れない最上限の年利15%近くの利息を払うことにもなります。

さらに、盲点になるのは、紛失した時など問い合わせをするコールセンターの電話代です。クレジットカードは、お店で使った後、実際にカード会社から請求されるまでに数日から1ヶ月、2ヶ月間が空くことがあり、何に使ったか、忘れてしまうこともありえます。また、年会費無料のカードは、インターネットやスマホだけで手続きが済んでしまうことが多いのですが、その場合、手元に記録が残らない上に、誤作動もあり得るので、誤って処理されてしまうことも起こりえます。

このような場合にコールセンターにかけると、混雑して入れば、待ち時間10分、20分あるいはそれ以上かかることもあります。もし、コールセンターの番号がナビダイヤルで、携帯電話でかけると、1分間で30円から130円ぐらいかかることになります。何回かかけたら、待ち時間だけで1000円を超えてしまい、一般クレジットカードの年会費よりも高くついてしまいます。

年会費無料のクレジットカードは便利ですが、契約前によく調べることが大切です。

それってほんとに必要?断捨離でザクザク生活!

私が実践している節約術は、断捨離です。

断捨離とは、不必要な物を減らし生活を豊かにしていくという考え方です。

断捨離は最近流行っているので、誰しもがやったことがあるでしょう。

要らなくなったものを処分することも断捨離ですが、私が行っている断捨離は、目に見えないものの断捨離です。

例えば、スマートフォン。ドコモやソフトバンクと言ったいわゆるキャリア携帯から、UQモバイルや楽天モバイルと言った格安スマホに乗り換えると言ったことです。キャリアでスマホを契約すると、2年の契約期間の間にスマホ本体の代金を支払いながら月額の通信料を払うことになります。格安スマホは、SIMカードとスマートフォンさえあれば契約できますので手続きもとても簡単ですし、月に5000円以上の節約になります。

もうひとつの断捨離は、飲み物をタンブラーに入れて持ち歩くということです。これも、実践している人は多いはずです。私はタンブラーを持ち歩くようになってからは、コンビニでの買い食いを断捨離することに成功しました。

コンビニで飲み物を購入する時は、だいたいお菓子など本来必要ではないものも購入してしまいがちです。しかし、自分で水筒やタンブラーを持ち歩くようにすれば、水分を求めてコンビニに立ち寄ることも少なくなります。コンビニに立ち寄らないのであれば、その分の無駄遣いもへるのです。

このようにして、私は目に見える断捨離に加え、目に見えない断捨離を行うことで、月に1~2万円の節約に成功しました。

少額をバカにすると、少額の積み重ねに泣く

「チリも積もれば山となる」という言葉がありますが、節約や貯蓄にはまさにこの言葉が当てはまります。

例えば、外出する際に持参する飲み物を、「水筒に自宅で作った麦茶を持っていく」のと、「自動販売機で120円を出してペットボトルのお茶を買う」のとでは、これだけで

120円の、出費しなくても良い出費を生み出してしまいます。たった1回だと120円しか違いませんが、これを10回繰り返すだけで、1,200円も損失してしまいます。

夕食づくりが面倒くさいからと言って、家族4人分のお惣菜をスーパーで買うと、結局1,000円近くかかったりします。これを、1個50円のコロッケを4つだけ買って帰り、

あとは自宅にある野菜で簡単なサラダを作ることにすれば、出費は200円だけで済みます。

「ちょっと面倒くさいから」というのを、「ほんのひと手間だけ頑張ろう」に変えるだけで、同じお金を貯蓄に回すことが出来るのです。

日頃、激安スーパーまで足を運ぶ人と、ちょっとした買い物だからとコンビニで済ませる人とでは、同じものを買うだけでもお金を無駄に損失しまっているのです。そのことに気付かない人は、「ちょっとした額だから貯蓄には影響ない」と安易に考えがちです。そして、「食費に〇〇円もかかってしまう」と嘆いているのです。

ほんのちょっとした意識の持ち方が、お金の使い方に大きな影響を与えます。

おまとめローンのメリットを検証する

おまとめローンのメリットは主に二つあります。一つは借金の管理を簡素化できること、もう一つは金利が下がる可能性があることです。よく言われている月額の返済額が減るというメリットは、逆に総返済額を増やす可能性があるということを覚えておきましょう。

おまとめローンのメリットの一つである借金の管理を簡素化できることは文句なくメリットと考えられます。おまとめローンを利用する人は多重債務者ですから、それぞれの金融機関での金利や返済日に借り入れ額などが違っており管理だけで結構大変であることは間違いありません。

もう一つのメリットの金利は、ほとんどの場合金利は下がりますが、劇的な金利変化がある場合はほとんどありません。おまとめローンを利用する場合でも返済シュミレーションはしっかりしておきましょう。

借り換えタイミングは金利が低くなる時

キャッシングでお金を借りている場合金利が10%以上というのが当たり前ですがその10%という中にも15であるのか13であるのかという違いがあったりするわけです。借り換えのタイミングというのは当然ながら金利が安くなるというのであればそれがまさに借り換えタイミングと言えるでしょう。

随時返済によって今借りているところを返して新しい所から借りるということはかなり頻繁に行われていることですし、そのために手数料がかかるということもほとんどないです。

あとどのぐらい残金があるのかということも含めて考えた方が良いのですが金利が安くなるのであれば基本的に切り替えることを検討するのは決して悪いことではないです。少なからず自分が得をするのですから問題はないでしょう。

封筒やりくり

私はこのやり方をやるまで、うまくやりくりできず、お金がなくなるたびにお金をおろしてくるという生活でした。支出も全く把握できておらず、欲しいものを買う、お金がなくなったら、銀行へ…この繰り返しだったのです。子供が入学するタイミングで、このままではダメだと思い、このやり方に至りました。

私がやっている節約方は、1週間の生活費を封筒で振り分けする方法です。うちは4人家族、主人と2人の小学生の息子です。1週間のやりくりを1万円と決めて封筒に入れます。1?4週目は1万円です。この4週間は週終わりにリセットし、残金は元の封筒に戻します。5週目にあたる数日分は、この4週間分の残金を使います。これで1ヶ月4万円でやりくりをしています。

初めから1万円でやるとストレスになるので、スタートは1万5千円で、慣れてきたり、残金が多くなってきて、もっと少なくても大丈夫かも!と思い、現在の1万円になりました。このやり方で5年ほどやっていますが、ノンストレスで続けることができています。

2人の息子は食べる量もどんどん増えて、今の金額じゃ厳しくなる時もやってくるとおもいますが、封筒やりくりのやり方は変えずに、様子を見て調整しながら、続けていきたいと思っています。

お金が急に必要なら即日融資可能なキャッシングでお金を借りよう

ある日突然急にお金が必要になってしまい、財布はもちろんのこと銀行にもお金が入っていないということになると困りますよね。そういった時におすすめなのが即日融資可能なキャッシングです。キャッシングに申し込みをしてから審査そして融資まで即日でしてくれる消費者金融が多く、即日融資ならば急な出費にも対応することができます。

申し込みもネットのみで完結させることが可能で、本人確認書類さえ用意すれば手軽に融資をしてもらうことも可能となります。申し込みから融資まで誰とも会わずに、パソコンが無くてもスマホのみでも申し込みが可能なのでとても便利です。

急な出費でお金が足りなくなり、知り合いや家族など誰にも借りることができなくて困った時には、キャッシングを利用することがおすすめです。

大学生でもキャッシングを受ける事は可能なの?

大学生の方で急にお金が必要となり、お金を工面するのに大変な思いをしたと言う方はいらっしゃらないでしょうか?その際には様々な方法や手立てがあったと思いますが、実は大学生でもキャッシングを受けることが可能です。

大学生と言うことで収入はほとんどないと思いますが、ある程度の収入があり、キャッシングを受けた際の返済能力があるとみなされた場合には、消費者金融や銀行によって一定の金額を借り入れることが可能です。またそのような大学生に対し、優遇されたプランや返済方法がある場合もあります。もしそのようなところでキャッシングを行いたいと言う方はインターネットなどから検索を行い、実際にキャッシングをしてみると良いでしょう。

キャッシングは年齢も影響する?

誰もが手軽に申し込むことができる消費者金融や銀行カードローンですが、年齢によって審査や利用に影響が出てくるケースもあります。

キャッシングは基本的に返済の見込みがある方でなければ利用することはできないため、高齢の方になればなるほど審査や借入の限度額などが制限されることもあるのです。

正社員としてバリバリ働いている時期であれば収入に応じて限度額を増やしていくことが可能ですが、定年退職後に別の仕事を始めたとしても収入が減少するケースも多く、そこからさらに収入を上げていくことが難しいと予想されてしまうため、収入に応じて借入できる金額も少なくなってしまいます。

またキャッシングは未成年が利用することはできないので、若過ぎる場合は申し込み自体を行なうことができません。

アルバイトでのキャッシング審査

私は、長年勤めた会社を首になり、現在はアルバイトで生計を立てています。やはり、以前より給料がかなり低いので、足りない分を補うためにキャッシングをすることにしました。

キャッシング事態、サラリーマン時代に何度かの経験はあるのですが、正社員でのキャッシングでアルバイトの身でのキャッシングは初めてでした。とりあえず、銀行系のカードローンに審査を申し込んでみました。サラリーマン時代はすぐに審査に通り100万円の限度額がありました。

今回はアルバイトのため、限度額は愚か審査に通るかも心配でした。でも、案外審査はあっさりと通ってしまいました。しかし、限度額は20万円程でした。アルバイトではこれが限界なのでしょうか。

利息を比較してみた!キャッシング業者とクレジットカードだとまさかの結果

気軽に使ってしまいがちなクレジットカードのキャッシング。しかし、キャッシングをするならばキャッシング業者のカードを作るべきです。「キャッシングは利息が高い」というイメージから敬遠している方も多いでしょうが、利息を実際に計算し比較してみると驚きの結果になりましたのでお知らせします。

例えば10万円をキャッシングして、月々2万円を払い5ヶ月間で完済するものとします。どちらも金利は一般的なキャッシングの際の年率18.0%とすると、合計の利息はクレカですと4,762円ですが、キャッシング業者の場合はなんと3,137円と大幅に安くなります。その秘密は「無利息期間」。

大手のキャッシング業者は初めての方を対象に30日間の無利息キャンペーンを行っており、その結果クレジットカードキャッシングよりも大幅にお得な金利で借入が出来るのです。もうクレカはショッピングのみにして、キャッシングするならば迷わずキャッシング業者に申込みしましょう。

アルバイトがキャッシングをする時は信用情報にも注意しよう!

消費者金融は安定した収入を得ていて返済能力がある状態であればアルバイトでも利用する事が出来ます。アルバイトが一人暮らしをしていると金欠の状態になる事もあるので消費者金融でキャッシングをする事もよくあります。しかし信用情報に問題があると利用する事が出来ない場合もあるので注意が必要です。

信用情報には主に過去の金融取引の履歴が残っています。クレジットカードやスマホ料金が一度でも滞納していると悪い履歴が残ってしまうので消費者金融側で信用情報を確認した時にバレてしまいます。信用情報に問題があると安定した収入を得ていても返済能力がないと判断されてしまう事が多いです。

アルバイトが消費者金融でキャッシングをする時はクレジットカードやスマホ料金の滞納をしないように注意しましょう。

キャッシングの利息に対して不安があるのなら

キャッシングでお金を借りたいけれど、支払う利息に対して不安を感じる人もいるでしょう。銀行や消費者金融であれば、法で定められた範囲内の金利となるため、安心して利用をすることができるようになっていますが、完済までの期間が長くなれば支払う利息が増える原因となります。そのため、利息に対して不安を感じるのであれば、まずは短期間での完済を目指すことがおすすめです。

キャッシングの返済方法として主流になっているのが、リボ払いです。月々の返済が少なくて済むというメリットがありますが、その分完済までの期間が長くなります。

そのため、少しでも利息を少なくしたいのであれば、余裕があるタイミングで繰り上げ返済や一括返済を活用し、借入期間を短くする努力をしてみると良いでしょう。

消費者金融の金利の設定のどのように決まるの?

消費者金融は下限金利~上限金利といった表記をされているので実際に適用される金利がどうなるのか分からない人も少なくないでしょう。そこで消費者金融の金利の設定はどのように決められるのか紹介していくので参考にしてみましょう。

消費者金融にキャッシングの申し込みをして審査が可決されると契約手続きに入ります。その時に限度額が提示されますが、大きくなるほど金利が低く設定されます。

そのため多額の借り入れをする場合は下限金利に近い設定、少額の借り入れをする時は上限金利に近い設定になります。また初めて利用する人は実績がないので業者側からの信頼度もあまり高いとは言えません。そのため初回利用時は上限金利が適用されるのでしっかり覚えておきましょう。

キャッシングの本人確認はネットで楽々完了できる

キャッシングをする際に本人確認は書類を送付したり、何度も電話がかかってきたりと時間がかかってしまうと思っている人も多いです。しかし実際はインターネット上のサイトで申し込みをすると、必要書類さえ手元にあればそれをスマホ等で写真をとりアップロードをするだけで本人確認の書類が提出できます。

スマホからの申し込みだとスマホで写真を撮り、そのまま申し込みが完了できるのでとっても簡単なのです。そして申し込みから審査そして融資まで即日完了するケースが多く、審査で問題がなければキャッシングはとてもスピーディーにすることができます。

このように本人確認はネットで楽々完了することができ、その結果誰とも話すことなく簡単にキャッシングを利用することができるのです。

転勤や転職そして引越で契約解除になるカードローンも!

カードローンを契約中、転勤や転職そして引越により勤務先や居住地が変わった場合、契約先に未報告でいると新規借り入れの停止もしくは契約解除というリスクがあります。しかし、消費者金融や銀行の多くは変更届を行うことで問題を解消することができます。

ですが、契約者側に何の問題が無い場合でも、転職や転勤そして引越により契約解除になってしまうことがあります。地方銀行・労働金庫・信用金庫・信用組合などが取り扱うカードローンには、勤務先や居住地が営業栄リア内といった条件を設けていることは少なくはありません。

結果、転職や引越は営業エリアから外れてしまう可能性があるものの、転勤により本社から地方の支社や営業所に移動となった場合にはより注意が必要です。会社自体は変わらないものの、転勤の場合は勤務地と居住地も変わってしまうため、カードローンを申し込んでいる方は変更が生じた際にはしっかりと確認することが重要です。

変更届を提出せず、発覚した場合は強制的な利用停止や解約といったよりマイナス情報を残してしまいます。

丁寧な対応をしてくれるカードローンは安心

基本的にカードローンを実施している銀行や消費者金融では、丁寧な対応をしてくれるケースがほとんどです。しかしカードローンの実施している銀行や消費者金融によっては、威圧的な態度を取る場合もあるので、注意しなくてはいけません。

特に遅延や滞納をした時、威圧的な態度を取られてしまうと精神的な苦痛が発生してしまいます。そのような状況を回避するため、丁寧な対応をしてくれる銀行や消費者金融を選択しなくてはいけません。遅延や滞納をした時も親身になって、話を聞いてくれて、色々とアドバイスをしてくれる銀行や消費者金融もあります。

また女性は女性専用のカードローンを選択することで、丁寧な対応をしてくれる女性が応じてくれるので、安心して利用できるようになります。

クレジットカードのキャッシング枠を正しく理解していますか?

今やキャッシングは、4人に1人が利用していると言われていることがあります。クレジットカードにもキャッシング枠を契約しているといったことも少なくはありません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠について正しく理解していないことも多く、注意しなければ大きな問題に繋がります。

そもそも、クレジットカードのキャッシング枠がショッピング枠と別物と考えているケースがあります。ですが、実際にはショッピング枠とキャッシング枠は利用限度を共有しており、例としてショッピング枠70万円とキャッシング枠枠が30万円という場合、トータル100万円という訳ではありません。

実際には、ショッピング枠のうち30万円分がキャッシングに割り当て可能ということであり、限度まで利用するとショッピングには40万円しか使えません。一方、ショッピングに60万円を利用しているとキャッシングは10万円となります。特に新社会人の方やキャッシングが初めてという方はしっかりとシステムを理解することが重要です。

短期アルバイトでもキャッシングは可能?

アルバイトであってもキャッシングを行なうことは可能なのでしょうか。

消費者金融や銀行カードローンでは申し込みの際に職業や雇用形態による基準は設けられていないため、収入があればキャッシングに申し込むことが可能です。

そのためアルバイトであってもキャッシングを行なうことは決して不可能ではありません。

ただし短期アルバイトの場合は少し事情が変わり、金融機関側が基準としている「安定した収入がある方」とはみなされない場合もあります。

とくに短期アルバイトの場合は、融資の前に必ず行われる在籍確認において確認がとれないケースもあり、申し込んだ人間が短期アルバイトの雇用期間終了後すぐに次のアルバイトを始めるという保証もないため、審査が通らない可能性が高くなってしまうのです。

キャッシングの返済は融資以上に重要

キャッシングを利用する時、多くの人が融資に注目してしまい、返済を疎かにしてしまうケースが少なくありません。キャッシングの返済は、融資以上に重要な部分なので、お金を借りた以上、少しずつ返していかないといけないです。キャッシングを地道に返済することで、少しずつ返済実績を積み重ねることができます。

そしてお金を融資してくれた消費者金融から信頼を得られるようになるので、増額申請を通過しやすくなります。特に臨時返済を活用することができている方は、高い返済力を持っている人物としてアピールできるので重要なポイントです。万が一返済が滞ってしまうと遅延損害金と呼ばれる利息が発生してしまい、通常よりも高い利息支払わなくてはいけなくなるので要注意です。

多くの地域に存在している自動契約機のキャッシング申込

すでにたくさんの人がキャッシングの申込をする為に自動契約機を利用しています。自動契約機は、他の方に顔を合わせる心配がないので、安心して申込をすることができるようになっています。集中してキャッシングの申込を実施できるようになっており、手続きを実施できるように環境が整えられているのが特徴になります。

自動契約機でキャッシングの申込をしたからといって、審査が急激に厳しくなるということは一切ありません。他の申込方法と同様に審査を実施していき、問題なければ、無事に申込を完了させる事ができます。何か分からないことがある時は、自動契約機を通じてスタッフとコミュニケーションを取れるようになっており、色々と質問できるようになっています。

キャッシングの審査における本人確認の重要性

消費者金融会社からお金を借りるには、個人向けの融資サービスとしてキャッシングが用意されています。このキャッシングを利用するには、申込みをして審査を通過しなければいけません。

審査では身元確認や返済能力の有無を重点的にチェックされますので、本人確認書類を用意しておきます。本人確認書類としては健康保険証やパスポートや免許証などが有効であり、これらを契約機や公式サイトのWebフォームなどから画像データにして審査センターに送る事になります。

消費者金融会社は、返済出来る者に融資を行いたいと考えていますので、審査では申込んだのが本人である事や返済能力が十分にあるかを確かめる形になっています。その為、申込みを行なった者は身元を示す為に本人確認書類を事前に用意しておく事が必要です。

カードローンは賢く使いましょう

今では買い物やレストランなどの会計をカードで支払うのは当たり前になりましたが、銀行系のカードでもクレジット機能のついた物は便利でわたしもよく利用していますが、これが消費者金融と聞くとなにか怖い感じがしてしまうのは、わたしがバブル期のサラ金問題をまだ覚えているからでしょうか。

普段、何気なく利用しているカードローンですが考えてみれば商品を購入するために借入れをしているわけですから、その使い方には注意しなければなりません。

消費者金融と言っても以前の悪徳高利貸しと言うイメージは現在ではあまり感じられませんが、それでもお金を借り入れるわけですから安易なカードローンの利用には気をつけなければならないと思うのです。

それでも旅行に出かけた先での支払いなどには、主に現金ではなくカードでの支払いが便利ですし、なかには利用金額に応じたポイントがついたり、限定サービスを受けられたりする事も多いので、現金とカードは使い分けていくとちょっと得をした気になります。

それに現金での支払いよりも記録の残るカード払いのほうが、後で計算したり家計簿をつける手間が省けたりという便利さもあるのです。

そして自分の支払い能力をよく考えた上で上手に使えばさらに賢い買い物ができると思います。

キャッシングは学生でもできます

学生でも20歳以上ならキャッシングすることは可能です。特に一人暮らしをしている学生ならお金がどうしても足りなくなってしまってピンチということは比較的よくあることだと思います。そんな時に使えるキャッシング枠をゲットしておくと緊急時にはとても役立つでしょう。

学生でもキャッシングの審査に通過できる消費者金融は意外と多く存在しています。ただし銀行系のキャッシングの場合には消費者金融よりも、学生の審査通過は厳しいという現実もありますから、確実に審査に通過したいのであれば消費者金融のキャッシングに申し込むのが一番でしょう。学生でもアルバイトを長く続けている場合は、意外とすんなりとキャッシング審査に通過することができるのであまり心配しなくても良いでしょう。

キャッシングと利息の計算

キャッシングをするなら忘れてはいけないのが利息計算です。

つまり、自分がいくら借りていつまでに何回で返すと利息がいくらになるのかを把握しなくてはならないということです。

ただ利息の低いキャッシングを求めて申し込みするのではなく、それぞれのキャッシングの上限金利なら自分が最終的にいくら利息を支払う事となるのか計算をするのです。

すると、利息だけでそんなに支払わなくてはならないのかと自覚が出ます。

自覚すれば、利息を減らす為になるべく繰り上げ返済をしようと心がけるでしょう。

毎月、元金の返済プラス利息の支払いをしていくことになるので、月々の返済額をアップすればその分元金は早く減らしていけます。

早く減らせば完済も早まる為、利息を支払うのも終わりが早まるのです。

キャッシング審査に通って喜んでいないで、まずは自分の支払う予定の利息計算をしましょうね。

キャッシングの借り換えタイミングとは

消費者金融や銀行からお金を借りるというのは、最初はドキドキすると思います。

しかし、審査に通ると案外アッサリとお金は借りられてしまうので、気付いたらあちこちでお金を借りてしまっていたり思った以上に借りてしまったりする場合もあります。

そうなると、現在の自分の収入では返済していくのが難しかったりあちこちに返済をする面倒をなんとかしたいという場合があります。

そんな時が借り換えのタイミングです。

例えばあちこちでの借金を一本化する事で月々の返済を楽で分かりやすくしたり、金利の低い所で借り換えることで返済を楽にするという利点の為です。

金利の低いところへ借り換えすれば返済総額は抑えられますので思いついた時が借り換えのタイミングですね。

しかし、ここで注意したいのは毎月の返済額をあまり少なくしていると金利の低いところで借り換えしても結局は返済総額が減らない事があるということです。

毎月の返済額が少ないのは長く返していかないとならないという事なのだと理解しましょう。

キャッシングの申し込み時に必要になる書類について

比較的容易にお金を借りられる消費者金融のキャッシングですが、その申し込み時には本人確認が行われます。この本人確認についてはパスポートや運転免許証などを提示することでキャッシングへの申し込みをした人物が本人であるかの確認が行われるようになってします。

そのため、初めて消費者金融のキャッシングに申し込みをする際には本人を確認できる書類の用意を忘れないようにしましょう。また、50万円以上の借り入れを希望する場合には本人を確認できる書類のほかに収入を証明できる書類の準備も必要になってきます。もしも、収入を証明できる書類の提出ができないと、50万円以上の金額の借り入れができなくなってしまうので注意が必要です。